チョコレートを食べて美肌になる!

「にきびが出来るから・・・」って敬遠されてました。でも、チョコレートを食べて美肌になれるんです。

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • にきびの原因にはならない

  • 大好きなチョコレート、でも、にきびが出来るから控えめにしてたのに、本当は食べても大丈夫だった!?

  • チョコレートの原料は「カカオマス、ココアバター、ミルク、砂糖」です。この中でもカカオマスとココアバターには、脂肪分が多く含まれています。
    そのため「チョコレートを食べると、顔の毛穴には皮脂が溜まってにきびができやすい」と言われるようになりました。
    出典 :チョコレートでにきび発生 | にきびスッキリ事典
  • 1ヶ月間チョコを食べ続ける実験を行った結果、顔の皮脂は5人中3人が増え2人は減りました。
    チョコ成分を含んでいないお菓子を食べたグループとチョコばかり食べるグループでは、皮脂の変化は見られませんでした。

  • 米国の調査では無関係は実証済み

    米国政府の研究機関や大学でも、食品とにきびの関係は分析済みであり、いずれも「チョコレートとにきびは無関係」という結論に達しています。
    出典 :チョコレートでにきび発生 | にきびスッキリ事典
  • にきびの原因はストレス

  • チョコとニキビの関係は、ストレスにあったようです。

  • 肌が荒れるときにチョコレートを食べる

    チョコレートがにきびの原因になった理由は、にきびができやすいときに「チョコレートが食べたくなる傾向」があるという報告もあります。つまり、肌が荒れやすかったり、にきびができるときにチョコレートを食べてしまうということです。
    出典 :チョコレートでにきび発生 | にきびスッキリ事典
     

    女性の場合も、ホルモンバランスが崩れてイライラしているときにチョコを食べたくなる。
    「食べた→出来た」ではなく、「バランスが崩れた→ニキビができる時期」=「チョコが食べたい」
    とゆうことです。

  • 美肌県2位の石川県はチョコの消費量が第1位!の事実

  • 「石川県は昔から和菓子を中心とした菓子文化が根付いています。甘い物好きが多いのか、総務省の家計調査によると’12年のチョコレート消費量ランキングで石川県は1位の7千838円でした」(県庁の広報公聴室)
    出典 :石川県が美肌県グランプリ2位の秘密は“チョコと蟹”(今週の町ネタ) - 女性自身[光文社女性週刊誌]
  • 「チョコレートの原材料になるカカオに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が大きいのでしょう。カカオには赤ワインの2倍ものポリフェノールが含まれていて、肌荒れや老化のもとになる活性酸素を退治します。カカオは種子なので、貧血を予防する鉄分や、肌のバリア機能を回復するマグネシウムなど、ミネラルの宝庫でもあります」
    出典 :石川県が美肌県グランプリ2位の秘密は“チョコと蟹”(今週の町ネタ) - 女性自身[光文社女性週刊誌]
  • 他にもある!チョコレートの美容効果!

  • ■エイジングケアに役立つ
    チョコレートに含まれる代表的な成分カカオ・ポリフェノール。この含有量は、何と赤ワインの2倍以上もあります。このポリフェノールには、肌の老化を引き起こす活性酸素を除去し、ストレスを緩和させる作用もあることから、アンチエイジングを目指す方にとっては注目の成分です。
    ■代謝が上がり、肥満指数が下がる
    チョコレートと美容の関係については昔から研究が進められてきましたが、カカオに含まれるエビカテキンが代謝に作用する成分であることが判明しました。また、「チョコレートを普段からたしなんでいる方ほど、肥満指数が低い」といった発表もあり、今後も目が離せない成分です。
    出典 :ちょっと意外なチョコレートの美容効果 | 美肌レシピ
  • ■リラックス作用がある
    チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールには、精神的ストレスに対する抵抗力を強め、苦み成分であるテオブロミンには、興奮を鎮め、リラックスする作用があります。

    ■虫歯を防ぐ働きがある
    意外に思われるかもしれませんが、チョコレートに含まれるカカオパウダーには歯周病予防や抗菌作用があり、虫歯ができにくくなる作用があるのです!最近では寝る前に食べるチョコレートも販売されています。ただし、市販のチョコレートを食べても虫歯ができないわけではありませんので注意してください
    出典 :ちょっと意外なチョコレートの美容効果 | 美肌レシピ
  • どんなチョコがいいのか??

  • ポリフェノールの一種、カカオ・ポリフェノールが含まれているチョコレートは抗酸化効果が期待出来たり、リラックス効果のあるテオプロミンによって神経を鎮静させる作用があったりと食べ方によっては美肌効果も見込めます。ボンボンなどの糖分や乳脂肪分の多いものではなく、なるべくカカオ分の多いもので、シンプルなタブレット等を少量ずつ食べるのがおすすめです。
    出典 :朗報!チョコレートを食べてもニキビは出来ない!? 美肌づくりに活かすコツ | Life & Beauty Report(LBR)
  • カカオ70%がおすすめ!
    ナッツが入るとますます美肌効果が。でも、油脂分が多くなるので注意です。
    カカオ70%以上だと、食欲を抑える効果もあり、ダイエットにも効果ありとの報告があります。

  • 食欲を抑える効果
    チョコレートをゆっくり口の中で溶かして食べると、食欲の衝動が抑えられます。好きなチョコレートを食べられるので、炭水化物を制限するのが苦になりませんでした。
    出典 :ポイントはカカオの含有量70%以上のチョコレート! [食事ダイエット] All About
     

    あくまで適量を守ってね。

  • カカオ70%のチョコ

     

    他にももっと高い%の物もあります。
    上がっていくほど苦味があります。
    おこちゃまには無理かも。