土踏まずの腫れ、何が原因?普通に生活しても腫れてしまうことはあるの?

土踏まずの腫れ、経験ありますか?土踏まずはその名のとおり、土を踏まないような窪んでいる部分のことです。そこが腫れてしまうとは、なんだか大変なことそうですよね…。でも実は、土踏まずが腫れることは決して珍しいことではないのです。その原因と予防策をみていきましょう。

view117

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 土踏まずの腫れの理由、ほとんどはこの病気!

  • 土踏まずの腫れにはいくつか考えられる理由がありますが、一番多いのは「足底筋膜炎」という足の病気です。

  • 一般的には、土踏まずの痛みは整形外科などの医院では、足底筋膜炎と診断されることが多いです。
    出典 :土踏まずが痛い!足裏の痛みを解消する簡単ストレッチ | ダイエットなら美wise!健康的に痩せるダイエット方法
  • 足底筋膜炎とは、足の裏にある腱組織が炎症を起こしてしまう病気です。軽い炎症でおさまることもありますが、ひどい場合は土踏まずや足裏だけではなく、かかとの骨部分まで痛んでしまいます。

    通常は湿布や塗り薬の治療で、3ヶ月から3年以内に完治する病気ですが、悪化してしまった場合は手術が必要となることもあります。ただ、足の裏が痛いだけ、腫れてるだけと放置せずに、違和感を感じたら早めに病院に行くことが大切です。

  • では、その足底筋膜炎になってしまう原因は何なのでしょうか?どのような人がなりやすいのでしょうか?

  • 足を使い過ぎるというのが、土踏まずに負担となり、腫れたり痛みの原因となる場合がおおくあげられます。
    出典 :土踏まず腫れる原因
  • 足底筋膜炎になる原因で最も多いのが「足の使いすぎ」です。そのため、足底筋膜炎は、マラソンランナーやゴルファーなど、長距離を走ったり歩いたりする人に多い病気です。

    プロスポーツ選手ではなくても、普段そのように足を使っている人は注意しましょう。
    歩いたり走ったりすることは、ダイエットにもなりますし、体を健康に保つことでもあります。しかし、やりすぎると足底筋膜炎のような病気になってしまう可能性が高まります。

  • 土踏まずが腫れる原因は、スポーツをしている方に多く見られる症状のようですが、一般的な生活をしている方にも増加しているのも事実です。
    出典 :土踏まず腫れる原因
  • 土踏まずが腫れる理由は、足底筋膜炎によるものだけではありません。特に足を使用していなくても、日常生活で腫れてしまうこともあります。

  • この場合に考えられる原因のひとつには、運動不足が考えられます。

    社会人に多いケースですが、一日中デスクワークをしていると身体中の血行が悪くなり、老廃物が溜まってしまうという事です。
    出典 :土踏まず腫れる原因
  • デスクワークにしても立ち仕事にしても、ずっと同じ靴を履いて同じ姿勢をしていると、足がむくんで辛いですよね…。ふくらはぎのむくみを強く感じる人が多いようですが、足の裏もむくみやすい箇所。靴がきつくなるという人も多いのでは?
    そのように足の裏がむくんでしまった場合も、土踏まずが腫れてしまうことがあります。仕事の間に足のストレッチを行う、むくみを解消するマッサージをするなどの習慣を付けて解消しましょう。

  • 足底腱膜炎、どうやったら治るの?

  • まずは医者に行きましょう。そもそも足底腱膜炎では無い可能性もあります。
    私も医者に行きましたが、例えば疲労骨折などの疑いもあり、レントゲン検査を行いました。
    出典 :【土踏まずの痛み】足底腱膜炎の治療方法 | 87miles.net
  • 過労,睡眠不足、冷えなどが原因となり、腎臓が弱ると足裏が腫れます。
    出典 :足裏の腫れ
  • 前述のとおり、その土踏まずの腫れ、足裏の痛みは、足底筋膜炎以外の原因も考えられます。まずは受診して、何が原因なのかをしっかりと調べましょう。

    しかし、足底筋膜炎と診断されても、すぐに完治できるような治療を受けられるとは限らないようです。

  • 足底筋膜炎の有効な治療方法は、現代医学でもいまだ見つかっておらず、医師は痛みを軽減させるだけの、対処療法しかできないのが現状です。
    出典 :必読!足底筋膜炎を早期に治すための最適な治療法 | オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 - FMT整体
  • つまり、湿布や塗り薬、痛みがある場合は痛み止めの服用などで、その時々の症状を抑えていく治療法になります。前述のとおり、ひどい場合は手術も必要になりますが、ほとんどの場合はそれらの薬で経過観察していきます。

    また、それらの治療に加えて、自分で行うストレッチも足底筋膜炎には有効です。

  • 足指をグーパー運動させることで、足の筋肉を鍛えます。これをやることで土踏まずのアーチを鍛えることができます。
    出典 :【土踏まずの痛み】足底腱膜炎の治療方法 | 87miles.net
  • ただ足をグーパーさせるだけでも、足底筋膜炎の治療と予防に効果的なストレッチになります。
    その他では、広げたタオルを足指でたぐり寄せるのも効果があります。
    それらのストレッチは、骨折した後のリハビリとしても行われるほど、足によって良い運動です。足底筋膜炎にかかってはいなくても、一日の終わりやお風呂上がりなどに行うと良いでしょう。

  • 病院では特に治療が無い場合や痛みが一ヶ月以上続くようなら
    カイロプラクティックを受ける。回復がグーンと早まります。
    出典 :足底筋膜炎/足底腱膜炎/足の裏の痛み治療法 病院 武蔵関 上石神井
  • カイロプラクティックとは、瞬間的に手のみで施す施術のことを言います。整体やマッサージと混同している人も多いですが、全くの別のものです。
    カイロプラクティックでは、骨格や神経系のゆがみなどを重視しており、自らの自然治癒力で完治させるためにそれらを整えるということを目標としています。施術はまったく痛くありませんので、通院しても足裏の痛みがおさまらない、何度も腫れが再発してしまうという場合はカイロプラクティックを試してみてはいかがでしょうか。