避妊にアフターピルを活用しまさかの失敗に備える

万が一避妊に失敗してしまったとき、焦ってパニックに陥ってしまうことも少なくありませんが、避妊にアフターピルを使って回避できることがあります。
避妊具を使用する等の心がけは常に持っておくべきですが、不測の事態が起きてしまった場合には活用しましょう。

view221

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 意外と広まっていない緊急避妊法

  •  

    万一避妊に失敗したとき、後から服用することで効果を示すアプターピルの存在を知らない方も多いようです。

  • アフターピルとは

  • アフターピル自体を知らない人がいそうなので一応!アフターピルとは、緊急避妊薬のことです!!!避妊に失敗してから72時間以内にのめば有効なお薬です!詳しくは他のレポを!!! #アフピルレポ
     

    72時間=3日以内に服用すればOK。焦る前に病院で処方を。

  • アフターピルは、避妊に失敗したときに服用する、女性ホルモン剤いわゆる『ピル』のこと。飲むことで、排卵を遅らせたり子宮内膜への着床を阻害したりする効果があります。

    定期的に飲むことで、排卵を抑制する低容量ピルとは違い、中容量ピルを使用し、ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮するものです。
    出典 :実はこんなにリスキーだった!アフターピル体験談【前編】
     

    急激にホルモンバランスを変えて妊娠を回避するため、多少の刺激は覚悟しなければならないようです。

  • 副作用に注意

  • あとアフターピルは相当身体に負担かかるので吐き気止め(ナウゼリン)も一緒に処方して飲まないと吐いちゃうと避妊効果がなくなりますよ^~^
     

    副作用で吐き気を伴うことがあるそう。吐いてしまうと意味がないので、病院でしっかり処方してもらった方がよさそうです。

  • 緊急避妊ピルを服用しますと、一時的ですが気持ちが悪くなったり、吐いたりする場合があります。時には、頭痛、めまい、腹痛、乳房緊満などが起こることもあります。ただし、これらの副作用は24時間以上継続することはありません。
    出典 :緊急避妊・アフターピル/産婦人科/東京都足立区葛飾区亀有駅/長門クリニック/小児科/
     

    副作用が出ても持続はしないそう。緊急を要する避妊ですから、少しの間の我慢ですね。

  • 副効用にも注目

  • 「ピルの効果は避妊だけではありません。ピルイコール副作用というのは50年前の話」室蘭市立室蘭総合病院・太田雄子医師。①生理痛が軽くなる、②出血が少なくなる、③周期が整う、などの副効用もあると言う。ピルの処方(保険外)は初診時が5775円、再診は3150円。アフターピルは2万1千円
     

    上記のような副作用が気になるピルですが、メリットもあるとはぜひ覚えておきたいところです。

  • また、子宮内膜症の予防・病巣進行の停止、子宮体がん、卵巣がんのリスク軽減なども期待できる。
    抗アンドロゲン(男性ホルモン)作用を利用したニキビ治療[4]、ムダ毛が薄くなる[5]、黄体ホルモンの連続服用による乳房膨満でバストアップする[6]等、美容に関する副効用もあるとされる。
    出典 :経口避妊薬 - Wikipedia
     

    避妊以外の用途に使用するのは危険が伴いますが、ちょっと気になる副効用です。

  • 性病の危険性

  • アフターピルは、スキン無しで性交渉した時の避妊方法として、割と一般的ですが、避妊率100%では無いので、過信しすぎない様に。 さらに、この方法では性病予防等は、全くできませんので注意して下さい。
     

    油断していると後々大変な目に逢います。避妊具なしの性交には常にリスクが伴うことを忘れてはいけません。

  • 特に排卵期前に服用した場合は、排卵が遅れることが多いため、
    服用後の性行為で妊娠が起こり得ます。

    生理が来るまでは避妊は必要です。
    出典 :アフターピル|性病検査・性病の症状を現役スタッフが詳しく解説します
     

    服用と性交のタイミングでも効果が変わってくるということのようです。

  • アフターピルは、望まぬ妊娠を避けるために活用すると効果を発揮する薬ですが、正しい用法を守って安全に使用するべきです。

  •  

    「失敗した」と思ったら、まずは産婦人科でアドバイスを受けましょう。