心を空っぽにできれば幸せになれる?!強い心をもつ方法♪

小さなことにクヨクヨしている自分を見て
あの人は強いなぁ~とかたまに思うことありませんか?
でもそれって感じ方なんですよね。
その人が出来事をどう感じるかによって決まるものです。
強い心を持つためには心を空っぽにすることが大切とか?!
空っぽにする方法を調べてみました♪

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 私たちの心

  • 私たちは、毎日、四六時中なにかを思っている。

    「ああ嫌だ」 「なんか面白くない」 「退屈だ」 「やる気がしない」 「気分が悪い」 「もっとお金があればいいのに」

    ・・・・いろんな思いが頭の中を駆け巡っているのだけれど実はこれらのことは思っているのではなく感じているだけなのです。

    それが証拠に、すべてが感情なのです。
    出典 :頭の中を整理し空っぽにすることが幸せに・・・: グッドムーン
     

    感情が何かを考えさせているというのは本当にそうですよね~

  • 私たちは日々、さまざまなことに心をとらわれて生きています。
    「嫌味な上司がいるから、会社に行きたくない」
    「恋人が最近冷たくなったのは、どういうことだろう」
    「自分にひどい言葉を浴びせた友人が許せない」
    何かひとつのことに執着しはじめると、それは知らず知らずのうちに、自分の心の中でどんどん肥大化していってしまいます。
    出典 :心のとらわれから逃れる
     

    執着がどんどん肥大化しもっともっとツラくなっていくのですね

  •  

    イヤだなぁ。。なんて考える日々。。
    それこそがイヤなのに。

  • 心が弱っていると、


    ■ 行動にうつせない

    ■ やったことに自信がないからいつまでも心配から抜け出せない

    ■ 楽しくない
    出典 :強い心を作りたい方へ(自己暗示法) 『心を空にする』沢井淳弘|「成幸本」書店
     

    心が弱くなると確かにこんなふうに考えてしまいます。
    抜け出したいですよね

  •  

    弱い心を強くしたい

  • 心を空っぽに

  • 張りつめた弓は簡単に切れてしまう。
    自動車のハンドルに、適度な「遊び」がなかったら運転は難しい。
    余裕のない人はとかく失敗が多い。
    趣味を持つことで、本業を豊かにし、人間に幅を持たせよう。



    趣味を持つことは大切だが、本業をおろそかにしてはならない。本業は、「天下何人(なんぴと)にもひけをとらぬ」という覚悟で取り組んだ上で、さらに、趣味に心を遊ばせることが大切である。
    人生にはなぜ、趣味が必要なのだろうか。それは、趣味は心の「空所」だからである。空所とは全く何もない所、何もない空き部屋である。
    空所とは、本業と無関係の別世界である。それゆえ、自分の本業のことが、自然にはっきり反省される。特別に反省するというのではなく、自然にわかるのである。
    出典 :丸山敏雄ウェブ|幸せになる生活法則|22
     

    本業をおろそかにはしないことは重要だけれど
    趣味に没頭する時間を持つということは自分の心を空っぽにするということに
    つながるのです

  •  

    音楽に没頭したり・・

  •  

    車に・・・

  • 長い人生、2~3日頭を空っぽにしても大丈夫です。心を空っぽにしても大丈夫です。

    頭の中にあるあれこれ・・・

    心の中にうずまいているモヤモヤ・・・

    これらを空っぽにするといってもむつかしいかもしれません。

    でも、『今、私の頭の中からすべて出ていった』『今、私の心の中からすべて取り出した』と

    はっきり口に出してみてびっくり

    すると、不思議なことに頭や心に詰まっていた、あんなこともこんなことも、どこかに行ってしまい、なくなるから。
    出典 :幸せ生活 ☆ キラキラ心:頭を空っぽに、心を空っぽに
     

    口に出してはっきり言うことが必要!!
    やってみてーー

  • 嫌なことがあると、人はそのことばかり気にしてしまいがちです。
    嫌なことを排除しようと必死になって努力すればするほど、ますます「嫌なこと」に執着して、心を支配され、身動きが取れなくなってしまいます。

    「この問題を解決しなければ、自分は幸せにはなれない」と考えるのは、有か無か、ふたつにひとつしかないという思い込みにしばられているからです。
    「嫌なこともあるけど、ほかに楽しいこともたくさんある」と、心を解き放たなくてはなりません。
    出典 :心のとらわれから逃れる
     

    空っぽにする方法は心を解き放つ方法でもあるんですね

  • 今のあなたにとってもう役に立たなくなった考え方を手放すことです。どうぞ安心して役に立たない考え方に意識を向けて下さい。一人で静かなときを持ち、まず一番幸せな自分を感じてあげて下さい。幸福感が心にやってきたら、「やらなきゃ困ったことになる」という考え方に意識の照準を合わせ、光を贈り続けて下さい。その想念がゆっくりと消えていき、あなたを動かす力をなくしてしまうことに気がつくでしょう。
    出典 :意識の焦点
     

    全てを全部やろうと思うことがもっともっと心に負担をかけていくのです

  • 強い元気な心

  • 幸せの中に不幸があり、また、不幸の中に幸せがあります。それぞれは独立したものではなく、すべてが絡み合い、影響し合っているのです。ひとつのことにとらわれてはいけません。
    不幸を経験したからこそ、小さな幸せに感動できるということもあります。
    人生に起こったあらゆるできごとは、重大なことであると同時に、ごく小さな、とるに足らないことでもあるのです。
    出典 :心のとらわれから逃れる
     

    不幸なことが一切なければ「幸せだな」という気持ちも感じられないですよね
    重大だけれどとっても小さなことでもある!
    とらえ方次第!!

  •  

    どっちもなければならないものなんです

  •  

    自分だけ・・・・じゃないんだよ♪