ダイエットには断然!軟水がおすすめ

ダイエットするには水分摂取も必要ですが
そんな時は軟水が一番おすすめなのです

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 軟水とはどのようなものなのか

  • 水中のミネラル濃度を示す単位が硬度で、1リットルに含まれるカルシウム(mg)とマグネシウム(mg)の総量を炭酸カルシウム濃度に換算した重量で表され、一般的に硬度60以下の水を軟水、反対に120mg/L以上の水を硬水と呼ぶ。
    出典 :【軟水】ミネラル分の少ない水~和風料理やお茶・コーヒーとの相性が良い | ダイエットSlism
     

    軟水はミネラル成分が少ないものと言えますね

  • ミネラル分の少ない軟水は、硬水に比べ、石鹸カスや水垢が出来にくい。素材の味を損なうことが少ないので、出汁を使った繊細な味付けの和風料理との相性が良く、コーヒーやお茶も本来の旨みをそのまま引き出すことができる。
    出典 :【軟水】ミネラル分の少ない水~和風料理やお茶・コーヒーとの相性が良い | ダイエットSlism
     

    料理に使う際にも便利そうですね
    ちなみに日本はほとんど水道は軟水だそうですよ

  • 目安

  • ・きわめて軟水 0~40ppm 例(南アルプスの天然水(30)など・軟水 40~80ppm 例(ボルヴィック(50)など・やや軟水 80~120ppm 例(六甲のおいしい水(84)など・やや硬水 120~180ppm 硬水 180~300ppm 例(エビアン(297.5)など・きわめて硬水 300ppm以上
    出典 :軟水と硬水の違い | 雑学記
     

    あくまで目安なので、一応参考程度にしてくださいね

  • 国でも違う

     

    日本は軟水ですが
    ヨーロッパなどは
    基本的に硬水と言われています
    その辺は知っておいて損は
    ないのではないでしょうか

  • 用途

  • ・昆布やカツオのだしをとる際にグルタミン酸等の旨味成分を引き出し、日本料理全般に適しています・炊飯も、軟水の方が美味しく炊き上がり、反対に硬水で炊飯をすると御飯がパサパサになります。・日本茶や、紅茶、コーヒー、及びウィスキー等の香りを引き出す効果があるといわれます。・赤ちゃんの調乳には硬度が0mg/Lが適しています。
    出典 :硬水と軟水
     

    こちらは軟水です

  • ・肉の臭みを抑えたり、アク汁を取りやすくするので、洋風だしをとったり、肉を使った煮物や鍋物に適してます。・また、エスプレッソの場合は却って苦みや渋みが抑えられ、まろやかになるようです。・スポーツ後のミネラル補給や、妊産婦のカルシウム補給、また便秘解消やダイエットにも役立つとされます。
    出典 :硬水と軟水
     

    こちらが一応硬水の使い道というか用途ですね
    ここまで使い分けると色々味も変わりそうな気がします

  • 美容に健康に

  • 一般的に軟水はスポーツ後などのミネラル補給には適さないとされ、ダイエットやスポーツ後の飲用にはミネラル豊富な硬水が用いられることが多い。 一方で、ミネラル分が少なく、刺激や負担が少ない軟水は、美肌・美髪、赤ちゃんなどに適しているとされる。
    出典 :【軟水】ミネラル分の少ない水~和風料理やお茶・コーヒーとの相性が良い | ダイエットSlism
     

    用途が多いのですね

  • 日本食には

     

    軟水がとても使いやすいので
    ぴったりでしょう
    しかし地域によって
    ちがうのですよ

  • 地域での違い

  • 日本の水の多くは軟水だが、地域によって硬度差があり、中には自然水が硬水の地域も存在する。 美容・健康上などの理由により、硬度を軟水に変換したい場合は、軟水器を設置することで改善が可能となる。
    出典 :【軟水】ミネラル分の少ない水~和風料理やお茶・コーヒーとの相性が良い | ダイエットSlism
  • ヨーロッパや中国の水を飲む際には、十分注意していたほうがいいと思われます。
    出典 :軟水と硬水の違い | 雑学記