子供の時の寝方

子供の時の寝方と歯並びや健康に大きい関係があるそうです。これは本当ですか?では、一緒に討論しましょう

view26

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康的な生活を維持するためには、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことが推奨されています。しかし、現状では80歳の平均歯数は13.9本、20本以上の歯を保っている人の割合は38.3%(平成23年歯科疾患実態調査)と、目標を達成している人は半数を下回っています。日本人の平均寿命が延びる一方で、歯の寿命も延ばすことが課題となっている状況です。

  • あなたは、どんな寝方をしていましたか?
    頭の形が絶壁になるのは嫌だからといって、以前はうつぶせ寝が流行っていましたよね。頭の形+赤ちゃんがよく寝るという理由だったような気もしますが。最近は、突然死を防ぐために、再び仰向け寝が復活しています。赤ちゃんが成長するに従って、動きが激しくなり、一部髪の毛がこすれてもつれがひどくなった頃に、止めて、タオルに変えた記憶があります。

  • 一人目、二人目とも何もしなくても良い顔、よい歯並びになったのですが、3人目はお乳を含ませながら寝かすという裏技を母親が覚えたため、たいていいつも同じ方向を向いて寝かせることになり、顔が左右微妙に変形しています。そのせいで歯がうまく並ばなくなって1次矯正するはめに。。その子も今は中学生になったので、すっかり美人です。4人目は生まれなかったので確認していません。ここには、減速コントラをおすすめします。