2人目不妊の治療について

主に治療の進め方に関する情報をまとめています。
薬・検査・原因も記載しました。

  • S 更新日:2014/03/09

view190

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 治療の進め方

  • 治療の進め方は、1人目不妊も2人目不妊もだいたい同じです。検査もたいてい1回目と同様に、ひと通り行います。ただし、産んで間もない人で、卵巣機能不全だったような人は、排卵誘発の薬を使えばスムーズに妊娠することもあるので、卵管造影などの検査を省くこともあります。
    出典 :2人目不妊|プレママタウン
  • 排卵誘発の薬

  • 【不妊相談・不妊治療】 不妊症の受診について(1): いつもお世話になっています2人目を希望し、排卵検査... http://t.co/zGJ1be3BUI #不妊 #不妊相談 #不妊治療 #妊活
  • 卵管造影検査

  • 以下に当てはまる場合は、トラブルの原因がそれなりに考えられるので、2人目不妊のときも卵管造影検査は行います。
    ・1回目の出産で胎盤が癒着や剥離を起こした人
    ・産褥熱を起こした人

  • 卵管造影検査

     

    造影剤を、膣からカテーテルを入れて子宮に注入します。

  • 卵管が正常なら、時間の経過とともに、次第に卵管の先から造影剤が腹腔に流れ出て散らばります。

  • 【不妊相談・不妊治療】 卵管造影検査後のタイミングについて(6): 不妊治療に通い始め、生理開始9日目の今月18日に卵... http://t.co/hRfypwjWT0 #不妊 #不妊相談 #不妊治療 #妊活
  • 不妊の原因が卵管にあるケースは、不妊症の3分の1から半数を占めているようです。
    1人目の妊娠で卵管が通ってうまく妊娠しても、しばらく経つとまた詰まってしまうことがあり、2人目不妊の時にも卵管造影検査をします。
    卵管造影検査をすると、卵管の通りがよくなるので、治療にもつながるという事です。

  • 初妊娠から3~4年経っている場合

  • 1回目の妊娠から3~4年経っている人の場合は、加齢によりホルモンの状態が変化している可能性があります。
    この場合、卵管造影検査とホルモンバランスを見る検査も行っていきます。
    1人目は治療せずに妊娠・出産し、その後3~4年経って妊娠しない人も、原因を突き止めるために、卵管造影検査やホルモン検査など、全検査を行います。

  • ホルモンバランス検査

  • 1人目がホルモン異常だった人は、2人目もホルモン異常になりやすいです。
    その分、薬で治療しやすいという利点があります。
    このように、原因がはっきりしている人は、もう一度検査をやり直して治療を進めていきます。

  • 加齢

     

    加齢の要因が加わると、さらに妊娠しにくくなってしまいます。
    あまり悩まずに、早めに受診したほうがいいです。

  • 女性の妊娠しにくい要因の一つとして「体の冷え」があげられています。体が冷えにより低体温となってしまうと、血の循環を妨げてしまいます。やがてそれは、免疫力の低下やホルモン分泌の異常に繋がってしまうため、不妊の要因の一つとされているのです。
  • 避妊せずにセックスをして半年妊娠しなければ、基礎体温をつけて排卵日のタイミングを合わせてみて、半年経っても妊娠しないときは「不妊予備軍」を疑って病院へ。ただし、排卵日だけを狙って義務的にセックスをすることは夫婦ともにプレッシャーにもなるので、日頃から夫婦仲良く、セックスレスにならないように心がけることも必要です。
    1年間は様子をみて、それで妊娠しなければ病院へ
    出典 :2人目がなかなかできません。不妊治療したほうがよい? - gooベビー
  • ● 2人目不妊でも基本検査が必要
    ●年齢を考えて短期集中の治療を
    ●妊娠率の高い治療を視野に入れて
    出典 :2人目不妊で病院を予約。治療はどんなペースで進むのですか?【俵史子先生】 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    医師からのアドバイス