【女性特有の病気】機能性出血の原因や症状・治療方法についてまとめてみました!

女性特有の病気である機能性出血の原因・症状・治療についてまとめてみました!

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 機能性出血とは!?

  •  

    本当に頭を抱えていまいます。。。

    様々な重い病気に繋がる可能性のある危険な病気なので注意しましょう!

  • 機能性出血とは、器質的な異常がない子宮内膜からの出血で、月経以外のものをいいます。子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮がんなどの腫瘍性の病変、炎症、血液疾患などに伴う異常出血は含まれません。卵巣ステロイドホルモンの分泌異常によるものが主であると考えられます。
    出典 :機能性出血の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    怖い病気なのであなどってはいけません!

  • 機能性出血の原因とは?

  •  

    とても怖い病気です!

  • 卵巣から分泌されるホルモンのバランスの異常をきたす原因としては、思春期や更年期のような年齢的なもののほかに、精神的なストレス、環境の変化、過度の運動、特殊な薬物の使用、摂食異常(過度のダイエット、過食)、内科的疾患疾患、糖尿病など)にともなうものなど、多岐(たき)にわたっています。
    出典 :機能性出血 とは - コトバンク
     

    女性の身体はデリケートです!

  • このような症状があったらすぐに病院へ!

  •  

    信頼できる産婦人科に行きましょう!

    もしくは専門医のいる産婦人科に行くことをオススメします!

  • ・出血の回数が増える(21日よりも短い周期で生じる状態で、頻発月経といいます)。
    ・出血の持続期間が延長するか、または出血量が増えます。
    ・月経期以外の時期に頻繁かつ不規則な出血が生じます(不正子宮出血)。
    出典 :機能性子宮出血: 月経の異常と不正出血: メルクマニュアル 家庭版
  • どのような治療を行うの?

  • 治療法は、患者の年齢、出血の程度、子宮内膜が厚くなっているか、妊娠を望むかどうかによって異なります。治療は出血のコントロールに重点をおき、必要に応じて子宮内膜癌の予防を行います。出血の再発を防止するために、少なくとも3カ月間にわたって低用量の経口避妊薬が処方されることがあります。
    出典 :機能性子宮出血: 月経の異常と不正出血: メルクマニュアル 家庭版
     

    個人や、年齢に合わせて治療は行われます!とにかく早めに病院に行くことが大切です!

  • 若年期の治療

  • 多くが無排卵性の出血です。漢方薬を長期間服用したり、ホルモン剤で月経のような出血を周期的におこし、卵巣機能の成熟を待ちます。
     それでも多量に出血をくり返す場合には、若い人であっても、排卵誘発剤(はいらんゆうはつざい)(「排卵誘発剤の知識」)を使用することもあります。
    出典 :機能性出血 とは - コトバンク
  • 更年期以後の治療

  • この年代では、子宮頸(しきゅうけい)がん(「子宮頸がん」)や子宮体(しきゅうたい)がん(「子宮体がん」)のような悪性疾患が発症しやすいので、細胞診や組織診を行ない、必ずこれらの可能性の有無を確認することがたいせつです。
    出典 :機能性出血 とは - コトバンク
     

    大変な病気に繋がりやすいので注意が必要です!