陣痛促進剤の効果ってどのくらい?その影響は?

多くの方が予定日超過などで使う陣痛促進剤。陣痛促進剤の効果ってどんな感じなんでしょうか。
聞くところによると、人工的な痛みになるとか。それって本当?そして促進剤を使うとどうなるの?
陣痛促進剤についてまとめてみました。

view375

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 陣痛促進剤って?

  • オキシトシン注射液

     

    陣痛促進剤のひとつです

  • 「陣痛促進剤」は人工的に子宮の収縮を引き起こしたり、もともとある陣痛を促進、増強させたりする薬剤です。 生体内で分泌される子宮収縮物質をまねて作られています。
    出典 :陣痛促進剤|1/2
  • 陣痛がない時に誘発する陣痛促進剤と陣痛が弱いときに促進させる陣痛促進剤とがあり、陣痛が起きる前に使うか、陣痛が起きてから使うかで名称が違うだけで、両者ともまったく同じ成分のホルモンを人工的に抽出して作られた薬です。子宮を収縮させ、お産の進行を助ける効果があります。
    出典 :陣痛促進剤
  • 子宮の収縮を強める薬のこと。陣痛が強くならずお産が長引いたり、破水したのになかなか陣痛がはじまらない、また、予定日を過ぎてもお産がはじまらず、胎盤の機能低下の心配があるときなどに使われます。オキシトシンとプロスタグラディンという2種類の薬があります。
    出典 :陣痛促進剤|プレママタウン
  • 陣痛促進剤の効き目には個人差があり、1番怖い副作用が少量の投与で強く反応してしまう過強陣痛で、このため、ごく少量から投与を開始します。 反対になかなか効果があらわれない人もいます。もし有効な陣痛がなかなか起きない場合は、少しずつ薬の量をふやします。間をあけると薬の効果が弱くなってしまうので断続的に投与し続けます
    出典 :陣痛促進剤
     

    陣痛促進剤の効果はその人それぞれで異なります。

  • 陣痛促進剤を使用しても陣痛が起こらない場合や、逆に急激に来る場合など、効き目は個人差があるようですね。錠剤を使用するか、点滴を使用するかも状況によって違ってくるようです。
    出典 :陣痛促進剤|プレママタウン
  • どういうときに使いますか?

  • 陣痛促進剤を使うときって

     

    微弱陣痛、予定日超過・・・いろいろなケースで使われます

  • 「予定日を過ぎたのに陣痛が来なかった」、「陣痛が微弱だった」、「破水したのに陣痛が来なかった」という理由のために使用した方が全体の8割以上。それ以外にも、計画分娩や、赤ちゃんが大きくなり過ぎないうちに出産するためなどにも使用されるようです。
    出典 :陣痛促進剤|プレママタウン
  • 予定日を1週間過ぎ、錠剤のものを使いましたが1日6錠と決められていて、朝から少しずつ飲んで陣痛も5分間隔まで来たものの薬を6錠飲みきったら陣痛も遠のいてしまって一時帰宅。2日後に朝から点滴での促進剤投与で昼に本格的に陣痛がきて分娩台に上がるものの、点滴を止めると陣痛は遠のき強い陣痛がこないため再び点滴で投与し、かなり時間をかけての出産でした。
    出典 :陣痛促進剤|プレママタウン
  • 陣痛促進剤が必要になるケースはいろいろありますが、一番多いのが微弱陣痛です。お産はふつう一度始まったらだんだん陣痛が強くなっていくものですが、陣痛が赤ちゃんを外に押し出すほど強くなっていかない、ある程度までいい感じで陣痛が強まっていったのに途中で弱くなっていってしまう場合などを微弱陣痛といいます。
    出典 :もともと体の中にある物質が足りないときに「補う」もの - gooベビー
     

    実は、私もこの微弱陣痛で陣痛促進剤を使いました。

  • 知っておこう!陣痛促進剤のデメリット

  • 陣痛促進剤のデメリット

     

    使い方次第では危険が伴います。
    きちんとした医師の説明を聞きましょう

  • 痛促進剤の副作用はいくつかありますが、最も重要なものは過強陣痛です。 過強陣痛は陣痛が強くなりすぎて、胎児や母体にストレスを与えてしまうものです。 過強陣痛により子宮破裂や胎児ジストレス(旧胎児仮死)が発生することがあります。
    出典 :陣痛促進剤|2/2
     

    しかしながら、こういったケースのほとんどが医師の説明不足、医師の判断ミスによるものです。きちんと使えば、問題なかったはずです

  • 。ニュースや新聞で子宮破裂などの事故を見たことがあって、陣痛促進剤は怖いという印象を持ってる人もいるかもしれませんが、これらの事故は、薬の量の調節やママと赤ちゃんの十分な監視を怠ったことが原因で起きた不幸な事故といえます。
    出典 :陣痛促進剤
     

    ほとんどが医師の判断ミスです。

  • また最近は少なくなっていると思いますが、「夜間や土日のお産はしない」という病院の方針で陣痛促進剤を使って計画的にお産を進める場合もあります。そういう理由で陣痛促進剤を使うのがイヤであれば、自分がかかっている病院に「医学的適応がない場合でも、陣痛促進剤を使うのかどうか」を事前に確認して、自分の考えに合わなければ病院を変えればよいでしょう。
    出典 :もともと体の中にある物質が足りないときに「補う」もの - gooベビー
     

    気軽に使われてしまう例も残念ながらあるのです。

  • 陣痛促進剤自体は、微弱陣痛であったり、予定日超過などで使われることが多く、最近では計画分娩などでも使われるようなってきました。
    身近なものではありますが、きちんとした医師の説明を聞き、納得した上で使用することを心がけましょう。