目が覚める…睡眠不足な気がする…睡眠改善

寝ても直ぐ目が覚める…いくら寝ても睡眠不足な気がする……起きてからも眠気が覚めない…こんな方は多いはず。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 熟睡を妨げてしまう要因には色々あり、気がつかないうちに浅い眠りの習慣になってしまっているかもしれません。

  • すぐに寝付けないという悩みです。そのほか夜中に目覚めてしまう。あるいは朝早く起きてしまって、そのあと眠れないという睡眠障害もあります。きちんと睡眠時間を取っているにもかかわらず、昼間眠いという人もいます。
    出典 :睡眠改善の方法ドットコム
  •  

    その眠り大丈夫ですか?

  • 睡眠改善にはどんな方法が?

  • 睡眠の改善を求めている人は、現在の睡眠に不満があるのだと思います。

  • 基本は眠気と深い眠り

  • 夜になって自然な眠気が湧いてくれば、短時間で眠りに就くことができます。
    また眠りが深ければ、夜中に目覚めることもなければ、早朝に覚醒してしまうこともないでしょう。
    出典 :睡眠改善の方法ドットコム
     

    深い眠りであれば、睡眠の質もよくなり、浅い眠りは自ずと解消されます。

  • 就寝前にはテレビやパソコンの光など強い光を浴びないようにしたいところです。
    寝る大体2時間位前には、部屋の照明もやや落とすくらいが良いでしょう。

  •  

    たっぷりの朝日で改善

  • 朝起きたらまず日の光をたっぷり浴びよう

  • 人間の体内時計は、朝、太陽の光を浴びることでリセットされると言われています。
    リセットされた体内時計は朝モードになって動き始めます。
    出典 :睡眠不足の人に教えてあげよう!簡単に実践できる6つの睡眠改善ノウハウ | 薬剤師ネット 公式ブログ
  • 睡眠改善には、昼間の過ごし方も大切とされています。

  • 一般に適度な運動を行うことは不眠症の改善に効果的とされています。
    心地良い疲労は自然な眠気を誘います。
    出典 :不眠症を改善する対策のはずが?運動しても効果が出ないケースとは? | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 私たちは日常生活においてストレスを受けりイライラしたりすると、緊張したり興奮したりします。
    出典 :ストレス、イライラによる不眠症
     

    すると、これらは脳にとって”強い覚醒刺激”となります。

  • 就寝前にはリラックスすることが大事だと言えます。

  • カフェインを含む飲料やアルコールは控えめに

  • カフェインはご存じの通り脳が覚醒するために寝付きが悪くなってしまいます。
    またお酒自体も脳の睡眠中枢をまひさせるため、眠りが浅くなります。

  • 決まった時間に寝起きすることが大事

  • 生活のリズムがばらばらだと睡眠の質が低下してしまいます。

    規則正しい生活が睡眠改善への一番の早道だと言うことですね。