おなかに来る風邪【ロタウイルス性下痢症】

おなかにくるかぜと呼ばれるこの病気は
下痢が良くつづくので水分補給がとても
大切になってくるのです

view254

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのような病気?

  • ウイルス感染が原因で起こる「おなかにくるかぜ」で、代表格はロタウイルスによるもの。症状は下痢、嘔吐、発熱など。下痢と嘔吐で急速に水分が失われるので脱水症にならないようこまめに水分補給をしてください。治療は脱水予防と下痢への対症療法が中心になります。
    出典 :急性胃腸炎(ウイルス性)/ロタウイルス性下痢症 - gooベビー
  • どんな病気?

     

    かぜなどのウイルスに感染して、胃や腸に炎症を起こす病気のこと。いわゆる「おなかにくるかぜ」で、下痢や嘔吐、発熱などの症状が見られますが、中には下痢はしないで吐きけだけが見られるという場合も。

  • 感染と原因

  • •ロタウィルスによる経口感染。唾液や便などの排泄物から口に入り、1~3日の潜伏期間をへて下痢が始まります。•ロタウィルスは約1週間便中に排泄されるといわれています。
    出典 :ロタウィルス下痢症について
  • •激しい嘔吐、激しい下痢が起こります。•ウィルスの影響で便に色をつける胆汁がうまく分泌されず白っぽい米のとぎ汁のような水様便が大量に、1日に何度も出ます。•37度くらいの微熱を伴うこともあります
    出典 :ロタウィルス下痢症について
     

    こんな症状が一般的ですね

  • 合併症状

  • 激しい嘔吐と激しい下痢の為に脱水状態を起こしやすい。また電解質バランスも崩れやすい。 下痢の為にお尻がただれ易い。
    出典 :ロタウィルス下痢症
     

    おしめかぶれに注意したい所ですね

  • 観察をしっかりとする事

  • 1)おしっこの量が減る。
    2)唇が乾いている。
    3)手のひらがカサカサしている。
    4)顔色が悪く、ぐったりとしている。
    5)皮膚に張りがない。
    出典 :急性胃腸炎(ウイルス性)/ロタウイルス性下痢症 - gooベビー
     

    見つかったら受診をおすすめします

  • 肌のトラブルを防ぐためこまめにおしりのケアを

     

    急性胃腸炎の場合、頻繁に下痢をしますので、おしりのケアも忘れずに。おしりの汚れは毎日シャワーや座浴できれいに洗い流してあげてください。汚れたらすぐケアしてあげるのがポイント。市販のおしりふきなどでこすると、汚れがきちんと落としきれないだけでなく、こすることが刺激となっておしりがただれてしまうこともあるので、気をつけましょう。

  • 治療方法は

  • •ウィルスが原因なので、特効薬はありません。•下痢がはげしいですが、下痢止めは有効ではありません。ウィルスが排泄されずかえって病状が長引くことがありますので注意が必要です。
    出典 :ロタウィルス下痢症について
  • •体内の水分が失われる 脱水症の予防 が大切。下痢で失われた水分を経口的に補いましょう。電解質も失われているので、電解質を含むイオン水や湯冷まし、ミルクなど、少し暖めて飲むとよいでしょう。嘔吐をしないように少しの量を(50~100ccくらい)を何度も分けて与えましょう。
    出典 :ロタウィルス下痢症について
  • •嘔吐で飲み物が飲めない場合は、点滴治療が必要となるので、下痢と嘔吐が同時に起こった場合は 早めに受診しましょう 。脱水が高度になると生命にかかわる重篤な合併症であることを忘れてはなりません。•合併症がなければ、普通嘔吐は1~2日で、下痢は1週間くらいでおさまり、だんだん黄色くなって治ります
    出典 :ロタウィルス下痢症について