肌のお悩み別でカラーを選ぼう!コントロールカラーの選び方

化粧下地の仲間であるコントロールカラー。その使い方を知っていますか?トラブルによってできた肌の色ムラを補正してくれるのがコントロールカラーです。肌のお悩み別で選ぶ色も変わってきます。
今回はコントロールカラーの選び方・ポイントについてご紹介します。

view66

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • コントロールカラーを使っていますか?

  •  

    コントロールカラーとは、ファンデーションを塗る前に顔の色を補正するもの。
    顔の赤みやくすみ、クマなど顔の気になる色を調整するという大事な役割をしてくれます。

  • コントロールカラーと化粧下地はどう違うの?

  • ファンデーションの下に塗るのだったら、化粧下地とどう違うのでしょうか?

    実はコントロールカラーは化粧下地に色がついたもののようです。しかし同じ下地といっても、使う目的は違ってきます。

    化粧下地はファンデーションのノリを良くするためのもの。
    コントロールカラーは肌色を調整するためのもの。

    コントロールカラーは数種類の色があって、肌の悩み別に使い分けて肌色を補正します。

  • コントロールカラーの効果

  • いろいろなトラブルによって肌の色ムラがでてきます。目の下のクマやくすみ、ニキビや吹出物あとの赤み、シミ、そばかす…などなど。
    そんな肌の色ムラを均等な色に修正してくれるのが、コントロールカラーです。

    コントロールカラーを使うと、ファンデーションが薄塗りで済みますし、何より仕上がりが違ってきます。美肌に見えます。
    また、紫外線予防にも効果を発揮してくれるのも嬉しいですね。

  • 色の種類と効果

  • コントロールカラーは、私はこれ!と一色に決めるのではなく、その時の肌の状態に合わせて使うというのが理想です。
    体調によって肌の色が変わることは多々ありますので、できれば何色か持っていると便利ですね。
    出典 :メイク上級者になれるコントロールカラーの使い方 | 美肌マニアの美容情報
  • グリーン系

     

    肌の赤みをおさえてくれます。
    顔全体に塗ると、白く浮いたり顔色が悪くみえてしまったりするので、部分的な使用がよいでしょう。

  • イエロー系

     

    肌のくすみをおさえ健康的な肌に調整してくれます。イエローベースの肌でも色が浮きません。赤みの解消にも効果的。

  • ブルー、パープル系

     

    血色の良さを抑え、肌に透明感を与えてくれます。黄色くくすんだ肌の色を抑える効果もあります。
    色白肌の方は、顔全体に塗ると顔色が悪く見えてしまうので、赤みが目立つ部分にだけ塗るとよいでしょう。

  • ピンク系

     

    肌の血色をよく見せてくれます。
    肌色が合わなくて使えなかったクリームファンデと混ぜると、自然と肌に馴染むという使い方もできます。

  • オレンジ系

     

    くすみが強い肌色に効果を発揮。クマや顔のたるみによる影などを目立たなくしてくれるので、部分使いに最適。
    塗った後は肌色が黄みがかります。それが気になる場合はパープルがおすすめ。

  • パールホワイト

     

    ツヤ感や立体感を出してくれます。
    頬骨の上やCゾーン、Tゾーンにハイライトとしても使えますよ。

  • 肌の状況に応じたコントロールカラーの選び方

  • 【にきび】赤みを消すにはグリーンやイエローがおすすめ。

    【血色が悪い】顔が青白い時は、ピンクやオレンジを。顔全体に薄く塗るのがポイント。

    【赤ら顔】グリーンがおすすめ。顔全体ではなく、赤みが気になる部分に使いましょう。

    【くすみやクマ】イエローがおすすめ。

    【そばかす】明るいベージュやホワイトがおすすめ。ハイライト効果でそばかすを目立たなくします

    【透明感が欲しい】ブルーやパープル、ホワイトを。付け過ぎないように気をつけましょう。

    【小鼻の黒ずみ】パープルやオレンジを薄く塗るのが◎。

  • カラー選びに迷った時は…

  • 特に肌色に悩みがない場合は、イエローカラーや普通の化粧下地でOK。
    イエローは日本人によく合う色なので失敗が少ないと思うので、迷った時に使ってみてください。

  • コントロールカラーを塗るポイント

  • コントロールカラーは薄づけが基本。量が多すぎると首の色との差が出てしまい、不自然な印象になってしまいます。全体にムラなくのばすようにしましょう。
    出典 :使わないのはもったいない! コントロールカラー選び方のコツ[2/2ページ]|ウーマンエキサイト コラム
     

    その後のファンデーションも薄めでOK。

  • 伸ばすように塗るのではなく、指でたたきこむようにして塗りましょう。