高齢者の脳トレをして認知症を積極的に予防しよう

益々高齢化していく日本社会。体の健康のみならず、認知症にならないか心配ではありませんか?認知症予防を目的とした脳トレを調べてみました。

view374

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 認知症は完治が見込めないのですか?

  • 認知症は現在の医学では残念ながら完治が見込めません。代表的な認知症であるアルツハイマー病は一旦発症してしまうと病状は進行してしまいます。
    出典 :認知症予防・今日からできる方法
  • だからと言って、何もせずに諦めてしまうのは早いです!

  • 最新の医療では完治できないまでも進行の度合いを大幅に遅らせることができるようになって来ました。しかも発見が早ければ早いほど認知症の進行を遅らせる可能性は高くなります。

    そこで最も良いのは認知症を予防してしまうことではないかという考え方が多くなって来ました。
    出典 :認知症予防・今日からできる方法
  • では何をすればいいのでしょう?今日から始められるものは?
    認知症予防には・・・

  • 認知症の予防には以下の4つが大事です。

    魚・野菜・果物を多めにした食事
    一日30分以上の定期的な運動
    タバコは我慢、お酒はほどほどに
    頭をよく使うこと
    出典 :認知症・アルツハイマー病の予防法 [認知症] All About
  • 4つの予防法の中から、今回は頭を使うことに特化した方法を紹介
    高齢者の脳トレにはどのような方法があるでしょうか?

  • 効果的な脳トレーニング

    ・ 簡単な計算問題を素早く解く

    ・ 文字を書く・音読する

    ・ パズルを解く

    ・ ぬり絵等の芸術性のあるトレーニング

    ・ 折り紙等
    出典 :効果的な脳トレーニング 認知症で介護にならない脳トレサイト老年若脳
     

    どの方法も今からすぐに始められそうですね!
    まず朝起きたら、新聞を音読するのはどうでしょう?

    簡単な計算問題は小学生用のドリルをやるのはどうでしょう?
    折り紙は新聞広告のちらしで代用してみるのもいいかもしれませんね。

  • 脳トレというと、脳に負担を掛ける難しい問題をやると思いがちですが・・・

  • 難しい問題を悩みながら解いている時と、簡単な問題を素早く解いている時とでは脳の活動部分が違います。簡単な問題をすばやく解いている時は脳全体を活発に使い、難しい問題を悩みながら解いている時は脳の一部をとても活発に使っています。

    上記から、特に認知症予防に効果があるとされるのは簡単な問題を素早く解いてる時であるという研究結果が出ており
    出典 :高齢者向け脳トレ問題が簡単なワケ
     

    認知症予防に効果があるのは簡単な問題を解いているときなんですね。だから難しい問題を解く必要はありません。

  • さてここで、何の道具も使わずできる脳トレを紹介します
    まずは思い出しゲームです

  • 思い出し1 今日は何曜日?
    思い出し2 今日は何月何日?
    思い出し3 昨日食べた夕飯は何?
    思い出し4 昨日来ていた服は何?
    思い出し5 昨日見た人の顔と服装、名前等を思い出して下さい。
           ※TVで見た人でも良いです。
    出典 :思い出しゲームで脳トレ! 認知症で要介護にならない脳トレーニングゲーム
     

    昨日食べた夕飯を思い出せましたか?では一昨日食べた夕飯は何だったでしょう?

  • 次に歩きながらやると最適なゲームです。
    あいうえおの「あ」から順に思い出せる芸能人の名前を挙げて行きましょう!

    例 
    あ・・・愛川欽也
    い・・・伊東四朗
    う・・・内海桂子
    というように、「わ」までやってみましょう。

  • 次はスポーツ選手限定、知り合い限定と、難易度を少し挙げていくといいですよ!

    日常生活で無理なく、楽しく出来る方法を使って、認知症を予防しましょう。