花粉症の人必見!目尻のかゆみを抑える方法は?

花粉症などの理由から目尻のかゆみが出ることがあります。
このようなかゆみには、どんな対策が効果的なのでしょうか?
また、かゆみを抑えるためには日常生活の中で予防を心がけることも大切です。
目尻のかゆみに効果的な対策・予防法をまとめました。

view37

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目尻のかゆみ、最も大きな原因は花粉症!

  • 目の痒みはまつげに付着した花粉が大きな原因の1つです。
    出典 :目のかゆみ対策・予防
     

    目尻のかゆみと聞いて真っ先に思い浮かべるのが花粉症ですよね。
    とにかくツライかゆみに毎年悩まされている人は少なくないはずです。
    花粉症は年々増加しており、その原因として食生活の欧米化や生活習慣の乱れなどが挙げられています。
    まさに花粉症は現代病とも言える病気でしょう。
    花粉症の原因となる植物はたくさんあり、中でも最も知られているのがスギ花粉です。
    それ以外にも、ヒノキ、ブナ、イチョウ、マツ、イネ、ブタクサ、ヨモギなどがあります。
    どれも身近にある植物なので、花粉症の人は対策を徹底する必要があるのです。
    花粉症の季節と聞くと主に春をイメージする人が多いのではないでしょうか。
    確かに春は1年のうちで最もスギ花粉がピークになる季節です。
    しかし、植物によっては秋にピークをむかえたり、1年中飛散しているものもあるのです。

  •  

    花粉症以外にも目尻のかゆみの原因となるアレルギーがあります。
    それは、ハウスダストです。
    ハウスダストとは、室内にあるチリやホコリ、カビ、菌などを指します。
    また、ダニやゴキブリの死骸、食べかす、糞も含まれます。
    このようなハウスダストは、目には見えませんが室内に充満しているのです。
    敏感な人は、このようなハウスダストに反応して目尻のかゆみなどの症状が表れてしまうのです。
    特にハウスダストが溜まりやすいのは、布製品です。
    カーテンや布団、カーペット、クッションなど布製品はハウスダストが溜まらないように注意したいですね。

  • 目尻のかゆみを抑えるためには?

  • 部屋をまめに掃除し清潔に保つ
    出典 :目のかゆみ 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    目尻のかゆみ対策として欠かせないのが、掃除です。
    特に前述した布製品の除菌はこまめに行いましょう。
    中でも布団は温かく湿度も高いためダニが繁殖しやすいと言われています。
    こまめに天日干しするか布団用の掃除機をかけて清潔な状態を保ちましょう。
    花粉症の時期は特に部屋の花粉を排除する必要があります。
    空気清浄機を利用して室内の空気もキレイにしたいですね。

  •  

    花粉症対策に効果的なグッズはたくさん販売されています。
    外出する時にはそれらを上手に活用しましょう。
    花粉症対策には眼鏡やマスクが効果的ですが、一般的なものを使うよりも専用の眼鏡や専用のマスクを使った方がより効果は高まります。
    また、帽子や服の素材にも注意しましょう。
    ウールやニット、ファー素材は花粉が付きやすくなってしまうため適していません。
    ナイロンやポリエステルであれば花粉が付きにくく、室内に持ち込む花粉の量も軽減することができるでしょう。
    このような花粉症対策グッズで目尻のかゆみを抑えることができます。

  • 花粉症の目の痒み対策としては、目薬、洗眼薬を使って目をすっきり洗浄することが一般的です。
    出典 :目のかゆみ対策・予防
     

    目尻のかゆみを何とかしたい場合には、応急処置として目の洗浄をしましょう。
    よく花粉症の人は「目を取り出して丸洗いしたい」なんて言いますが、目の洗浄をすることで目やまぶた、まつ毛に付着した花粉が除去されかゆみも少々治まります。
    しかし、目の洗い過ぎには注意が必要です。
    あまりにも目を洗い過ぎてしまうと、目に必要な栄養分まで洗い流してしまいます。
    洗眼の目安としては、洗眼薬の注意点をよく読んで下さい。

  •  

    応急処理として、冷やしタオルを目に当てることも効果的です。
    目を冷やすことで目の炎症を抑えることができ、かゆみも軽減されます。
    しかし、このような方法はあくまでも一時的な効果に過ぎません。
    しばらく経つと、再びかゆくなることも考えられます。
    そのため、花粉症の場合は眼科でしっかりと診察してもらい専用の目薬で症状を抑えることが望ましいでしょう。