【マタママさん大丈夫?】お腹の冷えが赤ちゃんにも影響!?

【マタママさん大丈夫?】お腹の冷えが赤ちゃんにも影響!?

冷え性な女性は多いですよね。
マタママさんにも、冷え性な方は沢山いらっしゃると思います。
お腹の冷え体策、してますか?

実は、ママさんのお腹の冷え・・・
お腹の赤ちゃんにも影響があるんです!
知ってましたか?
まとめてみましたので是非♪

view2328

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠と冷え

  • 妊娠中に身体が冷えていると、お母さん自身だけでなくお腹の赤ちゃんにも悪影響があります。お母さんの感じる不調としては、お腹が張りやすい、腰が痛い、足がむくむ、足がつりやすいなどがあります。時には、切迫流産、切迫早産、逆子につながる場合もあります。また、身体が冷えていると痛みに対してとても鋭敏になってしまうので、陣痛があまりにつらかったり、有効な陣痛が続かずに時間のかかるお産になってしまう事もあります。
    出典 :妊娠中の冷え対策・風邪対策 - コンビタウン
     

    冷えがこんなことに・・・気をつけないと!

  • 妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響

  • 妊娠中は特に冷えやすい!

     

    もともと女性の中には冷え性の方が多いと思います。そんなママはもちろん、妊娠してから体に冷えを感じるようになることも多々あります。単に「冷え性気味かな?」と思って気にしないママもいるかもしれません。でも、実は妊娠中や出産時に起こりうる「ママの困りごと」は冷えが関係していることがたくさんあります。

    引用)http://ameblo.jp/masaminote/entry-11180483429.html

  • お腹の赤ちゃんへの影響は?

     

    湿疹の出やすい体質になったり、神経質で泣くことの多い子になる傾向があります。本来丈夫な赤ちゃんは、肌がアカアカとしてつやがありますが、冷え性の場合には、肌に大理石文様が出て手足の末端が白っぽかったり、紫がかっていたりします。自分が冷えているかどうか分からない時でも、お腹の赤ちゃんが重要なサインを送ってくれています。それは胎動です。お母さんのお腹が温かく居心地の良い時の赤ちゃんの胎動はゆったりとしていますが、冷えている時は激しく痛いほどにけったり、頻繁にしゃっくりをすることもあります。お風呂に入って温まっている時の胎動と冷たい物を食べたりした時の胎動と比べてみてください。

    引用)http://www.combibaby.com/c/732/

  • 「流産」の危険性も?

  • 妊娠中の冷えが及ぼす影響として最悪なものは、妊娠初期での流産です。妊娠するとホルモンのバランスが変化するため、通常よりも体温が高めになるのが普通です。そのためいつも体がポカポカしている気がするので、冷え性に気付かない妊婦が大変多いのです。しかし実はお腹や下半身が冷えていることが多く、妊娠初期の流産を引き起こす原因となることもあります。何度も流産を繰り返している、という人は、一度しっかりとした冷え性対策をしてみてください。また、体が冷えているとつわりがひどくなったり、お腹が張りやすくなったり、腰痛や便秘になりやすくなることもあります。
    出典 :体温調整機能の低下が妊娠中の冷えを招く! | 冷え性改善マニュアル
     

    ママさん自身、お腹の冷えに気づきにくいんですね~それが原因で流産に・・・注意しないと!

  • 体温調整機能が低下すると血液の流れが悪くなりますので、栄養が赤ちゃんに行き届かなくなり、胎児の成長に影響を与える場合もあるのです。切迫早産につながる可能性もありますので、自分だけでなく大切なお腹の赤ちゃんを守るためにも、妊娠中の冷えは早期に改善しておいてください。
    出典 :体温調整機能の低下が妊娠中の冷えを招く! | 冷え性改善マニュアル
     

    栄養がきちんと届かなくなる。確かにそうですよね。これも危険!要注意!

  •  

    宮が冷えていると赤ちゃんは温かい場所を探して動き回り、逆子の原因にもなります。さらに出産後も湿疹の出やすい体質、神経質で泣くことが多い子になる傾向があると、昔から助産師さんも言っています。これだけ多くの影響を与えるママと赤ちゃんに与えるので、しっかりと対策を行う「冷えとり」をぜひ行って頂きたいと思います。

    引用)http://ameblo.jp/masaminote/entry-11180483429.html

  • 逆子になったり、生まれた後も色々大変なことに・・・。

  • どうして冷え性に?体策ってどうすれば?

  • なぜ妊娠中に冷えやすくなるか?

    大きくなるお腹に合わせた姿勢の変化が原因です。妊娠中は骨盤に負担がかかり、姿勢が変わります。ちょっとお腹を突き出すような体勢ですね。これにより骨盤周辺の筋肉が緊張して硬くなるので、血行が悪くなり体が冷えてしますのです。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響 - 中川広美 [マイベストプロ富山]
     

    姿勢も大切だったんですね!

  • 妊娠中はホルモンの関係で、体温が普段より上がる傾向にあります。ほてったり、何だかポカポカする感じがします。でも、実は上半身がポカポカしても、下半身が冷えていることが多いのです。気付かないママも多いかもしれませんが、体の冷えは触ってみると分かります。足先だけでなく、ふくらはぎ、色々な場所で少しずつ温度が違います。これらの下半身の冷えは妊娠中のホルモンバランスが深く関係しているのです…特にホルモンバランスが崩れがちな妊娠中は、自律神経が乱れ体温調節が上手く出来ず、冷えがひどくなってしまうのです。手足ではなく、肩や首の冷えはホルモンバランスの崩れが原因で起こることもあります…。
    出典 :妊娠中の体の冷えが与えるママと赤ちゃんへの影響 - 中川広美 [マイベストプロ富山]
     

    ホルモンバランスも大切なんですね。

  • ■足湯

    バケツや洗面器に通常よりやや熱いお湯を入れ、自然塩一つまみを入れて足をつける。(くるぶしの上3〜4センチ位)バケツの代わりに発泡スチロールの箱などが利用できるとお湯が冷めにくくて便利です。

    ■下半身浴

    入浴の際、バスタブにつかるとき下半身(みぞおちから下と思ってください)をよけいにあたためます。
    出典 :妊娠中の冷え対策・風邪対策 - コンビタウン
     

    毎日のお風呂でも、赤ちゃんのことを考えて入るようにしてみましょう。

  • 【ホットジンジャードリンク】

     

    1.マグカップに金時ショウガを小さじスプーン1杯加え、お湯を入れてます。

    2.お好みの量のハチミツを加えて、よくかき混ぜます。

    3.ホットジンジャードリンクの出来上がり♪

    引用)http://ameblo.jp/masaminote/entry-11180483429.html

  • 腹巻などもいいですね♪でも、基本は体の中から温めること!赤ちゃんのためにもね♪