とっても心配「切迫早産」とはどういう状態!?

切迫早産とはどういうものなのでしょうか?気になる早産に関する知識をつけておこう。

view151

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 切迫早産とは

  • 切迫早産とは「妊娠22週以降37週未満に下腹痛(10分に1回以上の陣痛)、 性器出血、破水などの症状に加えて、外測陣痛計で規則的な子宮収縮があり、 内診では、子宮口開大、子宮頸管の展退などが認められ、早産の危険性が高いと 考えられる状態(日本産科婦人科学会編、産科婦人科用語集・用語解説集より)」 と定義されています。
    出典 :�ؔ����Y�ɂ‚���
     

    このような定義があるそうです。

  • すなわち切迫早産とは、満期でない時期に分娩の時に起こる現象、つまり陣痛のように子宮が頻繁に硬くなったり(おなかが張る)、出血したり、子宮口が開いたり、破水したりして出産(早産)となる危険性が高い状態と言えます。
    出典 :�ؔ����Y�ɂ‚���
  • 切迫早産は

     

    妊娠を経験した人なら知っている流産や早産の恐怖というものがありますよね。切迫早産の症状をきちんとしって、早期発見できれば安心できる場面もあります。しっかり知識をつけてみよう。

  • 切迫早産の症状は

  • 規則的に子宮が収縮することを一般的に「お腹が張る」と言います。出産時はこれが段々強くなって「陣痛」となります。妊娠期間中にお腹が張ることは珍しいことではありません。すぐに治まるお腹の張りなら問題ないのですが、規則的にお腹が張り続け、10分間隔より短くなると陣痛へと変わってしまうので要注意です。
    出典 :切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
     

    すぐにおさまるなら良いですが、やはり心配なら産婦人科を受診しましょう。

  • 性器出血 出産前に出血することを一般的に「おしるし」と言いますが、出産時期ではないのにそれと似た症状が出ると「切迫早産」と判断されます。お腹が張るとその刺激で出血することがあります。
    出典 :切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
  • 子宮頸管が短くなる お腹が張る(陣痛のように子宮が収縮する)と子宮頸管は段々短くなります。子宮頸管が短くなると、子宮を支える力が弱くなり出産につながります。
    出典 :切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
  • 子宮口が開く お腹の張りが無くても子宮口は開いている人もいれば、お腹の張りが強くても子宮口はしっかり閉じている人もいます。
    出典 :切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産とは | 切迫流産・切迫早産.COM
  • 自覚症状があっても早産に進行しないことも多いようです。妊娠するとお腹の中に胎児や羊水や大きくなった子宮を抱えるわけで、それに伴って体に不愉快な症状が出てくるのは自然なことです。 妊娠中は神経が過敏になっているので、不安な気持ちが症状を起こしてしまうこともあります
    出典 :切迫早産 とは。
  • 自覚症状が

     

    まったくないまま早産に進行する場合もあるそうです。突然の破水から始まりそのまま早産してしまう事だってあるのです。定期的な診察があるのはこのような事があるからなのです。

  • もしなってしまったと思ったら

  • 切迫早産の治療では、子宮の収縮を抑えるために子宮収縮抑制剤を使用します。子宮口があまり開いていない軽度の場合は、収縮剤の内服などで通常の外来通院治療でも対応できますが、子宮口の開きが進んでいる状態では、入院し、呼吸収縮抑制剤の点滴治療が必要になります。
    出典 :切迫早産って何? | ラルーン
     

    これも命を守る為ですね。

  • 膣からの細菌による感染も切迫早産の原因のひとつ。そのため、抗生剤を使用して、感染を治療することもあります。 切迫早産で入院した場合、妊娠週によっては3か月以上の長期の入院になることがあります。一日中点滴、安静、お風呂にも入れない…そんな大変な入院生活になる場合も。
    出典 :切迫早産って何? | ラルーン
  • 子宮収縮のコントロールが良好であれば、基本的には安心です。自宅での安静、入院中は無理のない範囲で、本を読んだり、赤ちゃんのために編み物をしたり、毎日を楽しめるように工夫してみましょう。
    出典 :切迫早産って何? | ラルーン