美と健康に効く良好な睡眠活動「眠活」をはじめよう

良質な睡眠活動を継続して、美と健康を促進しましょう。良質な睡眠はあなたを幸せに導きます。

view120

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぐっすり眠る改善案           
              ○起床時刻を一定にする
              ○目覚めたらすぐ朝日を浴びる
              ○朝食をきちんととる
              ○寝る前にぬるめの風呂に入る
              ○寝環境(寝具等)を改善する
    出典 :【快眠講座】良質の睡眠があなたの元気をつくる - 快眠本舗
     

    まずは、実践してみましょう。

  • 起き出したら冷水で顔を洗うと、眠気を減らしてくれます。コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインは、脳の催眠物質の働きをブロックしてくれます。少しでも良いですから、朝ごはんを食べましょう。胃腸にある第2の体内時計「腹時計」が動き出します。エネルギー源であるブドウ糖が補給されると、脳の働きが活発になってきます。

    日中に眠気が強くて辛いときには、積極的に居眠りしてしまいましょう。午前中から午後3時までの仮眠は、睡眠不足の解消に役立ちます。横にならずにイスに座った状態で、10~30分眠ると、眠気が減って覚醒度が高まります。
    出典 :http://allabout.co.jp/gm/gc/301420/2/
     

    眠気の対処法です。

  • 寝室の環境を整える•なるべく外の音が入らないように厚手のカーテンにする
    •おぼろげに物の形が見える程度の暗さ
    •夏は25〜28℃が最適
    •冬は 18〜28℃が最適
    •湿度は通年で40~70%
    出典 :良質な睡眠をとる為の9つの方法 | 美肌マニアの美容情報
     

    あなたの睡眠の環境はいかがですか。

  • 必要な睡眠時間は、個性的であることを理解する

     

    「8時間眠らないといけない」という、間違った思い込みにとらわれていると、あなたの貴重な時間を寝床の中で失ってしまいます。自分に必要かつ十分な睡眠時間を知り、その時間だけ深く眠ることが、健康で効率の良い人生につながることを理解しましょう。

  • 良い睡眠をとる為の基本ですが、一番の大原則は90分サイクルを意識する事です。90分サイクルとは、人間が元々持っている睡眠のリズムで浅い眠りと深い眠りがワンサイクルする時間が90分と言われています。レム睡眠、ノンレム睡眠といいます。

    これを上手に意識して眠りに付けば、あさすっきり目を覚ます事が出来るようになります。

    睡眠のサイクル

    90分間 ⇒ 1サイクル (1時間30分)
    180分間 ⇒ 2サイクル (3時間)
    270分間 ⇒ 3サイクル (4時間30分)
    360分間 ⇒ 4サイクル (6時間)
    450分間 ⇒ 5サイクル (7時間30分)
    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    90分サイクルを覚えておきましょう。

  • 規則正しい睡眠リズム

     

    普段の生活において、平日の睡眠不足を週末に取り戻すことは、ある意味良いことです。しかし、狂いがちな体内時計を正常に働かせるためには、毎日、同じ時刻に起きて、生活の正しいリズムを体と脳に覚えこませることが、不可欠です。

  • 布団やベッドを、睡眠とセックス以外のことに使ってはいけません。これは、【布団・寝床=眠るところ】という公式を、頭に刷り込むためです。パブロフの犬のように条件反射が身に付くと、布団に入るだけで眠くなってきます。
    出典 :http://allabout.co.jp/gm/gc/301459/4/
     

    布団の上で食事などはもってのほか。

  • 朝気持ちよく起きるためには、起きたらコップ2杯の水を飲む事をお勧めします。私たちは寝ている間に、約1リットル~2リットル程度の水分を呼吸や汗で失っています。その失った水分を起きたらすぐに補給すると、身体の中の水分が満たされ活動するのに良い状態に身体がなります。

    水は出来れば枕元において、朝起きたらすぐに飲めるようにしておくと快適に起きる事が出来るようになります。
    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    目覚めたら、まずは水を飲みましょう。

  • 1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低く、それ以上およびそれ以下の時間、眠っている人は寿命が短くなる傾向にあったのです。特に長く眠っているほうが問題で、7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも死亡率が20%もアップしました。
    出典 :寝過ぎは逆効果? 長生きできる最適の睡眠時間とは [睡眠] All About
     

    寝る時間が長すぎてもだめです。

  • 必要十分な睡眠時間を知るには、寝つきと目覚めが良く、起きてからも活動的に過ごせた日の睡眠時間を、何回か記録してみることが有効。緊張している平日とリラックスできる休日では必要な睡眠時間が異なることがあるので、この2つは分けて記録します。
    出典 :2/2 寝過ぎは逆効果? 長生きできる最適の睡眠時間とは [睡眠] All About
     

    良質な睡眠は日々の記録と自分の睡眠時間の理解から。

  • 朝、太陽を見る事によって私たちの体内にある時計がリセットされ正しいリズムになります。人間の身体は不思議な事に、27時間周期になっているのですが、太陽の光は目を覚ますばかりではなく体内時計をリセットして24時間のリズムに直す効果があります。
    出典 :http://www.happy-genki.com/simple_sleep.html
     

    朝日を浴びれば、体内リズムが整います。

  • 朝は、目覚まし時計が鳴ったら、1回で起きましょう。スヌーズを使ったり、たくさんの目覚まし時計をかけたりすることは、睡眠の質を悪くする元。布団の中でグズグズしていては、人生の大事な時間を無駄にしてしまうと、危機感を持ってください。

    目を開けたらすぐ、掛け布団を跳ね飛ばすと、寒さで目が覚めます。あの西郷隆盛さんもやっていた、薩摩式の目覚まし法です。そして、部屋の明かりをつけカーテンを開けて太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされます
    出典 :2/2 寝過ぎは逆効果? 長生きできる最適の睡眠時間とは [睡眠] All About
     

    朝起きたら、一度で起きる!

  • 睡眠はいつも同じ時間に寝て、同じ時間に起きる事により身体の中に正確なリズムが生まれます、毎日バラバラの時間に起きたり寝たりしていると、身体がその変化に対応しきれず、「疲れが取れない」 「寝た気がしない」 などの症状が表れます。毎日、規則正しく睡眠を取ることで1日に対する活力が全く違います。
    出典 :良質な睡眠をとろう!
     

    規則正しい睡眠をとることで、活力が変わってきます。

  • 笑い
    不眠の最大の敵はストレスです。笑いにはストレスを発散させる効果があります。笑うとβエンドルフィンと呼ばれるホルモンが分泌され、ストレスを軽減します。愛想笑いでも効果はあるようです。余談になりますが、βエンドルフィンは免疫能力を高め、がん細胞を攻撃する手助けにもなりますから、風邪、インフルエンザ、がんなどの予防・治療になります。
    出典 :http://www.atempo-web.com/remake/102.html
     

    不眠には笑いが有効なんですって。

  • カラダを温めるとリラックスの自律神経「副交感神経」が優位になります。また睡眠時、体温は低くなりますが、入浴で上がった体温を下げようする反動で体温が低下し、そのまま睡眠へ導いてくれるという効果があります。冬の寒い時期にはタイミングをはずすと寝つく前に湯冷めで冷えてしまうことになりますから湯上りは暖かくして。また熱すぎるお風呂は「交感神経」を刺激し、かえって安眠の妨げとなりますので、適温と適度な時間を守ってください。
    出典 :http://www.atempo-web.com/remake/102.html
     

    リラックスさせるには、半身浴が効きますよ。