手が動かない!!頸椎後縦靭帯骨化症に気をつけましょう

頸椎後縦靭帯骨化症は脊髄が圧迫されて脊髄症状が出ます。
手先の細かい作業、例えばボタンかけや箸を持つ作業が思うようにできなくなる場合があります。

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頸椎後縦靭帯骨化症

  • 後縦靭帯骨化症とは、脊椎椎体の後縁を上下に連結し、脊柱を縦走する後縦靭帯が骨化し増大した結果、脊髄の入っている脊柱管が狭くなり、脊髄や脊髄から分枝する神経根が圧迫されて知覚障害や運動障害等の神経障害を引き起こす病気です
    出典 :難病情報センター | 後縦靭帯骨化症(OPLL)(公費対象)
  • 骨化する脊椎のレベルによってそれぞれ頚椎後縦靭帯骨化症、胸椎後縦靭帯骨化症、腰椎後縦靭帯骨化症と呼ばれます。
    出典 :難病情報センター | 後縦靭帯骨化症(OPLL)(公費対象)
  • 病気が発症するのは中年以降、特に50歳前後で発症することが多く、男女比では2:1と男性に多いことが知られています。また、糖尿病の患者さんや肥満の患者さんに後縦靱帯骨化症の発生頻度が高いことが分かっています。

  • 症状

  • 一側の上肢の特定の部分に「しびれ」や鈍痛が出現します。
    出典 :頸椎後縦靱帯骨化症|病気の解説と治療法の紹介|日本脊髄外科学会
  • 両手の「しびれ」がみられたり、両手を使った細かい動作(箸を使う動作・ボタンをかける動作・ぺージをめくる動作など:いわゆる巧緻運動)が徐々に出来にくくなったり、両足が足先から段々と「しびれ」てきたり、歩行がなんとなく不自由になるなど
    出典 :頸椎後縦靱帯骨化症|病気の解説と治療法の紹介|日本脊髄外科学会
  • 時には、道で転倒するなどの比較的軽い外傷にもかかわらず、外傷後に急激に四肢麻痺などの極めて重い症状が出現することもあります。
    出典 :頸椎後縦靱帯骨化症|病気の解説と治療法の紹介|日本脊髄外科学会
  • 歩行がぎこちなくなったり、足が前に出しにくい、早く歩けないなどの下肢の症状が出る場合もあります。 これらの症状は多くの場合、両側に出ます。さらに、排泄の機能が障害されることもあります。

  • 原因

  • 単一の原因で生じる病気ではなく、複数の要因が関与して発病すると考えられています。この病気に関係するものとして、遺伝的素因、性ホルモンの異常、ビタミンDの代謝異常、糖尿病、肥満傾向、老化現象、全身的な骨化傾向、またその部位の椎間板脱出などいろいろな要因が考えられています
    出典 :難病情報センター | 後縦靭帯骨化症(OPLL)(公費対象)
  • 特に家族内発症が多いことから遺伝子の関連が有力視されています。

  • 脊髄症状が出ると、手術の適応となります

  • 圧迫された神経(脊髄、神経根)への圧力を取り除いて症状を緩和す ることです(除圧術)。
    出典 :頸椎の手術
  • 手術を受けることで、痛みやしびれが軽減されます。しかし、しびれ は残ることが多く、痛みもある程度続くことがあります。
    出典 :頸椎の手術
  • 神経の圧迫による痛みやしびれ等の症状を改善するために行われてい る手術は、神経の圧迫を取り除く手術(除圧術)と脊椎を固定する手術(固定術)であり、神経そのものを直接回復させる手術ではありません
    出典 :頸椎の手術