風邪などの拡大・予防に「うがい」が推進されていますが、果たして【うがい効果】はあるのでしょうか。。

【うがい効果】は大してないよ!という意見もあります。
インフルエンザ対策として、外出先から帰宅したら「手洗い」「うがい」をしっかりとするようにと、一般的に云われています。
それが「手洗い」は有効だが、「うがい」は効果があるという根拠に乏しいという意見があるのです。
実際にはどうなのでしょうか。

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「風邪」や「インフルエンザ」はなぜ伝染するの?

  • インフルエンザ患者のせきやくしゃみなどとともにインフルエンザウイルスが小さな飛沫(しぶき)となって空気中に飛び散り、これを周りの人が吸い込むことや、インフルエンザウイルスがついた手で、目や口を触ることで感染します。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|インフルエンザ
     

    インフルエンザウイルスにも感染力の強い時期や、弱くなる時期があるのです。
    ウイルスが若くて元気な時(発病後3~7日間程度)に感染力が強いという事なのです。

  • 皆さんが「風邪」と呼んでいる病気は「普通感冒」ともいい、「上気道(鼻やのど、気管など)の粘膜に起こる急性の炎症」のことで「風邪症候群」といわれます。
    出典 :インフルエンザ | 風邪のウイルスって何?: 病気・症状- セルフドクターネット
  • 風邪の原因の約90パーセントがウイルスの感染で、「アデノウイルス」、「ライノウイルス」、「パラインフルエンザウイルス」など、その数は200種類以上あるといわれます。ウイルス以外の原因としては、細菌やその他の病原菌の感染、そして温度や湿気などが挙げられます。
    出典 :インフルエンザ | 風邪のウイルスって何?: 病気・症状- セルフドクターネット
  • 「風邪」、「インフルエンザ」予防に【うがい】は有効なの?

  •  

    ちっちゃい時から「うがい」の習慣をつけておくことは良い事!

  • 「風邪」、「インフルエンザ」のウイルスの感染経路は、接触感染や飛沫感染などです。
    手を殺菌効果のある石鹸で洗えばウイルスを殺すことはできます。
    しかし、【うがい】でウイルスを殺してしまう事は不可能と思われます。
    となると、【うがい】の効果はあるのでしょうか?

  • インフルエンザウイルスは、気道に付着すると20分ほどで細胞の中に取り込まれ、増殖をしていきます。つまり、インフルエンザをうがいで防ごうとすると、20分ごとにうがいをするという非現実的な予防法になってしまうのです。
    出典 :今年も到来!インフルエンザ流行のピークを乗り切るには? | Ladypop 店長のブログ
     

    風邪予防にはうがい効果があるようです

  • 紅茶による1日2回のうがいによって、インフルエンザの罹患率が低下したと専門誌に報告されています。
    紅茶の予防効果は、その成分(カテキン)がウイルス粒子のスパイクへに付着して、細胞への吸着を阻止するためとされています。
    出典 :うがい|インフルエンザ|感染と予防Web|サラヤ株式会社 企業法人向け
     

    細胞の中に入ってしまったウイルスには効果はないよ。

  • ウイルス感染防止以外にあるよ、「うがい」の役目

  •  

    「うがい」が繊毛運動をより効果的にしています。

  • 咽喉は気道の入口に近いため空気と共に入ってきた異物が付きやすく、口腔由来の汚れも付着します。また、線毛運動で肺や気道から送られてきた異物の終点でもあります。この異物を洗い流し、線毛運動をサポートすることがうがいの目的の一つです。また、うがい薬はのどの洗浄と殺菌が役目です。
    出典 :線毛運動を大切に考えたうがい薬|トピックス|ライオン株式会社
  • 口の中の唾液などの分泌液には殺菌成分が含まれて、口は空気中の細菌やウイルスなどに対する防御機能として働いています。口を刺激すると、粘液の分泌や血行が盛んになり、防御機能が働きやすくなります。逆に喉が潤っていないと、気道粘膜の防御機能が低下して細菌やウイルスが付着しやすくなります。
    出典 :超意外…「うがい」はインフルエンザ予防に効果がないって本当? - ダイエット & ヘルスケアコラム - MSNライフスタイル
     

    うがいで口を刺激する事で粘液の分泌や血行が促進されます。
    「うがい」をする事で殺菌にはならないけど、細菌を取り除くことはできのです。

  • タンではなくて。この粘膜表面の潤いが喉が本来もってる作用(粘膜上で細菌や異物をやっつける)に非常に重要なのです。潤ってる中にそういうやっつけるような成分が入っていて、その潤いが乾燥した所で少なくなるので外から潤いを補助するためにうがいするのです。
    出典 :咽喉頭炎とうがい
     

    「うがい」の役目はとっても重要。
    インフルエンザに対して効果が無いからといって、「うがい」を軽んじてはダメですね~

  • 正しい「うがい」の方法

  • お医者さんに教わった 手洗いとうがいのしかた - YouTube

  • 1、うがい液を口に含み、唇を閉じて頬の筋肉を動かし、「グチュグチュ」と行い、吐き出します。
    2、もう一度うがい液を口に含み、上を向いて、「オ~」と発声してうがいをします。(声が震えはじめると、口蓋垂の奥へ届いている証拠です
    3、冷たいうがい液が口中で温かく感じてきたら、吐き出してください
    出典 :うがい|インフルエンザ|感染と予防Web|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • 「うがい薬」は効果ありますか?

  • 少しのどに痛みや炎症が感じられたら、うがい薬の活用が効果的です。予防にも効果的ですが、日常からうがい薬を使用してうがいをする必要はないという説もあります。
    出典 :のどを守る | スギ薬局グループ お客さまサイト
  • うがい薬の殺菌作用により、のどを悪い細菌から守る常在菌までも、殺してしまう可能性もあるためです。とはいえ、マメなうがいは埃やウィルスから身体を守るためには有効です。
    予防目的でうがいをする場合は、うがい薬を使用する必要はありません。
    出典 :のどを守る | スギ薬局グループ お客さまサイト