どんな事に気をつける?「妊娠と食事」ここがポイント!

妊娠と食事について情報を一挙公開!知っておきたい妊娠中の食事について知識を付けておきましょう。普段の食生活から変えて行く事が出来るはずです。普段気をつけてない所でも妊娠をきっかけにちょっとした変化をあたえてみて!

view40

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • それほど神経質にならなくて大丈夫

  • 妊娠中の食事はバランスよく摂取できていれば、それほど神経質になる必要はありません。本来は、体が必要とするものを欲するはずなので、食べたいものだけを食べるのでいいはずですが、偏食や過食もあり、現代では適切とはいえないでしょう。
    出典 :妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    現代では食の欧米化が進んでおり、偏った食事を摂る人も少なくはないようです。例えばファーストフードがありますよね。あのようなものはどうしても栄養が偏ってしまうのです。また、それに加えて基本的に~の素で作る食事がありますよね。あれも簡単ですが、同じものになりがちになるので注意したいですね。

  • ところで

     

    妊娠中に必要な栄養素は把握していますか?
    まず必要とされるのはタンパク質です。タンパク質は出来るだけ良質なものを摂りたいですよね。しかし、なかなかうまく摂取できないのも実情です。他にも必要な栄養素があります。ビタミンやミネラルだけじゃなく葉酸や食物繊維まで。そこまで考えていると食事のバランスがいかに重要か分かると思います。

  • 出来るだけ摂りすぎを控えたいのが脂質と食塩ですね。こちらは摂取量に気をつけないと簡単に過剰摂取になってしまいがちになるのです。そのあたりの知識も必要という事でしょうか。昔ながらの和食を続けている人にはわかると思いますが、現代の食事は簡単で高カロリーというものが多いです。もちろん和食も気をつけないと塩分の関係で危ないですよね。そのあたりの知識はつけておこう!

  • この知識は必要!

  • 生の魚介類で一番心配なのは、生牡蠣などに存在する「ノロウイルス」です。 近年では、耳にする事が増えたのでご存知の方が多いのではないでしょうか。 感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こします。 ノロウイルスは、下水が流れ込む河川や海に生息する二枚貝による物が最も多いといわれています。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
     

    このウイルスはかなり厄介で簡単に感染します。もちろん自分が大丈夫でも家族にそのような人がいる場合は気をつけなければいけないのです。食中毒も気をつけたいですね。少しずつ減ってきているという事ですが、意外と身近にあるものです。また、最近の人は清潔に気を取られ過ぎている傾向があるそうで、ある研究結果では昔の人と比べると現代人はかなり抵抗力が低いそうです。怖いですね。

  • お肉は美味しいですが

     

    火の通っていないお肉を食べる時に気をつけたいのが食中毒ですね。毎年ブームが来るO157が良い例かもしれません。下痢や腹痛、発熱など大変な症状ばかりなので、出来るだけしっかりと火を通して食べる事をおすすめしたいです。また、夏だけではなく冬も春も危険なので時期で判断するのは良くないですね。

  • 葉酸は大切な栄養素のひとつ

  • 日本では二分脊椎などの神経管閉鎖障害という病気が1万人に約3人の割合で出るようですが、葉酸の摂取で発症のリスクが低減すると言われていて、妊娠の可能性のある女性は1日0.48mg(2009年に0.4mgから改定)以上を食物かサプリメントで摂ることが勧められています。
    出典 :2/6 妊娠中の食べ物・飲み物の疑問 [妊娠の基礎知識] All About
     

    葉酸を摂る理由としては葉酸が赤ちゃんの為に良いからなのです。リスクが減るのがありがたいですよね。また妊娠の可能性のあると書かれていますが、妊娠発覚からスタートしても遅くない様なので、その辺は安心して飲みましょうね。

  • 葉酸はサプリメントだけじゃなくて

     

    食事だけで摂る事も出来るそうですが、ホウレンソウやモロヘイヤやアスパラなどに含まれているそうなので、食事そのようなものを混ぜる事で自然に摂取できますがなかなか必要量にならないのが現状なのです。なのでサプリメントが多くの人に愛用されているのですね。物価も高いのでなかなか手を出せないという人もいるのですよ。

  • ちなみにカフェインを気にする人も多いですよね。カフェインは妊娠中控えてくださいと言われるけど、習慣になっている人からするといきなり辞めるのが難しいのです。カフェインにも習慣性があるためニコチンのように若干の依存が出来てしまうのです。そうすると中々やめられないのですが、基本的に食後に一杯飲むくらいは問題ないという研究結果も報告されているので、あまり神経質にならない方が良いかもしれませんね。リラックスの効果もあるので、妊娠で緊張しているからだには良いかも!
    妊娠と食事について色々触れてきましたが、一番なのはバランスのとれた食事とばっかり同じものを食べるというのは避けておく必要があるという事ですね。そのあたりしっかり考えてみてくださいね。