肌荒れの原因と肌荒れ時に効果的なスキンケアについて

みなさんは、肌荒れをした時にどんなスキンケアをしていますか?
スキンケア方法は人それぞれ違いますが、どんな方法が正しいのでしょうか?
肌荒れの原因と肌荒れ中の弱った肌に効果的なスキンケアについてまとめました。

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肌荒れの原因は何?

  • 肌荒れの原因として、ストレスや生活習慣の乱れが挙げられます。
    仕事やプライベートでのストレスはもちろんですが、肌にとってのストレスはこれだけではありません。
    気温の変化や空気中のホコリ、有害なガスなども肌への大きなストレスとなってしまうのです。
    また、生活習慣の乱れは肌に大きく関係していると言えます。
    高カロリーなものばかり食べているとニキビができやすくなり、無理なダイエットで栄養不足になっていると肌はカサカサになってしまいます。
    そのため、美容のためにも日頃からバランスの取れた食生活を意識することが大切なのです。

  •  

    肌荒れの原因には、外からの刺激も大きく関係しています。
    例えば、間違ったスキンケアや自分の肌に合わない化粧品を使うことによって肌荒れになることもあります。
    特に、新しいスキンケアアイテムや化粧品を使う際には気を付けたいですね。
    必ずパッチテストをしてから使い始めましょう。
    また、今まで使っていた化粧品が急に肌荒れの原因となることもあるようです。
    それ以外にも、冬の乾燥や夏の紫外線といった刺激も肌荒れの原因となります。
    夏は夏に合わせたスキンケアを、冬は冬に合わせたスキンケアをそれぞれ行いたいですね。

  • 肌荒れの原因には、ホルモンバランスも大きく関係しています。
    女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンがあり、このうちプロゲステロンは肌荒れの原因となってしまいます。
    生理前に肌が荒れる人が多いかと思いますが、これはプロゲステロンの分泌が増えるためだそうです。
    生理が終わり、排卵日付近になると逆に美肌ホルモンとも呼ばれるエストロゲンの分泌が増えます。
    このようなホルモンバランスの関係から、生理前は特にスキンケアに力を入れる必要があるでしょう。

  • 肌荒れ時のスキンケア

  • 肌荒れの対処法を人に訊ねてみると、実に様々。
    すぐに病院に行く、使っている化粧品を全部取り替えてみる、怖いから何もつけない、それとは逆にいつもより多めにつける、とにかく多めに寝る、といった様々な答えが。
    出典 :肌荒れ対策 肌荒れのときのスキンケア | エイジングケアのビューティバンク
     

    このように、人によって肌荒れ時のスキンケア方法には大きな違いがあります。
    肌荒れ時に間違ったスキンケアを行ってしまうと、症状は更に悪化してしまいます。
    場合によっては皮膚科のお世話になってしまうこともあります。
    そうならないために、肌荒れ時の正しいスキンケア方法を知っておきましょう。

  • 肌荒れのときでも保湿はしっかり!
    肌の乾燥は百害あって一利なし。肌が荒れた状態だからこそ保湿が欠かせません。
    出典 :肌荒れ対策 肌荒れのときのスキンケア | エイジングケアのビューティバンク
     

    肌荒れの時は肌が弱っているから何も付けない方が良いのでは?そう思っている人も居るかも知れません。
    しかし、肌荒れしている時でもスキンケアは怠ってはいけません。
    スキンケアを怠ってしまうと肌は更に乾燥してしまいます。
    ただし、肌荒れしている時のスキンケアはなるべくシンプルに保湿だけを心がけましょう。
    この時に重要なのが、低刺激の保湿剤を選ぶことです。
    肌荒れしている肌の状態は、とても敏感になっています。
    そのため、刺激の強いスキンケアをしてしまうと余計に症状が悪化してしまうのです。
    絶対に、肌にしみるスキンケアアイテムを使ってはいけません。
    肌にしみていると、肌に浸透しているような気持ちになる人も居るかと思いますがそれは間違いです。
    しみているのは、肌がそのスキンケアアイテムを拒んでいる証拠なのです。
    そのため、今まで使っていたスキンケアアイテムがしみるならば、低刺激のものに買い替えることが望ましいでしょう。

  •  

    肌が荒れてしまうと、それを隠そうとメイクをしっかりと行う人がいます。
    しかし、これは肌荒れを悪化させる原因なのです。
    肌荒れが治るまでは、できるだけノーメイクで過ごすことが望ましいでしょう。
    しかし、肌荒れしていても紫外線対策だけはしっかりと行わなければなりません。
    一般的な日焼け止めクリームには肌に刺激の強い成分が含まれていることが多いため、荒れている肌には相応しくありません。
    そのため、肌荒れ時には低刺激な日焼け止めクリームが適していると言えるでしょう。