ヨーグルトダイエットを成功させる、いくつかのポイント

芸能人がテレビでヨーグルトダイエットを紹介してから、話題になりました。成功させるにはいくつかのポイントを抑えることが重要です。

view132

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ヨーグルトは無糖を選ぶのが基本!!

  • 無糖ヨーグルトの一例

     

    食べるヨーグルト無糖480ml

  • 無糖ヨーグルトは様々なメーカーから販売されています。味もメーカーにより様々です。いろいろ試してみて自分の食べやすいヨーグルトを見つけて、長く続けるのがヨーグルトダイエット成功の秘訣です。

  • 温めて食べよう

  • ヨーグルトを温めると、カルシウムなどの有効成分の吸収が促進されます。また、冷たいままだと内蔵が冷やされてしまい、胃腸の機能が低下してしまって、有効成分の吸収率も下がってしまいます。

    温めた場合も、はちみつを入れたり工夫するとおいしく食べられます。

  • はちみつヨーグルト

     

    ━材料━
    ヨーグルト はちみつ 水
    ━作り方━
    1. カップに材料を入れる
    2. レンジ(500W)で40秒~1分10秒(人肌ぐらいまで)温める
    3. なめらかになるまで混ぜる

  • 生姜ホットヨーグルト

     

    ━材料━
    ヨーグルト はちみつ すりおろし生姜 水
    ━作り方━
    1. カップに材料を入れる
    2. レンジ(500W)で40秒~1分10秒(人肌ぐらいまで)温める
    3. なめらかになるまで混ぜる

  • 黒ゴマホットヨーグルト

     

    ━材料━
    ヨーグルト はちみつ すり黒ゴマ ココア
    ━作り方━
    1. カップに材料を入れる
    2. レンジ(500W)で40秒~1分10秒(人肌ぐらいまで)温める
    3. 黒ゴマをふりかける

  • りんごホットヨーグルト

     

    ━材料━
    ヨーグルト りんご はちみつ シナモン
    ━作り方━
    1. りんごを角切りにし、ラップをかける
    2. レンジ(600W)で2分(ブクブクするまで)温める
    3. りんごが隠れるぐらいまでヨーグルトを加える
    4. お好みではちみつ、シナモンを加える

  • 一日の一食分をヨーグルトに…  特に朝食がおすすめ

  • 朝食べるヨーグルト

     

    ・平日の朝食をヨーグルト200gにするだけでOK
    ・ヨーグルトの「乳酸菌」で、便秘予防効果に期待できる!
    ・ヨーグルト+ウォーキングなどの軽い運動を朝の習慣に

  • 朝食代わりにホットヨーグルトを食べて、その他の食事は腹八分目で抑えるのが重要。朝食だけのヨーグルトダイエットなら、ストレスも少なく長続きできそう!

  • ヨーグルトに含まれる菌にも注目

  • さまざまなヨーグルト

  • ヨーグルトには様々な種類があり、味が異なりますが、含まれる「菌」も異なっています。菌により体への影響の仕方が異なるので、目的に合わせた菌が含まれたヨーグルトを選ぶのもポイントです。

    メタボ対策には、ガゼリ菌SP株
    抗アレルギー作用には、LGG乳酸菌やL-55乳酸菌
    美肌効果には、LB81乳酸菌

    買いやすさと美味しさに加えて、菌の効果もヨーグルトダイエットの成功を左右します。