妊娠中の睡眠はとても大切!臨月期に適した寝る時の姿勢とは?

妊娠中はお腹の中で胎児を育てるために睡眠はとても大切なものとなります。
睡眠中に胎児が育つと考えても良いくらい、睡眠は重要なのです。
ただし臨月になってお腹がでてくると、仰向けに寝るのが辛くなる等の弊害がでてきます。
臨月に入ると、気持ちよく睡眠とるためにも工夫が必要になってくるのです。

view1236

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝つきをよくするためにできること  寝る姿勢

  • 妊娠中に、仰向けに寝ると、気持ちが悪くなったり、苦しくなったりしますが、これは、子宮が大きくなったため、大静脈が圧迫され血行が悪くなり、心臓に血液が戻りにくくなるためです。妊娠中は、横向きの姿勢で寝るのがおすすめです。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
  • 妊婦さんには横向き寝がおすすめです

     

    妊娠中にあおむけに寝ると、息が苦しくなったり、気分が悪くなったりしませんか? 
    これは「仰臥位(ぎょうがい)低血圧症候群」といって、大きな子宮で大静脈が圧迫されて血行が悪くなり、血液が心臓に戻りにくくなるために起こるので、基本は横向き寝がおすすめです。

  • また、妊娠すると血液循環量がぐんとふえるので、血液がきちんと循環するように、上半身を枕やクッションでほんの少し上げるのもいいでしょう。
    出典 :寝つきをよくするために、できること (寝る姿勢) - gooベビー
     

    血の巡りが良くなるような工夫をしましょう

  • 枕の高さを工夫して
    枕が高すぎると首や肩に負担がかかります。自分にぴったりの枕をさがしてみて!
    出典 :寝つきをよくするために、できること (寝る姿勢) - gooベビー
  • 枕も眠りには重要なアイテムになります。負担のかからない、自分に最適な枕を探してみましょう。ひざを曲げて横向きで寝る「シムスの体位」も、全身がリラックスできるので、妊婦さんにはおすすめの姿勢です。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
     

    横向きに寝る時は特に枕の高さは重要になります。

  • あおむけが苦しいなと感じたら、横向きでひざを曲げた姿勢の「シムスの体位」で寝てみましょう。「シムスの体位」は妊婦さんにはとっても楽な姿勢だといわれています。全身の力が抜けてリラックスでき、寝つきがよくなります。
    出典 :寝つきをよくするために、できること (寝る姿勢) - gooベビー
     

    妊婦さんにとって一番楽な寝方は横向きの場合が多いようです

  • 左側を下にして寝るとむくみが軽くなる!

     

    「体の左側を下にして寝るといい」とよくいわれるのは、動脈と静脈の関係にあります。
    体の左側に大動脈、右側には大静脈が走っていますが、静脈は動脈より弾力性がないため、妊婦さんが左側を上にして寝ると、大きなおなかで大静脈がつぶされ、心臓へ向かう血行が悪くなって寝苦しさを感じてしまうのです。

  • 妊娠中は、左半身を下になるように寝ると良い、と言われます。人間の体には、左側に大動脈、右側に大静脈が流れています。静脈は弾力性が小さいので、おなかの大きい妊婦さんが、右側を下にして寝ると、大静脈は圧迫されつぶされた状態になります。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
  • そのため、血行が悪くなり、眠る時に苦しく感じるのです。さらに、リンパ管も押さえつけられるため、むくみが出たり、静脈瘤が生じたりする原因にもなります。むくみが出やすい人は、寝るときに右側を上にしましょう。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
     

    左側をしたにして寝ると血行が良くなるのです

  • 妊娠中の眠りは、胎児を育てるための防御システム

  • 卵子が受精して分裂を繰り返し、数日後に子宮内膜に着床する――。それが“妊娠”です。この妊娠の成立に、“眠り”は大きな役割を果たしています。
    出典 :妊娠と睡眠|プレママタウン
     

    妊婦さんにとって睡眠はとても重要なものとなります

  • ママの眠りが胎児を育てる。とくに妊娠初期は無理しないで十分な睡眠をとりましょう。

     

    眠ることで体がリラックスして筋肉の緊張が解けるので、子宮内膜もゆるんで着床しやすくなるのです。
    逆に強いストレスや睡眠不足が続いて、子宮の筋肉が緊張して硬くなっていると、受精卵はなかなか子宮内膜に潜り込むことができません。

  • たとえ着床しても、子宮の筋肉が緊張で強く収縮すると、流産につながりかねません。緊張を解くいちばん簡単な方法。それが睡眠なのです。
    出典 :妊娠と睡眠|プレママタウン
     

    睡眠不足は胎児の成長に悪影響を与える場合もあります。
    妊娠中は睡眠をしっかりとりましょう

  • 妊娠初期に黄体ホルモンが急激に上昇して、強い眠気に襲われるのは、「胎児がうまく育つためには、母体がエネルギーをムダづかいしないでリラックスしたほうがいい。そのためには眠ってしまうのが一番」という、生物学的に非常に優れた戦略なのです。
    出典 :妊娠と睡眠|プレママタウン