何を基準にしている?「心サルコイドーシスの診断基準」のまとめ!

心サルコイドーシスの診断基準はどのようなものがあるのでしょうか?しっかり知識を付けておきましょう。

view202

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 心サルコイドーシスとは

  • サルコイドーシスは、全身のいろいろな臓器に肉芽腫(にくげしゅ)という炎症性の病変が生じて障害を起こす原因不明の病気です。肺や眼の病気として知られていますが、心臓にも肉芽腫ができて心臓のはたらきを邪魔することがあります。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • この病気に合併する不整脈(ふせいみゃく)や心機能障害による症状が出現します。重篤な徐脈(じょみゃく)性、もしくは頻脈(ひんみゃく)性の不整脈のために、意識を失う発作を起こすことがあります。また、心筋の収縮力低下により心不全が生じると、息苦しさや動悸、むくみといった自覚症状がみられます。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    この病気そのものではなく、合併する不整脈がつらい症状を呼ぶ事になるのです。

  • この病気の

     

    根治療法は見つかっていません。合併症に対する対処療法も、日常生活に支障が出ない限りは行われない場合が多いのです。今後の研究に期待したいですよね。

  • 心サルコイドーシスの診断基準

  • 多く(60~70%)は臨床症状「眼症状(視力低下、霧視、飛蚊等)、呼吸器症状(咳、呼吸苦等)、心症状(不整脈等)、皮疹」と胸部X線所見、眼所見に加え、罹患部位から採取した組織標本に非乾酪性類上皮細胞性肉芽腫を認めれば、確実となる。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
     

    無症状の場合はどうなのでしょうか・・・

  • 無症状で検診で発見される症例もあり組織検査で診断される事もある。但し、既知の原因による肉芽腫と局在性サルコイド反応は除外する。診断基準は厚生省特定疾患「びまん性肺疾患」調査研究班・昭和63年度研究報告書1989年がある。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
  • 心電図検査に異常がみられる

  • この病気にかかっているほとんどの患者さんで、心電図検査の異常がみられます。心サルコイドーシスが疑われる場合、胸部単純X線検査やCTで「両側肺門リンパ節腫脹(しゅちょう)」や「縦隔(じゅうかく)リンパ節腫脹」という肺サルコイドーシスに特徴的な所見の有無が診断の手掛かりになることがあります
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 心エコー検査でみられる「心室中隔基部(しんしつちゅうかくきぶ)の菲薄化(ひはくか)(薄くなること)」という所見は、この病気に特異的な異常所見です。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 他にも方法はある

  • 皮膚は比較的採取しやすい場所ですが、気管支鏡を利用して肺生検をするとレントゲンで異常がみられない患者さんでも高率に顕微鏡的に肉芽腫が見つかります。血液検査ではアンギオテンシン転換酵素(ACE)が上昇することが知られています。肺機能検査では拡散機能が障害されます。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • ガリウムシンチグラフィなどのラジオアイソトープ検査もこの病気の診断に有用ですし、必要のある場合はカテーテルを用いた心筋生検が行われます。不整脈の有無を調べるための24時間心電図検査も重要な検査です。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 免疫学的には全身反応としての遅延型反応(皮膚のツベルクリン反応等)の低下、病変局所の遅延型反応の亢進(BAL,病変組織におけるCD4/CD8比の増加等)が認められる。一方B細胞の活性化を示唆する所見として、血中免疫グロブリン増加や免疫複合体が認められることもある。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
  • 上記のような

     

    検査をしっかりと行って、生活に異常が出た場合のみ治療を行うというのが今の方針のようですね、治療の場合はステロイドホルモンを使用するので、副作用についても知識はつけておきましょう。