ダイエットに関係すると考えられている!ビタミンB1☆

アンチエイジングや美肌の美容効果なども
期待されていますが!ダイエットも期待されているのです☆

view199

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミンB1

  • ビタミンB1とは、水溶性ビタミンに分類される栄養素である。1910年、鈴木梅太郎博士が米ぬかから見つけたとされるビタミンで、糖質の分解に関わっている。チアミンなどの別名で呼ばれることもある。
    1日における成人のビタミンB1推奨量は、18~29歳の成人男性で1.4mg、成人女性で1.2mgとなっている。
    出典 :【ビタミンB1】 働きや含まれる食品/欠乏すると? | ダイエットSlism
  • どんな働きがあるのですか?

     

    ビタミンB1は、糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします!
    また糖質を栄養源として使っている脳神経系の正常な働きにも関係しています

  • 欠乏

  • ビタミンB1が不足すると、イライラなどの症状や、集中力の低下が起こります。ビタミンB1が慢性的に不足して、脳の中枢神経に障害が起こった場合には、ウェルニッケ脳症になります。ウェルニッケ脳症とは、眼球の運動麻痺、意識障害などが特徴で、進行すると昏睡に陥ります。
    出典 :ビタミンB1 | 成分情報 | わかさの秘密
     

    アルコールも関係があるかもしれませんね!

  • また、ビタミンB1が慢性的に不足し、末梢神経に障害が起こった場合には、脚気という多発神経炎になります。初期では食欲不振や疲労感、進行すると手足のしびれ、むくみ、動悸などの症状が見られます。重症になると、心不全を起こして死に至ることもあります。
    出典 :ビタミンB1 | 成分情報 | わかさの秘密
  • どれくらい

  • ビタミンB1は、不足すると糖質がうまくエネルギーにならないため、食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状になり、さらに不足すると脚気になってしまいます。最近インスタント食品の利用増加にともなって、ビタミンB1不足による脚気が報告されています。
    出典 :ビタミンB1 | グリコ 栄養成分百科
  • 豚肉をはじめ、ビタミンB1の多い食品を積極的にとるようこころがけましょう。一方、通常の食生活においてとり過ぎによる過剰症の心配はほとんどありません。ただし、サプリメントなどからの大量摂取によって頭痛、いらだちなどや、かゆみなどの皮ふ症状が報告されています。
    出典 :ビタミンB1 | グリコ 栄養成分百科
  • 考えられる働き

  • 体内に摂取されたビタミンB1は小腸で吸収され、酵素の働きを促進する低分子化合物の補酵素となる。体内で補酵素の役割を終えた後は、尿や便とともに体外に排泄されるようになっている。そのため、体内に蓄えておくことはできず、食べ物から摂取する必要がある。
    出典 :【ビタミンB1】 働きや含まれる食品/欠乏すると? | ダイエットSlism
  • また、疲労回復に作用するビタミンとしても知られており、蓄積した疲労物質の除去に働く。神経系機能を正常にしたり、糖質をエネルギーに分解する働きをサポートしており、エネルギーの代謝をスムーズにすることでダイエットにも効果を示すのではないか、と考えられている。
    出典 :【ビタミンB1】 働きや含まれる食品/欠乏すると? | ダイエットSlism
  • おすすめ食品と人

  • ビタミンB1はこんな食品に含まれています!

     

    穀類 玄米、胚芽精米、小麦胚芽、オートミールなど未精製のもの
    肉類 豚肉、レバー
    魚介類 かつお、うなぎのかばやき
    野菜類 にんにく
    その他 卵、大豆、ピーナッツ、米ぬか、酵母 (ビール酵母)
    などです!

  • ○体のだるさを感じる方○疲労を回復したい方○お酒をよく飲む方○喫煙する方○スポーツをする方
    出典 :ビタミンB1 | 成分情報 | わかさの秘密