速報:新発売「AppleWatch」で健康管理!新機能の最新情報(※随時更新)

iPhone6やiPhone6 Plusに続き、Apple社は初めて「身につける製品」を発表!iWatchとも呼ばれていますが正式名称はAppleWatch。豊富なカラーやデザインも気になりますが、なんといっても気になる最新機能をまとめました。

view777

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • フェイスデザインは3種類

     

    【1】標準モデル・・・ステンレス製
    【2】スポーツモデル・・・アルミケース
    【3】Editionコレクションモデル・・・18金フレーム

  • ベルト(ストラップ)も選べるから、34パターンも楽しめる!

     

    標準モデル用に6種類、スポーツモデル用に4種類、Editionコレクションモデル用に5種類が用意されているとのこと。
    しかも、ワンタッチで簡単に付け外しできるみたいですよ!

  • しかも、2サイズ選べる。

     

    縦38mm・縦42mmの2タイプがあるので、自分に合った手首のサイズを選択できます。

  • AppleWatchは、健康とフィットネスの賢いパートナー

  • 身につけている人の運動量を記憶して、健康アドバイスをしてくれる

     

    新型AppleWatchには、ベルト部にセンサーが搭載され、身につけている人が日常的にどんな動きをして過ごしているのか記録してくれます。

    歩数、動きの質・頻度などを時間帯別に記録し、目標の設定も可能。

    「座っている時間を減らして、もっと運動した方が良いですよ」などアドバイスもしてくれる。

  • 新機能「ハートビート」

     

    2本の指を画面に押し当てて、心拍数を計測。
    計測した心拍数は送信することも可能です。

    健康管理のためだけじゃなくて、誰かに「心の中のドキドキ」を伝える新しいコミュニケーションツールにもなるかもしれませんね。

  • 消費カロリー/エクササイズ時間/席を立った頻度を3色で表示

     

    AppleWatchには「アクティビティアプリケーション」という機能が搭載されていて、日々の動きをシンプルにグラフィック表示してくれます。

    ○ピンク:消費したカロリー量
    ○イエローグリーン:活発に動いた時間(分表示)
    ○ライトブルー:休憩するために席から立ちあがった頻度

    毎日このリングを完成させることが、健康状態を保つための目標になるようです。楽しそう!

  • 「ワークアウトアプリケーション」がすごい

     

    有酸素運動中に役立つのがこの機能。

    時間、距離、カロリー、ペースなどのデータをなんとリアルタイムで表示してくれるそう。

    他にも、「ゴール」機能で目標を設定すれば、どこまで到達したか「リマインダー」機能でAppleWatchが報告してくれるし、ゴールしたときは「アチーブメント」機能でAppleWatchがお祝いもしてくれる。

  • AppleWatchのデータは、モチロンiPhoneでも見れる。

     

    日々の動きの様子はiPhoneでもチェック可能。

    運動の履歴、トレーニング内容、日別、週別、月別の達成記録が表示される。

  •  

    こちらがiPhoneでの画面(画像は月別のアクティビティログ)。
    見やすい。

  •  

    AppleWatchでの週別サマリー確認画面。

  • 高機能のヒミツは、時計裏にある4つのセンサー

     

    このセンサーによって、幅広い種類の動きを計測できるようです。

    ○全身の動き・・・加速度センサーで測定
    ○心拍数、運動強度・・・特別なセンサーで測定
    ○移動距離・・・GPSとWi-Fi

  • 誰もが「手軽」に「カンタン」に「毎日」使える新しいデバイス

     

    1日中使えるフィットネストラッカーの役割と、高度な酢ポーチウォッチが一体化しているので、スポーツ好きな人はもちろんのこと、普段あまり運動をしない学生・社会人・主婦の人たちも手軽に運動強度を計ることができますね。

  • 結論。欲しい。

  • 腕時計をはるかに超えた存在。

     

    どうすればよりアクティブで健康な毎日をおくれるか、あなたのために休まず考えてくれるパートナーがAppleWatchです。

    発売は2015年初頭だそうです。