たんこぶの処置について。たんこぶに湿布は効果が無いって本当!?

頭をぶつけた際に、たんこぶに湿布を貼る人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはたんこぶに湿布を貼っても効果が無いと言われているのです。
効果が無いどころか、湿布の副作用も心配されています。
では、たんこぶの処置にはどのようなものが適しているのでしょうか?

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 湿布の効果

  •  

    湿布は、日常生活の中でよく使われている薬の1つです。
    どの家庭にも常備しているのではないでしょうか。
    湿布が大活躍するのは、体に痛みを感じた時ですよね。
    主に肩や腕、足、背中、腰など凝りやすい部分に使用することが多いようです。
    一口に湿布と言っても冷湿布と温湿布があります。
    それぞれどんな効果があるのでしょうか?

  • 冷やすタイプの冷湿布
    打ち身、捻挫、打撲、肉離れなど外傷を受けて、熱をもったり、痛みなど患部に急激な炎症が起きているときに使います。
    出典 :湿布薬の上手な使い方〜薬局〜| 長崎県長崎市田上 病院/救急告示病院の田上病院
     

    冷湿布の場合、外傷による炎症を鎮めたいときに使われます。
    特にスポーツをしている人は打撲などの外傷が日常茶飯事です。
    そのため、スポーツをしている人にとって冷湿布は必需品と言えるでしょう。
    冷湿布には患部を冷やす効果がありますが、より効果を高めるのであれば冷蔵庫で冷やして使いましょう。

  • 温めるタイプの温湿布
    肩こり、腰痛など局所が冷たい時や筋肉のこわばりがあるなどの慢性的な症状に使います。
    出典 :湿布薬の上手な使い方〜薬局〜| 長崎県長崎市田上 病院/救急告示病院の田上病院
     

    冷湿布が急性期に適しているのに対し、温湿布は慢性期に適しています。
    腰や肩などに慢性的な凝りがある場合には温湿布を使用しましょう。
    温湿布には患部を温めて凝りをほぐす効果があります。

  •  

    また、冷湿布、温湿布以外にも痛み止めが入っている湿布もあります。
    これは、経皮消炎鎮痛薬と呼ばれています。
    経皮消炎鎮痛薬の効果としては、薬の成分が皮膚から浸透し、患部に直接働きかけることができます。
    そのため、内服薬の痛み止めと同じような効果が得られると言われています。
    肩や腰などに強い炎症がある場合に大活躍する湿布です。

  • たんこぶに湿布は効果なし!?

  • 頭をぶつけた際には、たんこぶができます。
    たんこぶも外傷なので湿布を使って対処する人も多いのではないでしょうか。
    前述した湿布の効果を見てみると、炎症を抑える効果や痛みを鎮める効果があることが分かります。
    そのため、湿布はたんこぶにも効果があるように思えます。
    しかし、残念ながらたんこぶに湿布は効果が無いようです。
    湿布には痛み止めの効果があるのに、なぜたんこぶには効かないのでしょうか?
    この理由は、たんこぶは内出血によるものだからです。
    一般的な外傷は、患部が炎症を起こしているため湿布の効果が十分に発揮されます。
    しかし、たんこぶは内出血によってリンパ液や血液が頭蓋骨と皮膚の間に溜まっている状態です。
    このようなたんこぶの対処に必要なのは、炎症を抑えることよりも内出血を止めることなのです。
    そのため、たんこぶに湿布は適していません。

  • たんこぶには、シップではなく保冷剤や氷をあてて冷やすのが効果的です。
    出典 :子供が頭を打ったとき、病院を受診する・しないの目安を教えて! | イクシル
     

    たんこぶに湿布を貼ってはいけないなら、何が正しい対処なの?
    その答えは、冷やすことです。
    保冷剤や氷、熱さましのシート、氷嚢などを使い冷やすことによって、内出血を止めることができます。
    湿布にも患部を冷やす効果がありますが、やはり直接たんこぶを冷やすほどの効果は得られません。

  •  

    また、たんこぶに湿布が適していないと言われている理由には紫外線も関係しています。
    たんこぶは、体の中でも頭部だけにできる特徴的な症状です。
    他の部位はたんこぶになることは無く、アザになりますよね。
    頭部は特に紫外線を浴びやすい部位と言えます。
    そこに湿布を貼ってしまうと、紫外線の影響によって皮膚に異常が表れてしまうことがあるのです。
    このような湿布と紫外線による皮膚の異常を光線過敏症と言います。
    それなら外出する際には湿布を剥がせばよいのでは?と思いますよね。
    しかし、たとえ湿布を剥がしても光線過敏症になることがあります。
    一般的に湿布は剥がしてから4週間程度は紫外線に反応しやすい状態が続いているのです。
    このようなことから、紫外線を浴びやすい頭部のたんこぶに湿布を貼ることは避けましょう。