‘お疲れ顔’にさようなら!上気肌になるチークで‘元気顔’メイク

お肌の血色のお悩みは、上気肌になるチークで解決です!やはり、どんなにポイントメークに時間をかけて頑張っても、お肌が元気に見えないと、全体の顔の印象が疲れて見えてしまいかわいくありませんよね。さぁ、あなたも湯上りのような上気肌メイク試してみませんか?

view30

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 上気肌とはどんな肌?

  • 上気する=のぼせて顔が赤くなる、という意味です。
    お風呂上りは血の巡りがよくなって頬が赤くなっていますよね。まさにそのイメージの血色のよいお肌を目指してメイクしてみましょう。

    なんとなく先入観で、色白のイノセントなイメージの人しかやってはいけないメイクなのでは?なんて思っている方いらっしゃいませんか?そんなことありませんよ!誰でも血色の良い元気な印象は手に入れられます!

  • 【クリームチークを選ぼう!】

  •  

    のぼせた感じなら、ピンクをのせておけばいいんでしょ?と思われる方は多いはず。
    もちろんピンクでいいのですが、いきなりピンクだけのせると肌色とのギャップが強くて浮いてしまうし、甘い印象になりがちです。

  •  

    そこで!ピンクの前にコーラルオレンジをのせましょう。お肌の色により近いので、お肌の色とピンクのチークとのブリッジになり、自然な仕上がりを助けます。

    オレンジ系のチークでしたら、日本人の肌によくなじむ色なので、普段使いに購入して試してみる価値ありですよね。

  • 【クリームチークのつけかた】

  • ①コーラルオレンジを指で頬全体にトントントンとのせます。丸というよりは逆三角形を頬に描くようにのせてください。

    ②次にピンクのチークを頬の高い位置にのせます。むらにならないようにするため、スポンジでなじませていくとよいです。

    スポンジを使うこの一手間が、肌により自然になじむチークを作り上げる秘訣です。

  • 【上気肌になるチークとあうメイク】

  •  

    上気したようなチークに合うメイクのキーワードは、ずばりナチュラルです!
    厚塗りのファンデーションとばっちりアイメイクにチークをのせたら、派手すぎてこわいですよね。

    まずは肌色を整えましょう!
    下地をピンク系にすることで、みずみずしいツヤがあり透明感のあるまさに‘元気顔’になります。顔の正面に塗り、フェイスラインはさっと塗るだけでOK。立体的な仕上がりになりますよ。

    下地でばっちり肌色を調整しておけば、ファンデーションは少しで大丈夫。BBクリームやCCクリームのピンク系はとっても使いやすいですね。

  •  

    アイシャドウはいつものブラウンでOK。優しい印象に仕上げるためにも、ブラウンの上にピンクをのせましょう。締め色はいつもより少ない面積で目尻側だけにのせると、きつくなりすぎません。

    アイライナーはペンシルで最低限に。たくさん跳ねさせたりはみ出したりしないように。

  •  

    リップも2色使いが上気肌になるチークメイクにおすすめです。

    ①いつも使っているであろうヌーディーベージュリップを全体にぬります。
    ②ピンク系(サーモンコーラル系が特におすすめです)を指でリップの中央のトントンとのせます。

    自然な血色の唇になり、上気肌メイクをひきたてます。
    リップグロスはツヤがありすぎて悪目立ちしてしまうので、使いません。口紅だけでもツヤ感は十分出ますので。

    お手持ちの口紅も、組み合わせ次第で新たな使い道が発見できるかもしれませんね。特にヌーディーベージュは基本のカラーですが、いつもそればかりでは退屈なので、重ねづけでアレンジを楽しんでみましょう!

  • いかがでしょうか?自分には縁遠いわ~~と思っていた上気肌になるチークメイクも、こうして見てみると試してみるハードルは意外と低いのではないでしょうか?

    これをきっかけにクリームチークに挑戦してみるのもいいですし、下地の色を見直してみるのもおすすめです。

    さぁ、あなたも明日からお疲れ顔にさようなら~~血色のよい元気顔で1日過ごしてみてはいかががでしょうか。