妊娠初期の低体温について

原因。対処方法。低体温によるリスク。低体温と適正体温。体験談。

  • S 更新日:2014/04/07

view1657

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠5週で低体温になった人の体験談

  • 陽性反応後、急に体温が低くなってて青ざめたことがあります(5週目くらいでした)。病院にすぐ聞いたら「1日下がっただけでは分からないし、基礎体温を気にしすぎるのは良くない」と言われました。すぐ次の日が受診日だったのですが、1日生きた心地がしませんでした。でも、エコーの結果全く大丈夫でした。
    出典 :妊娠5週で低体温になった方いらっしゃいますか 2009/12/26 10:02 | 不妊治療・不妊症【子宝ねっと】
     

    先生からは「基礎体温を気にしすぎるくらいなら測るのをやめてもいい」と言われ、その日から測るのをやめたそうです。

  • もともと低体温の人の体験談

  • 私はもともと低低温で、高温期でも36,5~36,7位でキープでした。 一度36,4になりあきらめてたけど見事妊娠してて、その後は、それこそ5週(胎嚢確認後)に36,3まで1度下降し、かなり落胆し、その日一日は超ショックでしたが、翌日はまた復活し、受診の時に聞いたんですが、目安だからあまり気にしないで下さいと。
    出典 :妊娠5週で低体温になった方いらっしゃいますか 2009/12/26 10:02 | 不妊治療・不妊症【子宝ねっと】
  • 低体温と適正体温

     

    これはわかりやすい図です。

  • 妊娠初期の低体温

  • 妊娠の経験がある方はおわかりかと思いますが、妊娠初期は、平熱よりも若干体温が高くなりますよね。しかし、中には妊娠初期でも低体温の人もいるのです。低体温は身体に様々な悪影響を及ぼします。妊娠初期という、とても大切な時期に低体温の状態というのは非常に深刻で、流産のリスクも高くなってしまう可能性もあるのです。
    出典 :妊娠初期の低体温|低体温を改善するための基礎知識
     

    低体温は、流産の可能性があります。
    更にそれだけでなく、病気への抵抗力も弱くなるので、早急な改善が必要です。

  •  

    母体・赤ちゃん共々無事でいたいものですね。

  • 妊娠初期の低体温 対策

  • 身体を冷やさないようにすることが第一です。特に脂肪の多い場所は冷えやすいので注意が必要です。しかし、体を温めようと長湯するのはお勧めできません。妊娠初期の身体に長湯は負担が大きすぎます。温かい食事をとり、ストレスをためないようにゆったりとした気持ちで過ごしましょう。
    出典 :妊娠初期の低体温|低体温を改善するための基礎知識
  • 妊娠初期の低体温 HCG注射

  • HCG注射とは、不妊治療にも使われるもので、黄体ホルモンの補充を目的としています。産婦人科では、流産の確率を減らす為に用いる事があります。しかし、HCG注射は染色体異常の場合の流産に対しては効果が期待出来ないため、病院の方針によっては使用しない事がありますので、担当の先生とよく相談する事が大切です。
    出典 :妊娠初期の低体温|低体温を改善するための基礎知識
  • 妊娠初期に気になる低体温

  • 女性は妊娠すると、お腹の赤ちゃんを守りたい一心で神経過敏になりがちです。妊婦さんにとって、体調管理は何よりも大切ですが、あまり神経質になりすぎると、かえって胎教に良くありません。色んなことを気にしすぎて鬱になる妊婦さんもいるので気をつけましょう。
    出典 :妊娠初期に気になる低体温:低体温の改善と対策
     

    中には、流産を恐れて妊娠初期の低体温を気にする人もいるようです。

  • 人間の体温には個人差があるので、何度からが低体温になるのか一概には言えませんし、あまり神経質になる必要はないと主張する産婦人科医もいます。ネガティブ思考に陥るのではなく、赤ちゃんのためにも、ポジティブ思考でいきましょう。ストレスを溜めるのは良くありません。
    出典 :妊娠初期に気になる低体温:低体温の改善と対策
     

    それでも低体温が気になる場合、基礎体温を毎日つけるようにしましょう。