どう防ぐ?パソコンによる目の疲労

パソコン作業おwしているとついつい瞬きが減って目が疲れてしまいますよね。ここではそんなPCによる目の疲れの対処法について考えます。

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • パソコンは目が疲れる!

  • パソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。このように画面を見て操作する必要のあるパソコンなどは、必要以上に目を酷使するため、VDT(Visual Display Terminal)ストレスといわれています。
    出典 :目の疲れ(疲れ目)- 目の症状セルフチェック|参天製薬
     

    VDT(Visual Display Terminal)!そんなものもあるんですね。

  • パソコンをやると目が疲れる理由

  • パソコンの画面は画素という小さな点の集まりです。この画素が非常な速さで点滅して画像をつくっているため、目は常にチラチラした光の刺激にさらされることになります。また、光が反射して画面に映り込むと目に負担がかかります。また、キーボードを長時間、同じ姿勢で打ち続けると、首や肩の筋肉が疲労してきます。また腰にも負担がかかります。
    出典 :眼精疲労 | 大阪市中央区の眼科 スガオ眼科:ドライアイ・眼精疲労・コンタクトレンズ処方
  • 目への負担を減らすには?

  • 1.モニターは15度、後方に傾ける
    2.室内の灯りはやや暗くする
    3.文字の色と画面の色を1:3に近づける
    出典 :目が疲れないパソコン設置法 | 眼精疲労.com
     

    他にも色々あります。方法としてとても具体的なのでかなり参考になりますね。