ナルコレプシーで引き起こされるとされている「入眠時幻覚」これってなに?

入眠時幻覚をしっていますか?
ナルコレプシーで引き起こされるとされていますが
それが原因なだけじゃないようです

view320

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 入眠時幻覚とは

  • 【ナルコレプシー】〈居眠り病〉と邦訳される。病因は不明であるが,睡眠発作,情動性脱力発作,睡眠麻痺,入眠時幻覚を4主症状とし,これに夜間の頻回の中途覚醒を加える。ただし,これら4主症状がすべてそろうものは少ないが,睡眠発作は必発である。…
    出典 :入眠時幻覚 とは - コトバンク
  • 正確にはベットに入って横になり目を瞑ると、頭の中で想像してしまうのですが...。 高い所(ビルの屋上やタワーの頂上)から真下を覗き込んでいて、頭の中では「また落ちるんだ」と思っていて、スッと落ちるような感覚で目を開けるのですが、夢ではないように思うのです。
    出典 :入眠時幻覚について - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • 私は寝ているつもりはないのですが、確かにそう言われるとそうかも...と思って、そう言われた日の夜 眠る前にまた同じ感覚が現れたので目を開き、「やっぱり私は眠っていなかった」と確認したつもりなのですが、はっきり言って それが夢なのか、覚醒時の想像(?)なのか判断がつきません。
    出典 :入眠時幻覚について - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • こんな事もある

  • 寝入りばなに、ほんとうに体験しているのと同じような非常に鮮明で生々しい夢(幻覚)を見る症状を入眠時幻覚といいます。
    出典 :入眠時幻覚・睡眠麻痺  - 眠りについて
  • このような夢は、当然ながら強い恐怖感や不安感を伴なうので、逃げようとするのですが手足が麻痺していて動かず、助けを呼ぼうとしても声が出せない状態となることがあります。これを睡眠麻痺(いわゆる金縛り)とよびます。
    出典 :入眠時幻覚・睡眠麻痺  - 眠りについて
  • 軽い鬱状態を経験しているのなら

  • 軽いうつ状態を経験されているなら、ストレスが原因で、寝る直前の交感神経→副交感神経への移行が上手く行っていないのかも知れません。毎晩繰り返されて眠ることが怖くなるようでしたら、 心療内科などで睡眠導入剤をもらうと言う手もあります。
    出典 :入眠時幻覚について - メンタルヘルス - 教えて!goo
  • 睡眠は疲れを取るためのものなのに、睡眠そのものがストレスになるのは良くないと思います。 睡眠はしっかり取って、その症状をもたらしているストレッサーは何なのかを探ってみるのはどうでしょうか?
    出典 :入眠時幻覚について - メンタルヘルス - 教えて!goo
     

    こういう物も対処に繋がりますよ

  • 夜だけでなく、昼寝でも起きる

  • 入眠時幻覚・睡眠麻痺は、夜の就寝時だけでなく、昼間眠りこむ時にもおきます。っていうか、むしろ居眠りした時のほうが瞬間最大幻覚は大きいのではないかと思う。
    出典 :入眠時幻覚・睡眠麻痺  - 眠りについて
  • 入眠時幻覚・睡眠麻痺は、健常者でも20%が経験している現象ですが、ナルコレプシーで頻繁に起きる理由は次のように説明されます。ナルコレプシー患者の場合は、就寝するとすぐにレム睡眠に入るため脳は、ほとんど覚醒状態に近いのです。
    出典 :入眠時幻覚・睡眠麻痺  - 眠りについて
  • 改善する事が必要

  • 眠りの質を上げる睡眠薬の活用

     

    睡眠が浅く、夜中に目が覚めやすいときには、作用時間が短い睡眠薬が処方されます。夜にグッスリ眠れることで、昼間の眠気が和らぐことも少なくありません。入眠時幻覚のせいで寝つきが悪い場合は、抗うつ薬であるアナフラニール(一般名:クロミプラミン塩酸塩)がよく効きます。

  • まずは起床時間と睡眠時間を決め、規則正しい生活を送ることが最優先。睡眠不足が日中の眠気をさらに激しくしてしまうので、睡眠時間をしっかり確保しましょう。昼休みと午後5時頃に10~30分程度の昼寝をすると日中の眠気をコントロールしやすくなり、治療薬を減らすことも可能になります。
    出典 :ナルコレプシーの治療法・対策法 [不眠・睡眠障害] All About
  • 精神刺激薬による日中の過眠対策

     

    精神刺激薬は、夕方以降に飲むと夜の睡眠が障害されてしまいます。主治医の指示に従って、服用する時刻をきちんと守りましょう。これらの薬は、頭痛、イライラ感、口の渇き、動悸、胃の不快感、食欲減退などの副作用を起こすことがあります。さらに薬を飲んだ直後の30分程度、一時的に眠気が強くなる「逆説的な傾眠」が約1割の人に見られるので注意が必要です。