ちょっと気になる、メガネ跡を消す方法とは

日常的にメガネを使用していると、鼻のつけ根のあたりに眼鏡のパッド(鼻当ての部分)の跡がくっきりと残ってしまうことがあります。これが、いわゆる”メガネ顔”の始まりとなってしまうわけです。ではななぜ、メガネ跡は残りやすいのでしょうか?それは、パッド部分による圧力がかかり、色素沈着が起こり安なるからです。

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • メガネ跡は皮膚への圧力が原因

    鼻の付け根の両側がメガネのパッドによって色素沈着を起こすのがメガネ跡です。慢性的なパッドの刺激・圧力によってメラニン色素が定着してしまう状態です。年齢によって肌の新陳代謝が低下したり、血行が悪い人ほどメガネの跡ができやすくなります。
    出典 :メガネ跡の黒ずみ・色素沈着の治す方法は? 予防法と治療方法
     

    つまり、メガネを使用する際には、適度に外すことも必要であるということですね。

  • メガネ跡はメラニンが真皮に入り込んでいる

    皮膚が慢性的に圧力を受け続けると、メラニン色素が真皮層に入り込んでしまうことがあります。メガネ跡も、長年の圧力によってメラニン色素が真皮層に入り込んでいる可能性があります。この場合は、改善するには数年の時間がかかることがあり、メガネの使用を中止する必要があります。
    出典 :メガネ跡の黒ずみ・色素沈着の治す方法は? 予防法と治療方法
     

    メラニン色素が悪さをするのは、なにも紫外線の影響によるものばかりではありません。たとえは、ベルトや衣類の擦れで色素沈着が起こることもありますし、そのような生活習慣が一定の部分に集中してしまうと、やはり色素沈着として跡が残りやすくなるんですね。メガネの跡を消すには、メガネの使用を中止しなければならないというのも、納得できます。

  • 冷え症の人ほどメガネの跡が残りやすい?

    血行が悪くなると色素沈着を起こしやすくなります。そのため、冷え症の人ではメガネの跡が付きやすいようです。また、老化によって毛細血管が細くなってくることでもメガネ跡が発生しやすくなります。
    出典 :メガネ跡の黒ずみ・色素沈着の治す方法は? 予防法と治療方法
  • どうやら、メガネ跡を消す最良の方法は一時的にメガネの使用を中止することにあるようです。では、メガネを使用できない間は、いったいどうすればいいのでしょうか?

  • 鼻バッド無しと聞くと、大きくオシャレな眼鏡に多い、メガネと鼻パッドが一体化したセルフレームメガネを思い浮かべるかもしれませんがそれは違います。セルフレーム眼鏡も鼻で支えるため跡がつきます。最近、鼻パッドなし眼鏡フレームというのが販売されています。国際特許も申請しているようですが、デザインが年配向けで価格も高いようです。頬骨で支える仕組みなので、鼻から頬に問題が変わるだけのような気がします。
    出典 :メガネの鼻パッド跡はシミになる!?女性必見!今すぐ対策を!
     

    ということは、根本的な解決策にはならないということなのでしょうか?ということは、やっぱりメガネの使用は禁止?

  • では、コンタクトレンズの使用ではどうなのでしょうか?
    現在、さまざまな種類のコンタクトレンズが販売されており、医療用コンタクトレンズとファッョン用コンタクトレンズ(カラコン)とに大別されています。ですが、どちらも高度管理医療機器と言う扱いであり、医薬品として分類されています。

  • コンタクトレンズやケア用品の取扱方法を誤ると、
    角膜潰瘍などの重い眼障害につながることがあります。
    また、治療せずそれを放置すると失明してしまうこともあります。
    コンタクトレンズを安全に装用するために、必ず添付文書や取扱説明書をよく読み、
    眼科医の指示に従い正しい取扱方法を守ってください。
    出典 :使用上の注意:日本コンタクトレンズ
     

    特にカラコンなどは安易に手を出す方が多く、目のトラブルも多く発生しています。コンタクトレンズ使用の際には、用法・用量をきちんと守りましょう。

  • 1.装用時間を正しく守ること
    2.取扱方法を守り正しく使用すること
    3.定期検査は必ず受けること
    4.少しでも異常を感じたら、直ちに眼科医の検査を受けること
    出典 :使用上の注意:日本コンタクトレンズ
  • メガネ跡は消すに限る!でも、コンタクトレンズってめんどくさそう・・・。はじめは誰でもそう思うものです。
    ですが、あなたの目の健康のためには、正しい使用方法を厳守することが鉄則ですよ。