【薄メイクで美人】ポイントは目元・チーク・唇のメイク法にあり!

最近のメイクのトレンドは「薄メイク」。バッチリ盛るメイクはいまや過去のもの。ナチュラルでいて綺麗に見えるメイクは男女ともに好感度が高いようです。今回は、「薄メイクでありながらも美人」に見えるメイク方法のポイントをご紹介します。

view43

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目元にカーキ色を使う

  • アイホールに明るめのベージュをのせる

     

    軽く広くのせましょう。これで次にカーキを重ねるときになじみます。

  • 目のキワにカーキ色をのせます

     

    まず太めのラインを引くようにのせましょう。
    その後、目のキワから二重幅まで左右に動かしながら、なじませつつぼかしていきます。

  • 下まぶたも上まぶたと同様に塗っていきます。
    ・明るめベージュを下まぶたに塗ります。このとき広めにいれると涙袋がふっくらして見えます。
    ・次に、カーキ色を下まぶたのキワにいれます。下まぶたは細くいれます。ぼかさなくてOK。

  • アイラインは細く

     

    極細アイライナーを使います。まつげの隙間を埋めるようにラインを引いていきましょう。
    目尻は少しはみ出ると◎。

  • チークは血色よく色っぽく

  • チークは2色使います

     

    健康的にみせるオレンジと色っぽくみせるローズピンクを使います。
    それぞれのチークをいれる場所を変えることで、顔の向きによって表情の雰囲気が違って見えるようにする狙いがあるのです。

    オレンジは頬の内側(写真の点線部分)に、すっと軽くのせましょう。
    ローズピンクはオレンジの外側に(点線部分よりこめかみ側)、小さい丸を描くようにくるくるのせましょう。少し重なるようにすると自然に仕上がります。

  • 目の下にハイライトをいれる

     

    ハイライトは太めにいれましょう。これで、顔を立体的にそして輝きのある肌感に仕上げます。

  • 唇はつやつやぷっくりに

  • まずはコーラルレッドリップを塗って

     

    レッドリップはスティックのまま唇に塗ります。ぷっくりに仕上げたいので、上唇はオーバー気味に輪郭をとりましょう。下唇は元々の形にそって塗ります。これは、やりすぎ感を出さないためです。

  • 【ポイント】上唇をはみ出し過ぎてしまった部分は、綿棒できれいにとりましょう。

  • グロスはベージュを

     

    レッドリップの上にベージュグロスを重ねることで、ほんのり赤みが透けているように見せる効果があります。
    グロスは、上唇はリップと同様はみ出して重ねましょう。
    下唇は真ん中にぽんぽんとのせます。口角は薄くのばすくらいにします。

  • 仕上げに、シェーディングでフェイスラインを引き締めても◎。
    薄メイクなので、やりすぎ感はNGです。

    全体的に顔の輪郭を引き締めたい時は、サイドのフェイスラインに1~2トーン暗めのファンデーションまたはパウダーでさっとひと塗りしましょう。ブラシでぼかして仕上げます。

    頬や鼻、あごなど気になる部分がある場合は、そこに暗めのパウダーでシェーディングしていきます。

  • 知っておきたい!薄メイクのちょいテク

  • ブラシを使おう!

  • 普段のベースメイクは何を使って塗っていますか?
    薄付きで自然に仕上げるには、メイクブラシがおすすめです。
    そこでいくつかブラシをご紹介します。

    ●ファンデーションブラシ
    リキッドファンデーションに使います。生え際や塗りにくい部分もムラなく塗ることができますよ。

    ●パウダーブラシ
    パウダーファンデーションやフェイスパウダー、チークなどに使います。

    スポンジや手で塗ると、付けすぎてしまうこともあります。
    薄メイクにはぜひブラシでベースを仕上げてみてくださいね。

  • 指や手でなじませる

     

    化粧下地やファンデーション、パウダーは顔にのせた後、手のひらや指をあててなじませます。
    このひと手間でメイク肌に溶けてなじみ、色ムラがなく均一にキレイに仕上がります。
    コンシーラーは指で軽くとんとんとたたいてなじませましょう。