自閉症の診断基準って一体どんななの??自閉症まとめ!!

自閉症の診断基準って一体どうなっているの???
気になる自閉症に関する情報をまとめてみました!!!

view228

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 自閉症って一体どんな病気なの???

  • 自閉症って一体どんな病気なの???

     

    自閉症は心の病気なの???
    そう思ってる人も多いのではないでしょうか???

  • 自閉症とは生まれつき脳の機能がうまく働かないため、3才以前の早期に症状が現れ、その困難さが生涯に渡って続く発達障害です。
    従って、「いじめのため自閉症になった」「昔自閉症だったけどなおった」「親の育て方が悪くて自閉症になった」「テレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎで自閉症になった」などというのは、全て間違いです。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 自閉症の特徴とは???

  • 自閉症には3つの特徴があります!!!

     

    3才までに次の3つの症状が現れたとき自閉症と診断されます。

  • 〈社会性の発達の障害〉
    自閉症の人は対人関係の質的な違いがあります。
    例えば
    ・目線を合わせようとしない。
    ・注意を受けて困っているのに笑ってしまう。
    ・同年代の子どもと遊べない。
    ・暗黙のルールがわからない。
    ・人とほとんど関われない、または積極的に関わり過ぎる。など人と上手く付き合うことができません。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈コミュニケーションの障害〉
    自閉症の人はコミュニケーションの質的な違いがあります。
    例えば
    ・言葉が話せない、もしくは言葉の発達に遅れがある。
    ・言葉が話せても、意味が正確にわかっていない。また、場面にあった言葉が出てこない。
    ・自分の好きな言葉を繰り返す。
    ・話しかけられたことに合った返事ができない。
    ・指差し、目配せなど言葉を使わないコミュニケーションの意味がわからない。
    ・相手の手を使って何かをさせようとする(クレーン現象)。
    などコミュニケーションが上手くとれません。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈活動と興味の偏り〉
    自閉症の人は想像力を働かせる部分に障害があるため、変わった行動をすることがあります。
    例えば
    ・ミニカーを一列に並べたり、タイヤをくるくる回して眺めたりそのおもちゃ本来の遊び方をしない。
    ・常同行動(手をヒラヒラさせる、ピョンピョンはねる、ぐるぐる回るなどの行動)を繰り返す。
    ・同じ道を通る、同じ順序でするなど、変化を嫌う。
    ・教えないのに、標識や数字、アルファベットなどに興味を持ち、カレンダーや時刻表を覚えてしまう。
    といった極端な「こだわり」を示します。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 〈その他の特徴~感覚の異常〉
    上記3つの特徴以外にもよく見られる特徴として、感覚が鋭すぎたり、逆に鈍感だったりという、感覚の異常があります。
    例えば
    ・味覚、嗅覚の異常は偏食となって現れることがあります。
    ・皮膚の感覚が敏感で、ちょっと触られただけでも痛みを感じる人もいます。
    ・特定の音を極端に嫌って耳ふさぎをしてパニックを起こす聴覚過敏があるかと思えば、多くの人が嫌うガラスを引っかくような音が平気だったりもします。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 自閉症は個々によって症状が変わってきます!!!

     

    3つの特徴的な症状以外にも個々によって症状が違って来ます!!!

  • 一人一人現れる症状は違います。見た目にはわかりません。
    自閉症の人も根本的な特徴に共通部分はあるものの、表に現れる状態は一人一人異なります。例えば目が合わない人もいれば、目が合う人もいます。
    言葉が話せる人、話せない人、こだわりが強い人、弱い人、様々です。
    また、黙って立っていれば、見た目には普通の人と同じように見え、一目見ただけでは自閉症とわかりません。
    出典 :自閉症とは-高知県自閉症協会
  • 気になる自閉症の診断基準とは??

  • 家族も分かる診断基準!!!

     

    自閉症は対人関係、言葉の遅れ、物事への強いこだわりなど、おもにこの3つの症状が挙げられます。

  • 耳で聞くより目で見るほうが物事を認識しやすいという特性をもっています。なので、紙に書いて見せると意外とすんなり伝わるでしょう。これは低機能自閉症の人に多く見られるもので、高機能自閉症やアスペルガー症候群の人にとっては、目から入る情報は逆に理解しにくくなる場合があるので注意しましょう。さらに、時間というものがよく分かっていないようですね。時間は目に見えないからかもしれません。たとえば、5分待つ約束をして、その時間が1分でも過ぎると長い時間待った感覚になります。逆に4分で相手が戻ってきても5分キッカリまで待ち続けるなんてこともあります。このような症状は家族も気づきやすい症状と言えます。
    出典 :自閉症の診断基準 - 【自閉症の森】
     

    家族が気付ける診断基準もあるので参考にしてみましょう!!!

  • MRIを使用する検査もあります!!!

     

    現在は自閉症の診断時もまずはMRIで脳の状態を見ます。

  • 前もって分かっておかなければならないのはMRIで検査するときには大きな音がするので、パニックになってしまうことが考えられます。ですが、もしそうなった場合でも病院内なのでそんなに慌てないでくださいね。親がうろたえると子供は余計不安になってしまいます。
    出典 :自閉症の診断基準 - 【自閉症の森】