食物アレルギーは治る!その方法

治療方法。治りやすいものと、治りにくいもの。経口減感作療法。

  • S 更新日:2014/05/19

view164

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食物アレルギーの治療方法。

  • 原因となる食べ物を食べないようにするのが最も良い方法です。しかし、小麦や卵など多くの食品に含まれているものでは完全に除去するのは難しい場合があり、非吸収性の抗アレルギー薬(クロモグリク酸など)を食前に服用して症状が出るのを防ぎます。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    治療の方法について。以下に続きます。

  • 症状が出た時は、対症療法として抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を内服し、湿疹の悪化にはステロイド外用薬を塗ります。
    出典 :食物アレルギー| アレルギー疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    治療の方法について。上記の続きです。

  • 薬での治療

  • アナフィラキシーショックを起こした場合はアナフィラキシーショックの治療を行う。魚介類、ナッツ、ピーナッツ、ソバは重篤なアナフィラキシーを起こすことが多いことが知られている。また喘息の既往がある患者も重篤なアナフィラキシーを起こす可能性が高いといわれている。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    治療について。以下に続きます。

  • 治療は原因食物の除去が原則であるが、食物アレルギーの患者は小児に多く、厳しい除去食は栄養に悪影響を及ぼす恐れがある。原因が特定できなければアレルギー専門医の受診が望ましい。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    治療について。以下に続きます。

  • 近年ではアレルギー反応を起こさない量の原因食物を摂取することによって体を慣れさせる、アレルゲン免疫療法(減感作療法)も専用機関(病院など)で行われている。
    出典 :食物アレルギー - Wikipedia
     

    治療について。上記の続きです。

  •  

    アレルゲンや、そのほかとの関係図。

  • 治りやすいものと、治りにくいものがあります。

  • ↓治りやすいものについて。↓

  • 乳幼児期にみられる食物アレルギーで最も原因となりやすいのが鶏卵、乳製品、小麦です。これらの食物アレルギーの場合は成長とともに治りやすく、3歳ぐらいには約50%、6歳ぐらいになると約80%のお子さんが食べられるようになるといわれています。
    出典 :食物アレルギーはずっと続くの?|アレルギーi
     

    治りやすいものについて。以下に続きます。

  • しかし、食べられるようになったかどうかは食べてみないとわかりません。このため、定期的(6~12ヵ月ごと)に特異的IgE抗体検査を行い、その結果を参考に食物負荷試験を実施して食べられるようになったかどうかを判断していきます。
    出典 :食物アレルギーはずっと続くの?|アレルギーi
     

    治りやすいものについて。上記の続きです。

  • ↓治りにくいものについて。↓

  • 学童期から成人期になって初めてあらわれる食物アレルギーの場合は治りにくく、長く続くことも少なくありません。このような食物アレルギーの主な原因食物は、甲殻類、果物類、魚類、そば、ピーナッツなどです。
    出典 :食物アレルギーはずっと続くの?|アレルギーi
     

    治りにくいものについて。

  • 「経口減感作療法」

  • これまで、食物アレルギーに根本的な治療方法はなく、必要最小限の食物除去を行いながら定期的に血液検査を行い、時期がきたら負荷試験を行って食べられるようになったかを確認していました。しかし最近、経口減感作療法が世界的に行われるようになり、その効果が確認され始めています。
    出典 :どんな治療方法があるの?|アレルギーi
     

    経口減感作療法について。以下に続きます。

  • 食物アレルギーが治らなかった患者さんや、より早く治るための治療方法がいま世界中で研究されています。しかし、現時点ではまだ研究段階にあり、単に“食べれば治る”という簡単なものではありません。うまく減感作されなかったり、治療中に強いアナフィラキシー症状が出ることもまれではありません。
    出典 :どんな治療方法があるの?|アレルギーi
     

    経口減感作療法について。以下に続きます。

  • 経口減感作療法は、食物アレルギーの専門性の高い医療機関や医師のもとで慎重に行われるべきなので、安易な気持ちで行うことは絶対に勧められません。
    出典 :どんな治療方法があるの?|アレルギーi