シミ、そばかす、肝斑に効く食べ物やポイントは?

夏のダメージ・・・早急にケアしたいですよね。シミ、そばかす、肝斑に効く食べ物やポイントは?

  • kei 更新日:2014/09/04

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シミ、そばかす肝斑の違いって?

  • そもそも、シミ、そばかす、肝斑の違いは?

  •  

    見た目にあまり違いがわからないシミとそばかす、肝斑。どうちがうのでしょうか?

  • シミとソバカスは見た目はほとんど同じですから、どちらがどうで、何が違うのか、わからない人の方が多いのではないでしょうか。原因や生成サイクルなどはほとんど同じだということですが、シミとソバカスは全く別物です。
    出典 :シミとソバカスの違いは? | ソバカス対策ガイド
     

    別物なんですね・・・

  • シミの方は、30代を過ぎた女性によく表れるのですが、メラニン色素が増えた状態がシミです。ほほや額、眼の周りに左右対称にして出来るのが特徴です。
    出典 :シミとソバカスの違いは? | ソバカス対策ガイド
     

    肝斑もシミの一種になるそうです。ただし、肝斑と普通のシミとでは治療方法が異なるそうです。

  • 女性に多く、妊娠時に濃くなることや、経口避妊薬によって引き起こされることがあることなどから、女性ホルモン、とくに卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されています。
    出典 :肝斑| 皮膚の病気 - Yahoo!ヘルスケア
     

    肝斑ができる理由だそうです。

  • ソバカスは、5~6歳くらいの幼少期から、思春期までの間に発生することが多いです。特に目の周りや頬に出来やすく、一つの大きさはコメ粒くらいです。色素班が出来ています。
    出典 :シミとソバカスの違いは? | ソバカス対策ガイド
     

    そばかすは遺伝とも言われていますよね。

  • シミ、そばかす、肝斑に効く食べ物

  • そんなシミ、そばかす、肝斑に効く食べ物ってどんなものがあるのでしょうか?それぞれちがうのでしょうか?

  • シミやそばかすの正体であるメラニン色素は、基底層内メラノサイトにあるチロシナーゼ酵素が活性化することで生成されます。そのチロシナーゼ酵素は活性酸素によって働きが活発になるので、抗酸化食品を摂取して活性酸素による影響を抑制すればメラニンの生成を減少させて美白効果が高まると考えられます。
    出典 :美白効果がある抗酸化食品一覧「シミ・肝斑・肌老化」に効く食べ物
     

    メラニンの生成を減少させることは、どれにも共通していることなのでしょうか?

  • たんぱく質やビタミン、脂質、糖質、ミネラルなどをバランスよく摂取することが大切です。とくにストレスを感じているときや日焼け後などは活性酸素が大量に発生するので、抗酸化成分を積極的に摂るようにしましょう。
    出典 :美白に効果的な食べ物とは? | スキンケア大学
     

    健康な肌作りに欠かせない栄養素ですね!!

  •  

    抗酸化成分がある食べ物に、ぶどうや赤ワインがあげられます

  • 「アントシアニン」「プロアントシアニジン」「レスベラトロール」などのポリフェノールが豊富に含まれます。このうち、プロアントシアニジンは、高い抗酸化作用と毛細血管の血行を促進する働きがあり、抗酸化作用においてはビタミンCの約20倍、ビタミンEの約50倍もの抗酸化能力があるといわれています。
    出典 :美白効果がある抗酸化食品一覧「シミ・肝斑・肌老化」に効く食べ物
     

    ぶどうにはたくさんの美肌成分が入っているんですね。

  •  

    バナナも美肌効果成分が豊富なようです!

  • バナナには、ベータカロテン、各種ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどを豊富に含みます。バナナはあらゆる食品の中でも抗酸化力が高い部類に入り、活性酸素を無毒化して血管や細胞の酸化を予防します。特にバナナの白い筋に強い抗酸化パワーを秘めています。
    出典 :美白効果がある抗酸化食品一覧「シミ・肝斑・肌老化」に効く食べ物
     

    白い筋に美肌成分が含まれているんですね!