少しでも早く妊娠を知りたい!「妊娠と着床出血」

着床するとは、どんな事なのでしょう?妊娠と着床出血についてまとめます。大事な妊娠のサインを詳しく知っておけば、せっかく授かった赤ちゃんをいち早く大事にしてあげられます。判定薬もまだ使うには早いので、是非読んでください。

view506

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 着床とは

  • 受精卵が細胞分裂を繰り返し子宮にたどり着くと、受け入れ態勢を整えて いた子宮内膜の一箇所に取り付きます。そして、徐々に潜り込んで根を下ろし、母体としっかり結びつきます。これが着床で、排卵から7~11日後に着床が完了します。なお、この着床をもって妊娠の成立となります。
    出典 :着床とは?・・・「妊娠の基礎知識」
  • 着床した受精卵から胎盤が形成され始め、中期に向かって徐々に形作られます。
    受精卵からは絨毛と呼ばれる細い枝のようなものが伸び始めこの絨毛が子宮内膜に入り込み、栄養を吸収していきます。
    すべての受精卵が着床するわけではなく着床しなければ妊娠は成立しません。

  • 着床出血はなぜ起こるか?

  • 子宮の壁の粘膜から内側に向けて絨毛が根を張るために、子宮壁を絨毛が溶かすと言われています。このときに粘膜にある血管が破れて、着床出血を起こすと言われています。
    出典 :なぜ妊娠して出血!?着床出血が起きる原因とは -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    不正出血と間違われたり、生理が始まったと勘違いする人もいるようです。

  • 着床出血がある時期

  • 排卵日から1週間後~生理予定日の前後とされています。しっかりした日数が決まっている訳ではなく人によって時期が異なり、平均的には生理予定日の2日前に出血が起こる人が多いようです。
    出典 :着床出血について
  • 急な出血で驚く人もいますが、妊娠を望んで、把握している人は嬉しい驚きになります。
    出血がなくても、しばらくすれば判定薬で調べることもできます。
    受精卵が子宮内膜に到達するまで、一週間ほどかかります。通常の生理が始まる時期とかぶるため、整理と勘違いしやすいです。

  • 着床出血の注意点

  • 子宮外妊娠の可能性

  • 着床出血だと思っていたらなかなか止まらない、痛みが続く場合は、子宮外妊娠の可能性もあります。
    受診をおすすめします。

  • 切迫流産の可能性

  • 妊娠の初期、子宮内の粘膜は、胎嚢が入り込んでいく過程にあり、常に出血状態にあるといえます。血は、子宮内部で処理されているのですが、これがうまく吸収されない場合、外に出血となってあらわれるものもあります。出血の量が多いほど、切迫流産の危険が高くなります。痛みを伴います。
    出典 :妊娠初期の出血の原因
  • その他、びらん、ポリープ、胞状奇胎などの可能性もあるので、痛みが伴う場合や出血が止まらない場合は受診してください。

  • 着床出血があると流産しやすい?

  • この出血は、受精卵・妊卵・胎児の異常によるものではなく、したがって少量で4-5日以内であれば、流産が起こりやすくもなく、その後の経過は正常に行くはずです。このような出血がある妊娠は、全体の1-2%と推測されています。
    出典 :三宅婦人科内科医院“一般婦人科疾患”
  • 子宮内の多くの出血は体内で吸収されますが、量が多いと体外に出てきます。この出血が妊娠初期におきても安静にする事で落ち着く事もありますが、妊娠15週ぐらいで胎盤が出来上がるまで続く事もありますので、特別な処置はありませんが安静にする事が必要です。
    出典 :妊娠したら 妊娠初期 出産マニュアル:着床出血 - livedoor Blog(ブログ)
  • 生理との違い

  • 着床出血と整理の違い

     

    着床出血と生理を確実に見分ける方法は少ないです。一般の人が見分ける方法として、基礎体温を測るか妊娠検査薬で妊娠を確認することぐらいです。なかなか難しいので、しばらくしてから、妊娠判定薬などで確認してください。