多胎妊娠とはどのような状態?

多胎妊娠とはどのような事なのか
知っておいて損はないと思いますよ☆

view242

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多胎妊娠

  • 多胎妊娠とは2人以上の胎児が同時に子宮内に存在する状態をいいます。双胎(そうたい)妊娠(ふたご)には一卵性双胎と二卵性双胎とがあります。二卵性双胎は2個の受精卵から発生したもので、2個の胎盤があり、二絨毛膜(じゅうもうまく)二羊膜(ようまく)となります。
    出典 :多胎妊娠 - goo ヘルスケア
     

    時期によるのですね!

  • 周産期死亡率は単胎妊娠の4倍になります。なかでも一絨毛膜性双胎は、二絨毛膜性双胎に比べて周産期死亡率は5倍になります。一絨毛膜性双胎の予後が不良である理由は、主として双胎間に血管吻合(ふんごう)(血管がつながっている)が認められることです。
    出典 :多胎妊娠 - goo ヘルスケア
     

    ここはどうしようもないのでしょうか・・・

  • 原因

  • 多胎妊娠の約9割が双子といわれていますが、ときには3つ子、4つ子、5つ子と、たくさんの胎児を同時に妊娠してしまうこともあります。多胎妊娠にはひとつの卵子が分裂して生まれる「一卵性」と、ふたつの卵子に同時に受精した場合「二卵性」があります。
    出典 :多胎妊娠が起こる原因とは? -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  •  

    何らかの理由で通常、ひとつしか排卵しないはずの卵子は
    複数排出されたことが理由とされる場合や
    複数の精子がひとつの卵子に同時に受精したことが
    原因といわれていますが
    そんなことが起こるのかまでは解明されていないと
    いうのです!!!

  • パパに出来る事も知ろう

  • リラックスさせる出産を控えた奥さんは、不安でいっぱいです。その為、夫の「大丈夫」「ずっとそばにいるよ」という言葉が一番です。出産後は2人で出かけるなど、なかなかできないと思いますので、体調が良ければ食事に行き話を聞くなどして、奥さんをリラックスさせてあげましょう。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 出産の進み方・呼吸法を知っておく立ち合い出産んの場合はもちろん、そうでなくても、本を読んだりして出産に備えましょう。連絡をこまめに取るお産はいつ始まるかわかりません。予定日が近づいてきたら「体調どう?」など、こまめに連絡をとりましょう。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 出産時

  • 陣痛の合間のお喋り陣痛の合間は奥さんをリラックスさせることが大事です。気分転換になるような話題で穏やかな雰囲気を作ってあげましょう。陣痛を和らげるマッサージをする横向けに寝た姿勢で、腰骨を中心にして手のひらで上下左右にさすってあげましょう。腰をさすったり、親指や握りこぶしで圧迫すると、痛みが和らぎます。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 院内を一緒に散歩する陣痛が弱いときに、廊下を歩いたり・階段の昇り降りをすると、赤ちゃんが下がってきて出産がうながされます。旦那さんが傍にいるだけで安心できるという産婦さんは多いでしょう。特別、なにかしてあげる訳ではなく、そばにいて「大丈夫・頑張ろう・ありがとう」だけでも産婦さんは励まされます。
    出典 :多胎妊娠(たたいにんしん)のリスクについて-赤ちゃんの部屋
  • 大切なのは

  • 早産の発生は単胎妊娠の約9倍であり、妊娠中期からの入院安静、予防的な頸管縫縮術(けいかんほうしゅくじゅつ)(子宮頸部を輪状に縫縮する)などさまざまな早産予防のための試みがなされていますが、すべてのケースに対して行うべきであるかについてはむしろ否定的です。
    出典 :多胎妊娠 - goo ヘルスケア
  • 予防は出来るだけする

     

    それがとっても大切なのです
    出来る事は出来るようどんどん知識をつけましょう
    また、多胎妊娠になった場合は
    本当に不安がつきものになってきます
    しっかり理解しておきましょうね