子宮からの出血について

女性は知っておくべき、子宮からの出血の原因について調べました。

  • ssay 更新日:2014/04/09

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どの出血が「不正出血」なのか

  • 婦人科受診の理由で、「月経不順」「おりもの異常」と並んで多い「不正出血」。本来の月経周期以外の時期に出血があった場合、全て「不正出血」になります
    出典 :不正出血の原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • いずれも、病気のサインである可能性があるので、月経期以外に出血があったら要注意。
    出典 :不正出血の原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • 不正出血は一般的にあるものなのか

  • 月経以外の時に出血すると病気かも?と心配になってしまいますよね。でも、女性の体はデリケート。不正出血は誰でも経験しているはずです。でも、生理痛がひどくなったり、貧血になるほどの不正出血があったら、原因を突きとめてください
    出典 :不正出血について
  • 不正出血の悪性のものには、子宮がん、子宮肉腫などの病気が隠れていることがあります。

  • 不正出血の原因は?

  • 考えられる原因は大きくわけて2つ。ひとつは、子宮ガンや子宮筋腫、子宮内膜炎、膣炎など、子宮や膣などの病気によって起こる出血で、これを器質性出血といいます。
    出典 :不正出血 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • もうひとつは、ホルモンバランスがくずれたために起こる出血で、これを機能性出血といいます。
    出典 :不正出血 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • その他の原因

  • 妊娠や全身の病気が原因の場合も。
    妊娠すると、初期に少量の出血が起こることがあります。今月の月経は量が少なめと思っていたら、妊娠していたということも。
    出典 :不正出血 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
  • また、数は少ないのですが、甲状腺ホルモン異常の病気などが関係して不正出血が起こる事もあるといいます。

  • 生理と不正出血の見分け方とは

  • 不正出血を見極めるには、基礎体温をつけるのがおすすめ。婦人体温計で基礎体温を測ることで、低温期、高温期、排卵期を知ることができ、ホルモンバランスの異常が起こっていないか知る目安になるのです。
    出典 :軽視してはダメ!65%の女性が経験してる「不正出血」の原因と対策
  • ルナルナをはじめ、基礎体温を管理でき、生理日の予測をしてくれるスマートフォンアプリがたくさんあります。ぜひ活用してみましょう。

  • 治療方法は?

  • 器質的異常がある場合はそれぞれの原因に応じた病変部の治癒を図り、ホルモンの変調による場合は月経異常に準じた治療を行う。当座の止血には、止血剤や中用量ピルなどのホルモン剤が処方される。
    出典 :不正出血 - Wikipedia
  •  

    子宮からの出血の原因はさまざま。
    自己判断はとても危険なので、不正出血があった場合は、早めに婦人科に行きましょう。