流産が心配!!生理と妊娠初期症状の違い

生理と妊娠初期症状の違いって、判断するのが難しいですよね。妊娠初期症状での出血や痛みは流産の心配もでてきます。二つの違いについて、詳しくみてみましょう。

view849

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理について

  • 生理について

     

    まず、生理についてみてみましょう。

  • 女性の体は妊娠に対応するように周期的なリズムを持っています。ホルモンの分泌によって卵胞が大きくなって排卵し子宮が受精卵の生育のための準備をし子宮内膜は排卵から約2週間かけて受精した卵子が着床できる態勢を整えるため一時的に厚くなり、受精しなかった場合一時的に厚くなった子宮内膜が子宮からはがれ出血と一緒に体外へと排出されます。
    出典 :生理とは -赤ちゃんが欲しいナビ-
  • 妊娠初期症状

  • 妊娠初期症状について

     

    妊娠初期症状はいつからでしょうか?

  • かなりの個人差がありますが、生理予定日前に目立った妊娠の症状が出る人は少ないようです。一般的には、生理予定日を過ぎてからその後の1週間くらいで出始める人が多いようです。
    出典 :妊娠初期症状は人それぞれ
  • その症状は?

  • 妊娠初期症状の症状は?

     

    どのような症状なのでしょうか?

  • 最終月経1日目から妊娠3カ月の末(11週)頃までを妊娠初期と考えます。受精して子宮に着床しても、はじめの3週頃まではほとんど妊娠に気づきません。11週頃になると子宮はグレープフルーツ程の大きさになります。その間に乳首の変化や頻尿などといった、超初期症状を体験しながらやがて、つわりが始まります。
    出典 :妊娠初期症状|妊娠の兆候
  • そのころになるとドップラーという器械で赤ちゃんの心音を確認できるようになり、流産もしないで無事に妊娠が進んでいる事がわかります。赤ちゃんの体も小さいながらでき上がって顔の形もはっきりし、手足の動きも確認できるようになります。つまり受精から着床をへて脂芽と呼ばれる時期から胎児になるまでの時期か妊娠初期になります。
    出典 :妊娠初期症状|妊娠の兆候
  • 生理と妊娠初期症状の違い

  • 生理と妊娠初期症状の違いとは?

     

    二つの症状はすごくにているのですが、決定的な違いってあるのでしょうか?

  • 妊娠初期症状と生理前症状の大きな違いがあります。生理前症状が生理の予定日は又生理の開始と共に治まってくるという事に対して妊娠初期症状は生理の予定日になるにつれて症状がひどくなってくるというものです。生理の予定日をきちんと知っておくことは妊娠初期症状と生理前の症状の違いをチェックする上でも非常に大切な事になってきます。
    出典 :妊娠初期症状と生理前の違いについて
  • 妊娠をしていない時は生理の1週間くらい前に生理痛のような下腹部の痛みがあり生理が始まる前までに乳首が痛くなり乳首痛がなくなったと思ったら生理が始まる!とゆう感じでした。 妊娠をした時は『そ~いえば生理前にある下腹部痛も乳首痛もない』と思い生理が来る気がしなかったです。
    出典 :「生理症状」と 「妊娠初期症状」 の 大きな違いって どんなものがありますか・... - Yahoo!知恵袋
  • 流産の危険性

  • 流産の危険性

     

    妊娠初期の出血は流産の危険性もあるんです。
    どういうことでしょうか?

  • これらの心配する必要のない出血とは違い、すぐに処置しないといけない 危険を伴う出血もあります。強い下腹部痛と共に出血が続き、下腹部痛がおさまり、産婦人科を受診した時には すでに流産していた。ということも ありますので、出血があったり、強い下腹部痛の ある時は、すぐに産婦人科に連絡しましょう。
    出典 :妊娠初期症状〜月経様出血
  • 妊娠初期にあらわれる症状に出血することがあります。生理予定日に出血することが多く、この出血を「着床出血」「月経様出血」と言います。月経様出血とは受精卵が2週間ちかく かけて子宮に到達し、子宮に着床したときの刺激ででる出血のことと言われています。
    出典 :妊娠初期症状〜月経様出血
  • 生理と妊娠初期症状の違い

     

    私は二度出産を経験していますが、妊娠初期症状はあまり感じませんでした。基礎体温をつけていた事もありすぐに妊娠と確認できたからもあるのかな?少しの違いもよく比べて、見てみることが大切なんですね。