マタニティブルーの原因と対策と予防まとめ

よく聞くマタニティブルーとは?産後2~3日目から症状が表れ始める「マタニティブルー」。嬉しいはずなのになぜか悲しい。そんな複雑な感情が表れ始めたら、それは「マタニティブルー」」かも

view99

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティブルーとは

  • お産をして嬉しいはずなのに・・・

     

    なぜか悲しい…
    涙が出る・・・etc

    幸せな気分のはずが憂鬱。
    それが「マタニティブルー」

  • なぜか気持ちが落ち込んだり、イライラしたり。むしょうに泣き出したくなったり、よく眠れないことも。産後すぐから3~4週間前後の間はこういった、理由が無いのに不安感や焦燥感などにさいなまれ、ママの気持ちが不安定になることがあります。でも、誰にでもおこりうる産後の生理的変化の一つですし、一時期だけのことなので、考えすぎないことが大切
    出典 :http://www.unicharm.co.jp/moony/hajimete/sango/lesson05_02.html
  • ホルモンバランスが原因に

  • 妊娠中にたくさん分泌されていた女性ホルモンは、出産後に急激に減少します。この女性ホルモンの変化が、精神状態になんらかの影響を与えているのが原因だとされています。がらりと変わる生活に対する不安が影響している場合もあるようですが、ホルモンバランスが落ち着いてくれば、ほとんどの場合、自然と治ってしまう人が多いです。
    出典 :マタニティブルーって何? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
  • 産後2~3日目に表れ始める。家族の言葉が気に障ったり、なぜか悲しくなったりイライラしたり。。。

  • 出産の疲れや、慣れない育児による疲れや睡眠不足、育児に対するプレッシャーや孤独感などがマタニティブルーとなる要因に

  • そのほかにも、分娩や慣れていない育児の疲れ、睡眠不足、家でひとり育児にとり組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になるのです。主な症状は、情緒の不安定で、不眠や食欲不振、軽いウツ状態になったりもします。夕方になるとわけもなく涙が出てしまう人も。しかし、ピークは産後2~3日目で、産後1カ月くらいになれば消えていきます。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
  • マタニティブルーは一過性のもの、ほとんどの人は10日~2週間で治ります

  • 程度の差はあるものの、日本人は2人に1人の確率でマタニティブルーになるというデータもあり、こうした状態は病気ではなく、ほとんどの方は10日~2週間もすれば自然に治るものです。必要以上に心配することはありません。
    出典 :マタニティブルー
  • 不安になって当然なのです

  • 妊娠・出産という大仕事をなしとげたあとなのです。家事が以前のようにできない、うまく授乳ができない、赤ちゃんが泣きやまないなどのあせりや自己嫌悪が、マタニティブルーを悪化させている要因。精神的に落ち込まないような予防策を工夫する必要があります。
    出典 :マタニティブルーってなに? - gooベビー
  • 三分の一がマタニティブルーを経験

     

    自覚した人のなかにも「人から指摘されて気づいた」という人が多数いたため、「わからない」と回答した人でも多少の症状はあったかもしれません

  • たいていの場合は、軽いうつ状態が続いた後、自然に元気が戻ってきますから、あまり心配しすぎないように、上手に気分転換をすることが大切です。

    不安な気持ちは一人で抱え込まずに、夫や実母、友人などに話を聞いてもらうようにしましょう。まわりのサポートで睡眠時間を多く取れると、症状が軽減される場合もあるようです。
    出典 :マタニティブルーの対処法 | nanapi [ナナピ]
  • こんな人がなりやすい

  • 性格に左右されることも多く、心配性だったり、依存心が強い人、几帳面な人、まじめな人の方がかかりやすいようです。
    出典 :マタニティブルーの対処法 | nanapi [ナナピ]
  • 対策としては

  • ・不安な気持ちを誰かと共有し、無理をしないで助けてもらうようにする
    ・1人で完璧にやろうとせず、周囲の人に手伝ってもらう

    など、なんでも一人で抱え込まない

  • 自治体や病院などで行っている母親学級やマタニティビクス、マタニティスイミングなどで、同じ不安や悩みを持つママ友を作っておく。もちろん、既に出産・育児を経験している先輩ママ友達と連絡を取れることも忘れずに。いざという時に心強い見方です。
    最も身近な夫や母親に、悩みや出産後の不安、心の動揺を打ち明けておくことも大切です。そうすれば出産後の協力も得やすくなりますから。
    出産後は、家族の絆が試される時期ともいえます。引っ込み思案にならないで、どんどん周囲を育児に巻き込み、友達をたくさん作って、上手にストレスをコントロールしながら、明るい子育てをしましょう。
    出典 :マタニティブルー