妊娠中の薬の服用について

妊娠中の薬の服用についてまとめました。妊娠していると気づかずに薬をのんでしまった、風邪をひいてしまったけど薬を飲んでも大丈夫?妊娠したら持病の薬はどうなるの?妊娠中の薬の服用については十分に注意を払い、正しい知識をもつことが必要です。

view121

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠に気づかずに飲んだ薬

  •  

    まさか妊娠しているとは思わず飲んでしまったあの薬、大丈夫でしょうか?

  • 妊娠に気づかないで薬を飲んでいたとしても、多くの場合、心配するほどのことではありません。あまり悩まないで、念のため主治医か産婦人科医に相談なさってください。
    出典 :妊娠と薬_01-01
  • 日常的な病気の薬、たとえばカゼ薬、頭痛薬、胃薬などを通常の範囲で使用されていたのでしたら、まず問題ないことでしょう。市販薬にも危険性の高い薬はありません。
    出典 :妊娠と薬_01-01
  • 妊娠中は薬を服用する時期が重要です

  • 赤ちゃんは体内で成長していますが時期によって体の形成部分が異なります。

  • 妊娠4週未満

  • “all or none(全てか何もないか)”の言葉に象徴されるように、この時期に服用した薬が影響するとすれば流産です。逆に流産にならなければ、薬の影響はないと考えてよいでしょう。
    出典 :妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About
  • 妊娠4から7週目

  • 妊娠初期の薬の服用については注意が必要と言われています。

  • この時期は、器官形成期といって大切な臓器ができる時期で、薬の影響をより強く受けやすく、薬の 服用 を一番避けて欲しい時期になります。
    出典 :妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About
  • この時期には、妊娠と気づかず、風邪薬や頭痛薬を飲んでしまい、あとになって心配を募らせることもよくあります。ただし、市販薬を通常の量、数日間飲んだという程度のことなら、基本的にまず問題にはなりません
    出典 :妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About
  • 妊娠8から11週目

  • 妊娠8週以降、大器官といわれる主要臓器の形成は終わりますが、口蓋や性器などの形成はまだ続いていて、リスクはかなり低くなるものの、この時期にでも形態異常を起こし得る薬剤がごく少数あります。
    出典 :妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About
  • 妊娠12週以降

  • 胎児の臓器はすべて形成されていて、薬物の 服用 で、奇形は起こりません。ただし、胎児機能障害を引き起こす可能性のある薬剤がわずかにあります。
    出典 :妊娠と薬 [妊娠・授乳期の薬と健康] All About
  • 持病がある場合

  • 持病があり薬を服用している場合は必ずかかりつけの医師と相談しましょう。

  • ぜんそく、てんかん、高血圧、精神疾患、自己免疫疾患など、妊娠前からの持病で飲んでいた薬を、妊娠したからといって自分の判断で勝手にやめることは、絶対にいけません。
    出典 :2位 薬の気がかり - gooベビー
  • 妊娠がわかったら、まずは治療を受けている医師と産婦人科医に相談しましょう。持病の症状と、薬の赤ちゃんへの影響などを考慮したうえで、治療を続ける、中断する、薬をかえるなどの対処法を相談することになります。
    出典 :2位 薬の気がかり - gooベビー
  • 薬服用のリスク

  •  

    なにごとも絶対にということはありませんが、妊娠中に薬を服用することのリスクはとっても高いというわけではないようです。