代理出産について詳しくまとめてみた

子供が欲しくても体質や年齢や同姓婚などさまざまな理由で子供が授かれない夫婦がいます。そんな人たちを救っているのが「代理出産」です。
大きな決断のひとつの代理出産。そのことについてまとめてみました。

view43

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 海外では一般化されている「代理出産」

     

    どの時代にも、体の健康状態や体質、相性などで

    欲しくても子供に恵まれない人は多くいます。

    そんな人たちを助けることができる「代理出産」という方法。

    近代の医療が進み、「代理出産」が一般的になりつつあります。

  • 代理出産とは?

  • さまざまな理由で子供を出産することができない女性が
    別の女性が子宮を貸すような形で子供を産むことです。

    現在の日本国内では原則では実施されていないので
    海外で実施するのは基本である。

    日本でも代理出産の実施を認める方針の運動がありましたが、まだ認められていません。
    理由は妊娠・出産のリスクによるものです。

  • 代理出産 費用

  • 代理出産は国によってかかる費用が違います。

    現在では、世界の中でもインドが一番安い値段だそうです。

    費用は約1000万円はかかるそうです。

    代理出産への報酬、仲介業者への依頼費

    他にも医療費、代理母の医療保険、弁護士、カウンセラー料

    日用品代、交通費などです。

  • まとめ

  • 子供が欲しいのに、できないから諦める。

    では、なく自分たちの遺伝子の子供は代理出産で授かれます。

    高額な資金が必要となりますが、それ以上に欲しいと思っていた家族を得ることができます。

    子供が授かれない夫婦はぜひ「代理出産」という方法を

    視野に入れてみるのは、いかがでしょうか??