あまり知られていない髪のケア方法

髪のケア方法といっても、私はカラーリングもパーマもしてないから、特別なケアは必要ないわと思っているそこのあなた。それでもなんだか髪の調子が悪い、バサバサしてまとまらないと感じたことはあるでしょう?その原因がわからないままになっていませんか?その原因とケア方法をまとめてみました。

view229

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • あまり知られていない髪を傷める原因 その1

  • カラーもパーマもしていないのに、どうして髪がバサバサしてまとまらないんだろう?
    艶もないし、髪が途中で折れていたり、切れていたり。毎日シャンプーして綺麗にしているのに・・・。そんなあなたにあてはまりそうな、髪を傷める原因とは。

  • 髪を乾かさないで放置、もしくはそのまま寝てしまうと髪の毛や頭皮には多大なダメージを与えてしまうのです。乾かさないことにより、半乾きの頭皮には雑菌が繁殖する恐れが出てきます。
    その雑菌が繁殖することで嫌な臭いに繋がったりもします。
    出典 :髪を乾かさないで寝るとはげる|あなたは濡れたままにしていませんか?
  • また、髪の毛はキューティクルという成分が守っているのですが、熱を与えて乾かさないとこのキューティクルと言われるバリアがほとんど機能しなくなり、バリアがない状態で髪の毛は外部に晒された状態となってしまい、結果通常よりも髪の毛が傷む進行度が増えてしまうのです。
    出典 :髪を乾かさないで寝るとはげる|あなたは濡れたままにしていませんか?
  • キューティクルは爪と同じ

     

    お風呂上りの爪は軟らかくなっていますね?その時に力が加わって、折れ曲がったりすると、爪が乾いても折れ曲がったところは線が入って元には戻りません。キューティクルも爪と同じです。濡れた状態で傷ついてしまうと、元には戻りません。

  • それぞれのケア方法 その1

  • 髪は必ず完全に乾かそう

     

    根元はドライヤーで完全に乾かして、
    毛先はほんの少し湿った状態で残し、
    余熱で完全乾燥してから寝るのが
    理想です。

  • キューティクルは熱によって開いてしまいますので、最後に「冷風」でドライヤーをして下さい。この作業を行わないとキューティクルが開き続けた状態になりますので、摩擦の影響を受けやすくなり、水分も蒸発しやすくなります。
    出典 :美髪 ドライヤー|これであなたも美髪に♪正しいドライヤーの乾かし方!
     

    完全に乾いているかどうかは、冷風を当てればわかります。乾かしながら何度か冷風をあてて確認しましょう。

  • あまり知られていない髪を傷める原因 その2

  • お風呂上りにドライヤーで乾かす前に、タオルで拭いていますね?
    その拭き方にも原因が潜んでいるのです。

  • 最初にバスタオルでバーーーッと雑にゴシゴシ拭くのが当たり前になってる方が多いと思いますがそれはやめましょう。前述の通り塗れた髪は痛みやすいのでその行為は髪をいじめていることになるのです。
    出典 :正しい髪の乾かし方(タオル編)|ゴシゴシ拭くと痛むので禁物
  • 濡れたまま、まとめて縛っていませんか?

     

    キューティクルを傷つける上に、長時間このままでは雑菌の繁殖を促します。

  • それぞれのケア方法 その2

  • タオルドライは髪を「拭く」のではなく頭にかぶせて押し当て水分を「吸い取る」ようにします。1~2分ほどかぶせていると半分以上の水分を吸収することができます。頭皮の水分は指の腹で軽く押すことで吸い取れます。
    出典 :正しい髪の乾かし方(タオル編)|ゴシゴシ拭くと痛むので禁物
  • ロングヘアの場合は、頭皮(とうひ)全体の水気をふきとった後、毛先をタオルにはさんで、おさえるようにして水気を吸いとります。
    出典 :(5)髪の乾かし方
     

    髪をタオルに挟んでパンパンと優しくたたきます。

  • 吸湿性の高いタオルを使おう

  • 吸湿性、速乾性の代表といえばマイクロファイバー。ポリエステルやナイロンといった化学繊維で織られています。天然素材よりも圧倒的な吸水力と速乾力、そして軽さもその特徴です。
    出典 :タオルの選び方−お風呂のソムリエSHOP
     

    マイクロファイバー製のタオルは、洗濯後に乾燥機にかけてはいけません。ものすごい静電気が発生します。

  • ロングヘアは濡れたまましばらない

     

    力の加わるターバンの仕方はやめましょう。速乾性のドライターバンなどで優しく包んでおくのはOKです。ターバンが水を十分に吸いこんだらすぐにはずすようにしましょう。

  • あまり知られていない髪を傷める原因 その3

  • ヘナは傷まないはずなのに・・・

     

    白髪隠しに自宅でヘナをしてみたら、すごく傷んでしまった。
    ヘナは髪を傷めないはずなのになぜ?

  • ヘナが100%天然成分のものとそうでないものに分かれるのは、もう周知の事実と言ってよいと思います。
    それとは別に、たとえ天然成分100%のヘナであっても、髪を傷めてしまうことがあるのです。

  • それぞれのケア方法 その3

  • ヘナを塗る時、コームを使っていませんか?

  • ヘナは、アルカリカラーなどとは違い、クリーム状やムース状をしていません。粉末のヘナを、お湯やお茶などで溶いてから使います。つまり、目には見えなくなりますが、化学染料と比べるとかなり粒子が粗いわけです。それをコームでのばしてしまうと、大きな摩擦がおきます。この摩擦によって、髪が傷んでしまうのです。

  • ヘナを塗る時には、絶対にコームでのばしてはいけません。マヨネーズ状のヘナを、白髪ののびた部分に刷毛でのせていくのがよいでしょう。毛先までつける時も、絶対にコームはつかわないで、手にたっぷりとヘナをとってなじませていくようにして下さい。

  •  

    正しい髪のケア方法を知って、
    美しい髪をキープしてくださいね^^