不妊の可能性が【ヘアカラー】にある

ヘアカラーの成分が、不妊の原因になるかもしれないそうなのです
そんな、危険性についてまとめてみました

view540

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 毒性はあるようです

  • 毛髪、頭皮から摂取された毒物は生殖器に蓄積され女性は乳ガン、不妊、男性は精子の減少、インポテンツになる恐れがある。
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
     

    男性にも影響があるのですよ?

  • ・生殖器毒性により子宮が縮んで小さくなり、不妊の可能性を高める。
    (生殖器毒性:生殖器に対して毒性を発揮し、組織や機能に障害を与えたり、生殖器発達の妨げになる。)
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
     

    やはり不妊に関係があるそう

  • ・環境ホルモンにより、女性は乳ガン細胞を増殖させます。男性は精子が減少し、インポテンツになる恐れもあります。
    (環境ホルモン:体内で生殖などの重要な働きを担うホルモン作用を乱すもので、身体にさまざまな悪影響を及ぼすと考えられています。)
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
     

    危険性はあるようです

  • こんな記載があったよう

  • 『子宮と頭皮は繋がっていることが注目されている。
    子宮の手術をするとき、シャンプーの香りがすることや赤ちゃんが育まれる羊水、赤ちゃん自信もシャンプーの香りがついているという話は産婦人科では有名らしく、「今日はあのシャンプーの匂いだったね」と話題になるほどだそうだ。手首の皮膚を通しての吸収を1を考えると、逃避からの吸収率はその役4倍だそうだ』
    出典 :カラーリングと子宮の関係 | 天使と住む楽園 - 楽天ブログ
     

    怖いですよね

  •  

    昔の事件で、女児が子宮がんで亡くなった
    という事件があったそうです
    怖いですよね
    その子の子宮からヘアカラーのにおいが
    したという話もあったそうです

  • 様々な意見がある

  • 科学的根拠はあるのでしょうが所詮 確率の問題です
    喫煙者の肺がん率が高い、のように確率統計的に基づいたものでも
    なる人はなるし ならない人はなりません あくまでも確率が高いというだけのことです
    あくまでも机上の空論です
    出典 :ヘアカラーの危険性について。子宮ガンの原因ときいたが・・? | ヘアケア・ヘアスタイルのQ&A【OKWave】
  • パーマ、カラーリング、どちらも危険性はないでしょう。
    猛毒性があれば、皆さん死んでしまっていますよ。
    ネットの情報に左右されないようにしましょう。
    出典 :卵巣・子宮とカラーリング・パーマの関係 - 卵巣の病気 - アスクドクターズ
     

    こんな医師の意見もあるようです

  • 実験もされているが・・・・

  • 結果を踏まえたうえで、今度は東海大学医学部の研究グループと共同でマウス実験を行った。細胞レベルではなく、実際の生体への影響を確認するためだ。具体的にはマウスにヘアカラーを塗り、経過観察を行い、その結果、判明したのが子宮全体の収縮だった。
    出典 :茶髪ブームに専門家が警鐘 女性セブン 第27号(7月25日)
     

    一概に全て悪いと言えませんが、こんな実験があったそうです

  • 毒性は農薬よりひどい

  • 20ccで致死量になります(ヤクルトの容器が36ccですから約その半分)。
    農家の方が農薬を散布する場合に、完全防備で行うのに対し、農薬より毒性の強いカラーリング剤を直接髪、頭皮に塗るわけですから髪、体に対するダメージは容易に想像できます。 理容師、美容師はカラーリング剤を塗るとき、手に薬液が付かないように手袋をするのに、それをお客さんの髪、頭皮に直接塗るのはおかしいと思いませんか
    出典 :カラーリング剤はものすごく危険!
     

    すごいですよね。・・・・

  •  

    安全性が確認できている物も
    あるという事ですが、不妊の原因になるなら
    ヘアカラーは避けたい所です
    しかし、確率は低確率なので
    他の不妊治療をさきがけする事も
    大切といえるでしょうね