どんな効果?「扁平いぼは液体窒素」で治る!?

扁平いぼは液体窒素で治るのでしょうか?液体窒素に関するまとめ!

view136

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 扁平いぼは液体窒素で治る?

  • •液体窒素は、マイナス196℃という超低温の液体•患部につけることで、急激に冷やして低温やけどさせる•つけた部分の皮膚表面を壊死させる•壊死した皮膚の下では細胞分裂をして皮膚を再生させる凍結させることで炎症を起こし、免疫を活性化させる効果があると考えられている
    出典 :ウイルス性イボ(扁平疣贅)を液体窒素で治療した経過と画像
     

    このような効果が得られるそうなのです。

  • 液体窒素が入った紙コップに綿棒を浸して、その綿棒をウイルス性のイボに押し付けていきました。1箇所2~3秒、両手の14箇所につけてお終いだったので、 思ったよりも処置にかかる時間は短かったです。 最後に看護師さんが軟膏を塗ってくれ、診察室を後にしました。
    出典 :ウイルス性イボ(扁平疣贅)を液体窒素で治療した経過と画像
     

    一回目はこのような事になるのです。

  • 生活上の注意として

     

    ひげ剃りする部分に多発して見られる事もあるそうです。小さな傷から感染する恐れがあるので気をつけないといけませんね。

  • 簡単な解釈とすれば

  • 液体窒素療法とは、簡単に言ってしまえば《凍結》と《融解》を繰り返す治療法です。具体的には、マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(低温やけど)ことで皮膚表面の異常組織を壊死させます。
    出典 :いぼ(イボ)は液体窒素で取るべきか!? 液体窒素療法の効果と落とし穴
     

    スプレー法を取り入れている病院もあるそうですよ。

  • すると、壊死した異常組織下の皮膚が細胞分裂をはじめるため、新たな皮膚が再生してきます。このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまり〝いぼ〟の芯)を徐々に上へ押し上げ〝いぼ〟の原因を絶つことから《冷凍凝固療法》とも呼ばれています。
    出典 :いぼ(イボ)は液体窒素で取るべきか!? 液体窒素療法の効果と落とし穴
     

    イボの原因を取り除く事から始める必要がありそうです。

  • 3つの欠点

  • ①冷凍凝固術は痛みが強くお子様を中心に治療を継続できなくなる方が多い点です。冷凍凝固術は定期的に行うのが重要ですので、時々しか治療を受けないと十分に効果を発揮することは出来ません。
    出典 :いぼの治療は三鷹はなふさ皮膚科へ
  • ②冷凍凝固術によりいぼウイルスを周囲にまき散らしてしまい、かえっていぼを広げてしまうことがある点です。冷凍凝固術を行ったところ小さかったいぼが広がってしまったという訴えもよく効かれます。
    出典 :いぼの治療は三鷹はなふさ皮膚科へ
     

    デメリットもしっかりあるようですね。

  • ③冷凍凝固術により皮膚が反応性に肥厚し、かえっていぼが治りづらくなることがある点です。いぼを専門とする研究者との研究会においても、液体窒素による冷凍凝固術を週1回、2ヶ月程度繰り返し、良くならない症例においては他の治療法に変更すべしとの意見が多数でした。
    出典 :いぼの治療は三鷹はなふさ皮膚科へ
     

    治療費が高くなる傾向があるのも好まれない理由かもしれませんね。

  • 皮膚表面に盛り上がっている大半の〝いぼ〟に対しては、この治療法が可能であり、液体窒素を使った〝いぼ〟取りは、医療機関でも広く一般的に行われている効果的な治療法ですが、超低温の液体を患部に押し当てるため、激しい痛みを伴う…といった点が患者にとっては大きなネックとなっているようです。
    出典 :いぼ(イボ)は液体窒素で取るべきか!? 液体窒素療法の効果と落とし穴
     

    激しい痛みを伴うのは嫌ですよね。

  • 先にも軽く触れましたが、ウイルス性の〝いぼ〟は基底細胞に感染していることも多く、皮膚表面の組織を壊死させる液体窒素療法では、一度の治療で完治するケースは稀であると思ってください。
    出典 :いぼ(イボ)は液体窒素で取るべきか!? 液体窒素療法の効果と落とし穴
     

    継続する事が大前提になります。

  • ウイルス性のイボの液体窒素治療は保険が適応になるので、それ程は費用がかからないため、通院を続けることでの費用面での負担はあまり気にしなくても良さそうです。ただ、受付~診察までの待ち時間や通院に要する移動時間を考えると、できるだけ少ない回数で治療が終わればいいな、と感じています。
    出典 :ウイルス性イボ(扁平疣贅)を液体窒素で治療した経過と画像
     

    ここはメリットでもあるかもしれませんね。

  • 痛みが問題点

     

    痛みが少ない場合は今後治りかけの状態で続けていくと強くなるかもしれません。小さな子供や痛みに弱い人にとってはつらいかもしれませんね。