鎖骨のしこりはもしかしてガン?どのぐらい大きくなると病院を受診したほうが良いかまとめ

鎖骨のしこりがあるとガンではないか?という気持ちが出てきます。しかし、必ずしもこの部分にしこりが見られていたとしても、ガンとは限らないようです。
リンパとはどういうものなのか、ガン化するとどんな症状になるかまとめました。

view515

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 鎖骨のしこり

  • 鎖骨のしこりはリンパンのガン?そんな風に考えてしまいますが、必ずしもガンとは限らないようです。リンパの働きをしると、なぜしこりができるのか分かりますよ!

  • リンパの役割

  • 私たちが健康でいられるのもリンパのおかげ

     

    リンパは水分や老廃物の排泄だけでなく、免疫機能も持っています。体に有害な細菌などがはいりこんでも、上手く排除できるのはリンパがあるおかげなのです。
    中でもリンパ節には細菌などが全身に回らないようフィルターの役割をしているため、炎症などが続くとこの部分にしこりが見られることがあります。病気にならないよう戦っている証拠で、通常は問題がないものです。

  • 特に目視できるのは首のリンパの腫れ

     

    リンパの腫れでも、首は露出しているため確認しやすくなっています。風邪などをひいてもこの箇所が腫れる場合があるため、細菌やウイルスと戦っている証拠とし様子をみるようにしましょう。

  • リンパ節は本当に腫れているのか?

  • リンパ節が腫れるといってもどのくらいの大きさ?

     

    リンパ節は場所によって多少大きさが異なっています。手で触れやすい箇所は、触れたときに意外と腫れが大きいと感じることもあります。リンパ節は細菌感染などでも腫れやすいため、しこり=ガンとはいいきれません。
    数日様子を見て炎症が治まっているのにもかからず、大きさが変化しない場合は医師の診察を受けましょう。

  • 通常のリンパの腫れではある特徴が見られています。

    ・しこりに触れると動く
    ・弾力があり柔らかい
    ・炎症が治まると腫れが治まってくる

    普段からリンパマッサージなどでリンパ節に触れる習慣をつけておくと良いでしょう。そうするとしこりができれば直ぐに気が付くことができます。

  • 炎症が無いのにしこりは注意!

  • 体に炎症が無いかチェックしよう

     

    風邪をひくなどどこにも炎症が起きていないのに、首や鎖骨の部分のみにしこりがある場合は注意してみてください。悪性の場合は次第に大きくなり、痛みは無いのですが硬く変化してきます。また、リンパ節の腫れとは異なり、悪性の場合は触っても動かないのが特徴的です。

  • 頸部リンパ節転移の80%は耳鼻科領域の癌、すなわち喉頭癌、上顎癌、甲状腺癌、舌癌、頸部の食道癌などから転移したものです。
    出典 :リンパ節
     

    リンパの腫れ以前に、他の部分で異状が無いかもチェックしてみましょう。

  • 鼻の炎症を長期的に起こしている場合も、そこから細菌が入り込むことがあります。そのほか虫歯、アレルギー体質の方もリンパが腫れる傾向があるため、様子をみてください。
    常に炎症が起きているとそれが慢性化して、本人も気が付かないものでしょう。人によって長期間リンパが正常な範囲で腫れている場合もあります。

  • 私の場合は腋窩にウズラの卵大に気づき、自覚症状無く半年
    放置。半年後には鶏卵大になって受診したら、即検査入院で
    結果は悪性リンパ腫。自分では気がつかなかった鎖骨にも
    しこりがありました。その間、しこりの肥大以外に体重減少
    がありました。半年で約12kg減です。
    出典 :左鎖骨の上にぐりぐりしたしこり(?)があるのですが大丈夫でしょうか? - Yahoo!知恵袋
     

    短期間のうちにしこりが大きくなる場合も注意が必要です。小さなしこりだけでは、悪性化しているとはいえないようです。

  • 鼻に炎症がある方もしこりができやすい

  • 口呼吸の方は注意しましょう

     

    鼻はフィルターがあって、その部分で細菌やウイルスなどを排除する働きがあります。しかし、鼻が悪い人は常に口呼吸になりがちで、それにより体の中に病原菌を取り込みやすくなります。口呼吸は風邪をひきやすかったり、炎症も起こしやすいため注意したいですね。

  • ヘビースモーカーによる影響

     

    リンパの腫れはタバコの影響もあるといわれています。既に禁煙を実施し止めていたとしても、直ぐに改善できるものではないため、腫れは様子をみることをおすすめします。
    タバコを吸うことでリンパが腫れるというのは意外に見逃しがちでしょう。

  • どうしても気になる症状があるなら病院での検査をおすすめします。短期間で大きくなる、しこりの硬さを目安に受診してみましょう。