髄膜炎の診断・検査。

検査と診断。血液検査。画像診断(CTまたはMRI)。腰椎穿刺。

  • S 更新日:2014/05/10

view290

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 検査は、診断をするために必要です。

  • 腰椎穿刺をして採取した髄液を検査します。ウイルス性髄膜炎では髄液の外観は透明で、細胞数はリンパ球が増加、髄液中の糖や蛋白は正常です。化膿性髄膜炎では髄液の外観が濁り、細胞数は顆粒球の増加、糖の低下、髄液中の沈渣中に細菌が発見されるなどの特徴があります。
    出典 :髄膜炎
     

    髄膜炎の診断について。

  • 血液検査。

  • 髄膜炎が疑われる場合、血液培養と同時に血液検査を実施し、C反応性蛋白、全血球計算等を炎症マーカーとして利用する。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    血液検査について。

  • 血液検査。

  • 髄膜炎の診断は、どんなことをするのか?

  • 髄膜炎では、髄液検査による細胞数増加の確認が診断上重要です。髄液の外観、細胞の種類、蛋白、糖値、病原検査によって各種髄膜炎の診断の手がかりが得られ、糖値が低下している場合、細菌性、結核性、真菌性髄膜炎を見分ける必要があります。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    検査と診断について。以下に続きます。

  • 脳炎においては、発熱、頭痛、意識障害、けいれん発作などは必ず起こる症状ですが、意識障害などのため、同居している方から病気の起こり方などを聞き出すことが大切です。赤沈の亢進、C反応性蛋白上昇などの一般炎症所見、髄液所見で細胞数増加がみられ、CT、MRI、脳波などを調べます。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    検査と診断、脳炎について。

  • ヘルペス脳炎は側頭葉(そくとうよう)・辺縁系(へんえんけい)に60〜70%の頻度でみられ、日本脳炎は視床(ししょう)、基底核、黒質によく発症します。脳波では、ヘルペス脳炎において周期性一側てんかん放電がしばしばみられます。病原の診断では、グラム染色、一般細菌、血液培養、酸菌染色、墨汁染色を行う必要があります。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    検査と診断について。

  • 各種ウイルスに対する髄液からのPCR法(ポリメラーゼ連鎖反応→コラム)を含む病原検索、血清、髄液の酵素抗体、補体(ほたい)結合抗体、血球凝集抑制抗体などの抗体価検査がポイントになります。PCR法によるウイルスゲノム(遺伝子)の検出は、発症10日以内の急性期で陽性率が高く、この方法は細菌に対しても普及しています。
    出典 :髄膜炎・脳炎とは - goo ヘルスケア
     

    髄腔内の局所抗体産生を診る時に、血清・髄液抗体価比(正常100以上)などを参考にするようです。

  • 画像診断(CT・MRI)。

  • 髄膜炎の診断と除外に最も重要とされるのは、腰椎穿刺(LP、spinal tap)による脳脊髄液の分析である。ただし、脳内に占拠性病変(脳腫瘍や膿瘍など)があるか頭蓋内圧(ICP)が高値を示す場合、脳ヘルニアの恐れがあるため腰椎穿刺は禁忌である。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    画像診断について。以下に続きます。

  • 患者に占拠性病変かICP亢進のリスクがある場合 (最近頭部に怪我をした、免疫系に問題がある、神経系の徴候がみられる、ICP亢進のエビデンスがある等)、腰椎穿刺の前にCTまたはMRI撮影が推奨される。これは成人患者の45%に該当する。
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    画像診断について。上記の続きです。

  • 画像診断。

     

    よくTV等のメディアで見かける「MRI」の事です。

  • 腰椎穿刺で、髄液の外観を診る。

  • 腰椎穿刺では患者を横向きに寝かせ、局所麻酔後、脳脊髄液(CSF)を採取するため針を硬膜嚢(脊髄を包む嚢)に挿入する。針を差し込んだらまずマノメータを用いてCSF初圧を測定する。初圧は通常6~18 cm water (cmH2O)で、細菌性髄膜炎ではこれより高値を示すことが多いクリプトコッカス髄膜炎では頭蓋内圧が著明に亢進する
    出典 :髄膜炎 - Wikipedia
     

    腰椎穿刺について。