乾燥肌の私が試した!ワセリンの実力とは!?

木枯らしが吹いて、気候が秋めいてくる季節…。
私は乾燥が気になりだし、保湿ケアが欠かせなくなってくる時期でもあります。
今年も早速乾燥からくる痒みがやってきました。
ワセリンが良いと聞いたので、今回はワセリンの実力を試してみるべく使ってみました。
ワセリンの使い心地や感想をまとめてみたいと思います。

view403

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • ハリウッドセレブも愛用しているワセリンとは!?

  • ワセリン…昔からある保湿クリームの名前です。
    私も聞いたことがありましたが、何だか今まで縁がありませんでした。

    毎年秋から冬になると乾燥が気になってケアを始めるので色々調べていたら、ワセリンの保湿力が半端なく、その使い心地にハリウッドセレブをも魅了していると聞いて是非試してみたくなりました。

    それではまず、ワセリンがどのようなものなのかお話したいと思います。

  • ★ワセリンはこういうクリームです★

     

    《ワセリンの原料》
    ワセリンは石油を蒸留して残った油を、さらに精製して不純物を取り出したものです。
    石油と聞いて驚いてしまう方もいるかと思いますが、肌への刺激が少なく・酸化しにくい・無香料・無着色のクリームです。

    《ワセリンの効果》
    肌を保護する力が高く、アトピー性皮膚炎や赤ちゃんのおむつかぶれなどにも使われています。
    肌の内部に浸透していかないので、副作用が起こりにくく皮膚表面の保護に最適です。

  • 実際にワセリンを使ってみた…

  • 乾燥肌の私が決まって悩まされるのが、すね部分のかゆみです。
    乾燥からくるのか、かゆみと共にプチプチとした発疹も一緒に出ます。

    かゆいからと言って掻いてしまうと血が出てしまったり、掻くことを止められなくなってしまうので早めの対処が必要です。

    今回はいつも使っている、お気に入りの保湿クリームのみ・ワセリン+保湿クリーム・ワセリンのみで実験してみました。

    さあ、気になる結果は以下の通りです。

  • ★検証結果はこんな感じです★

     

    ①お気に入りの保湿クリーム…こちらはいつも主に顔と体に使っています。
    かなりしっとりしていて、今までで一番気に入っているクリームです。

    こちらを使うと一時的にかゆみは止まるものの、また温度差があったり乾燥したりすると再びかゆみがぶり返してきました。

    ②ワセリン+お気に入り保湿クリーム…ワセリンのべたつき具合とクリームの若干の水っぽさが相まって、伸びが良くちょうどよい着け心地のクリームになりました。
    ワセリン1:保湿クリーム1.5の割合がちょうど良いです。

    きちんと肌表面が保護されたのか、ぶり返すかゆみが無く症状が治まりました。

    ③ワセリンのみ…これは伸びが悪く、べたついてしまって着け心地が悪かったです。
    好みの感じではなかったので、すぐに止めてしまいました。

  • 以上を踏まえると、私のおすすめは圧倒的にワセリン+保湿クリームです。
    ワセリンよりも少しサラッとしたクリームを混ぜると伸びが良くなりますので、是非試してみて下さい。

  • ワセリン使用上の注意

  • 医療現場など、多くの場所で用いられているワセリン。
    安心安全なクリームではありますが、使用するに当たって覚えておきたい注意事項があります。

    正しい使い方で、健やかなお肌を目指しましょう。

  • ★覚えておきたい注意点★

     

    ワセリンには副作用があるといわれています。
    副作用と言うと大袈裟かもしれませんが、使用する上で押さえておきたい注意点です。

    《気をつけよう》
    ・塗り過ぎは逆効果…お肌に塗り過ぎることによって、それを落とす時にゴシゴシ洗うなどをすると返って乾燥を招きます

    ・紫外線に気をつける…油やけを起こす可能性もありますし、肌が黒くなったり・シミの原因にもなります。
    長時間外出することが分かっていて紫外線にさらされる可能性がある場合は、ワセリンの使用を止めましょう。

    ・乾燥している部分だけに薄く伸ばしましょう…顔全体に塗ったりクリーム代わりとして全身に使うことはしない方が良いとのことです。
    お肌の呼吸や自己回復機能を妨げる場合があります。

  • ワセリンを上手に活用して、乾燥の季節を乗り切りましょう!」