診断後の結果で人工中絶が増えている新型出生前診断の条件は?

新型出生前診断には条件があります。どのような条件を満たせば検査をすることができるのかのまとめです。

  • Forti 更新日:2014/10/31

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 条件としては?

  • ①35歳以上の高齢出産の人

     

    現在日本では35歳以上で出産する場合を高齢出産としています。なぜ、35歳以上が、高齢出産の年齢と言われているのかということですが、日本産婦人科学会が定めている年齢です。以前は結婚適齢期が25歳で出産も30歳までにしたほうがいいような社会環境でしたので高齢出産年齢も30歳以上と言われていました。ここ日本の社会でも晩婚化で出産する年齢が上がるなどで高齢出産は35歳以上と定められるようになりました。確かに、女性の社会進出などもあり仕事をしながら子育てをする女性が増えていることも影響しているようです。海外諸国でも35歳以上が高齢出産と言われています。自然妊娠も実は大変難しいことですので、ましてや高齢になるともっと難しいことになります。加齢と共に卵子も老いくるのが原因です。そのため若いときに妊娠できた可能性が低くなってくることになります。また、卵子の老化によって卵子の損傷も起きる可能性がありそれがたまたま受精卵であった場合にダウン症などの染色体異常の子供を生む確立が高くなるのも事実です。このように35歳以上の高齢出産の人が条件の一つになっています。

  • 医学的には、高齢出産は35歳以上とされています。高齢の妊娠は流産率や、ダウン症など染色体異常の子どもを産む確率が高くなると言われています。たしかに統計的にはそうなのですが、これについては、ダウン症の人の人権的なことなど微妙な問題もありますので、担当のドクターに直接お話をうかがったら、と思います。
    出典 :【からだの相談室】花王 ロリエ
  • 一般には35歳以上の出産、あるいは40歳以上の出産といい、それが初産の場合という定義もあれば、そうでない場合もあり、まちまちです。あなたが35歳を超えていてこれから出産しよう、あるいはしたいということであれば、「高齢出産」になると思っていいでしょう。基本的には、年齢を重ねたことによる母体の衰え、人体組織の経年劣化によって、出産の際の体内の大きな変動で障害が起きる確率が高まるということです。さらに母体の劣化から、赤ちゃんがダウン症など染色体異常で生まれてくる確率が上がります。
    出典 :高齢出産について - 産婦人科 岩田病院(名古屋市中村区)
  • ②妊婦または夫に染色体異常が見られる場合

     

    妊娠しても赤ちゃんがお腹で育たないで流産や死産をしてしまうのが不育症と言われていますが、不育症の原因の一つが、夫婦のどちらかに染色体異常がある場合と見られています。染色体異常があるということで、妊娠できないわけではないのですが、ほとんどの場合が体外受精ということで妊娠しているようです。そのため、この場合も条件の一つに挙げられています。

  • ③過去にダウン症などの障害児を出産した場合

     

    障害児のお子さんがいる家庭での生活は、実際その状況になってみないと確かなことは言えませんが、かなりどちらかの親の負担が大きいようです。もし、親が病気になった場合などの生活を考えた場合、かなり大変だと思います。また、学校生活においての障害児の認識が薄いため大変な思いをするケースもあるようです。そのような理由から出産前に胎児に障害があるかを調べるということも過去に障害児を出産した場合のみ高齢出産ではなくても条件の一つになっています。

  • ④エコーや母体血清スクリーニング等で染色体異常が見られた場合

     

    エコー等で染色体異常ではないかと一般的によく言われているのがダウン症候群(21トリソミー)です。その他にも18トリソミー、13トリソミーなどもあるようです。18トリソミーは、18番染色体が1本多いのが特徴で、ダウン症候群(21トリソミー)に続いて多い病気です。症状としては出生したときに低身が低く、心臓や臓器に障害があるのが特徴です。又、13番目の染色体が1本多い13トリソミーは、口や頭の異常、指の数が普通よりも多いなどがあります。日本では、生まれても1年以内に90パーセントが亡くなってしまうという本当に怖い病気です。それ以外にも様々な染色体の病気もあるため一概にどの病気なのかをエコーや母体血清スクリーニング等やだけからでは判断できません。そのため、疑いのある場合は、もう少し詳しい状況がわかる検査をする必要があります。そこで、今回新たに新型出生前診断という検査の導入から、この場合も条件の一つと言えます。

  • 新型出生前診断は一般的な産婦人科の検診には含まれていないので、受けるためには妊婦さんが自分の意思で申し出る必要があります。ただし、すべての人が受診できるわけではありません。具体的には、条件に当てはまる場合のみ新出生前診断が許可されます。
    出典 :新型出生前診断(NIPT)とは?費用・条件・時期など | 30代の高齢出産体験記|先輩ママの体験から高齢出産に備える
  • 1.高齢妊娠(出産時に35歳以上)
    2.胎児超音波・母体血清マーカー検査で染色体異常の可能性がある
    3.夫婦いずれかがロバートソン型転座保因者で21トリソミーと13トリソミー児の出産をする可能性がある
    4.染色体異常症に罹患した児を妊娠、分娩した既住を有する
    出典 :検査を受けられる条件-新出生前診断-子育てサマリー
  • 条件としては、やはり1番最初に挙げられているのが高齢出産(35歳以上)です。体の老化とともに明らかに卵子の老化が原因で様々な染色体異常の病気のある胎児が生まれやすいのは事実です。ただ、可能性が大きくなるわけですので、100パーセントそうなるというわけではありません。そのため、新たな新型出生前診断の条件に挙げられることで妊婦が自覚を持って妊婦生活を送れるよう条件に挙げていると思います。そのほかの条件においても、たとえ高齢出産(35歳以上)ではない場合でも可能性が高いということで奨励していると思います。